000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

Favorite Blog

朝から 秋ジャガの収… New! la joie de vivreさん

高取城址へ New! hitoshisanさん

サツマイモの保存 豊田年男さん

今年で最後のりんご… 桃_太郎さん

玉葱苗を植える ゆうき065さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2013年05月05日
XML
カテゴリ:畑づくり

みかん園の全景と、赤ジソ畑の草取り

5月4日にみかんの花を見に行ってきました。
真鶴駅から徒歩5分の所にあるみかん園です。

写真: 001

住宅に囲まれてますが、この中央部分にみかん園があります。

左側を東海道本線の鉄道が走っています。
ゴールデンウィークは、東京人が伊豆方面にくりだすため、
135号線の道路は、いつも以上に大渋滞をするので、電車を使いました。

みかん園は緩やかな傾斜地にありますが、
土手には、お茶の木や竹があります。

写真: 003

この竹が、地下茎でみかん園に侵入してくるんですが。
やたらニョキニョキと、時期によって生え出してきます。
食材になるタケノコの竹とは種類が違うんですが、
おなじ竹ですから、鉛筆のように細いにしても、なんとか食材にならないか?
ご存知の方は、ぜひ教えていただけると、助かるのですが。

5月4日は、天気は晴れ。
みかんの木は開花に向かいつつあって、香りが漂っていました。

写真: 008

ミツバチたちが、盛んに飛び回っています。
この写真の中にも、小さい姿が、少なくとも2匹は写っているんですが。

この一生懸命なミツバチの働きぶりを見ては、散布する気にはなりません。
今回は、みかんの手入れはなし。
甘夏と日向夏を収穫するだけにしました。

じゃあ、それ以外は、みかんを眺めているだけかというと、
遠路出かけてきたわけですから、それではもったいない。

そこで、今回の仕事は、シソ畑の草取りをすることにしました。

写真: 004

みかんの木のすき間に、30センチ四方のシソ畑ですが、
それを、あちこちに4か所つくってあります。

シソは、6月の梅の収穫に合わせるつもりで栽培しています。
これを材料につかって、梅干しづくりをする予定なんですが。
はたして、うまく行くかどうか。

シソは、3月30日に種をまいたのですが、
1ヶ月後の4月27日には発芽し出していました。
しかし雑草の方がシソよりも、はるかに成長力が活発なんで、
そのままにしておくと、雑草の間にうもれてしまいます。

それで、草取りをしなければと思っていたのですが。
初めは手でつまんで、大きな草を取り除きます。
次に、ピンセットをつかって小さな草を取りをしました。

写真: 005

写真でアップしてみると、間引きすることも必要だったかもしれません。
さて、うまく育ってくれるか、タイミングもよく育ってくれるとよいのですが。







Last updated  2013年05月06日 07時37分11秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.