1982038 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

hanatachibana@ Re[1]:美味しいみかんづくりにとっての大敵が、ついにやってきました(12/12) 86netさんへ アドバイスをありがとうござ…
86net@ Re:美味しいみかんづくりにとっての大敵が、ついにやってきました(12/12) 猪対策ですが、近くで電柵を設置している…
hanatachibana@ Re[1]:みかん園での、イノシシ加害について思う(12/04) 86netさんへ みかんは自然のおすそ分けで…
hanatachibana@ Re:またしてもイノシシに柵を突破され、みかんがやられていました(12/07) 猟友会の人はいるんですが、このプロの人…

Favorite Blog

旧東海道を歩く(原… New! jinsan0716さん

柏王地区の花見遠足(… New! ゆうき065さん

直売所で 旬のタケノ… New! la joie de vivreさん

解体終了 New! 豊田年男さん

キンリョウヘン、咲… 86netさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2012年12月24日
XML
カテゴリ:みかん栽培

早川のみかん園で、「青島」みかんの収穫をしました

本日、12月24日(月)、昨日につづいて、
不足したみかんを、知人の協力により、確保しました。
早川の知人のみかん園に、連投で出かけてきました。

これは、収穫したみかんを集めるケーブルカーです。

003

大量の収穫したみかんを、広いみかん園の中で、集結地に集めるための手段です。
この一点でも、みかん業の厚い経験をもつみかん園であることが、わかります。

一口にみかんの栽培といっても、いろいろなポリシーがあります。
昨日の「だんだん園」のみかん栽培は、どちらかといえば、農薬などは使わずに、みかんの木自体の力を引き出す、いわば、自然を生かしたみかんの栽培方法でした。
それに対して、今日のみかん園は、JAのみかん栽培カレンダーに即して、病害虫の防除の散布や施肥をして栽培している農家でした。
それぞれの栽培方法には、それぞれのポリシーが見てとれました。

今回お世話になったみかん園からの景色です。

005

手前はみかん畑ですが、相模湾が綺麗に見渡せます。
正面が三浦半島と房総半島が重なって見えます。
中央あたりには、写真を拡大するとわかりますが、江の島があります。

さらに右の方を見ると、房総半島の先端が見えます。

006

普通は一色となって見えて、三浦半島と房総半島の区別が出来ないのですが、
今日は、大気がすんでいると見えて、肉眼でも二つの半島の識別が出来ました。

みかんの収穫は、午前8時から正午くらいまで、
「青島」みかんを4コンテナ収穫させてもらいました。
これで、自前の分と、昨日の「だんだん園」の分とを合わせて、
今年の、約束した量を何とか確保することが出来ました。

直ちに収穫したみかんを車に積み込んで、東京へ搬送です。

009

手前の4コンテナが自前のみかんです。
運転席の背中の4コンテナが、いま収穫させてもらった「青島」です。

これで何とか、必要量を確保できました。
当園のみかんの収穫量の不足を補う措置をとりました。
従って、今回からのみかんについては、
1、当園のフツウウンシュウミカン、
2、昨日の「だんだん園」作の普通温州の完熟したもの、
3、そして今回の、「青島」みかんと、
三種類からなるものが、提供されることになります。
それぞれ個性がありますから、それぞれ味も楽しめると思います。







Last updated  2012年12月24日 17時57分08秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.