000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

Favorite Blog

鎌倉散歩・明月院へ New! hitoshisanさん

ヤマユリが たくさ… New! 蕗のとうさん

干しネギの枯れ葉処… New! la joie de vivreさん

ハスカップ摘みも後… New! hotchi-berryさん

芋苗終了 豊田年男さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2013年05月25日
XML
カテゴリ:みかん栽培

みかん園の草取りと夏肥の施肥を終了しました

5月25日(土)、前回の草取りと施肥の続きですが、
午前7時45分から午前11時半まてかかりましたが、
みかんの成木について、すべてを終了することが出来ました。

作業を開始する前のみかん園です。

写真: 001

つゆ草の花が咲いています。
それもみかん栽培からしたら雑草の一つです。

前回はここまで来ました。今回はその続きから。

写真: 002

左側の木の根周りは、疲れた時の草取りで、荒い作業になっています。
右側の奥の方の木については、まだ手つかずで、今日はここから作業開始です。

この木の「草取り、施肥、中耕」作業を終了した様子です。

写真: 027

刈り取った草ですが、施肥をした後には、
ふたたび、ドーナッツ状に土俵のように、木のまわりに置くようにしています。
草の下でミミズが繁殖して、土壌改良をしてくれるからです。
通気性のある土壌ができて、木が養分を吸収しやすくなるはずです。

この作業を、それぞれの木に繰り返して、
午前11時半までかかりましたが、すべて終了することが出来ました。

写真: 029

この作業している間は、視線は地面の方を見ているだけでしたが、
終了して、みかんの木の枝先を見てみたところ、
そこには幼果がついていました。

写真: 003

もぅ、ヘトヘトでしたが、この幼果を見たらすこし疲れが癒されます。

みかん栽培で、一番の難行苦行は、この草取り作業ですが。
これで、それを終了することが出来ました。
一般的に、この草取りをしておくと、養分が目的のものに集中すると見えて、
みかんの小木にしても、シソやラッキョウにしても、生育が活発になります。

中心となるみかんの成木についても、そうであってくれればよいのですが。







Last updated  2013年05月26日 08時40分59秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.