2439021 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

Favorite Blog

今年もめでたいニュ… New! 豊田年男さん

トウモロコシの植え… New! la joie de vivreさん

旧東海道を歩く(関… New! jinsan0716さん

今季の初分蜂 86netさん

都忘れ アザミ ミ… 蕗のとうさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2020年01月29日
XML
カテゴリ:みかん栽培

​2019年温州みかんの収穫​

小田原・真鶴のみかん園ですが、温州みかんの収穫が終了しました。



今年度、2019年の収穫量が出ました。

         真鶴     小田原・石垣山          計
2019年度    32c                  168c(うち、市民園6c)         200c
2018年度    41c                   116c                                     157c
                (cはコンテナ容器で、20キロが入ります)

収穫量の増減ですが、これは、カミキリムシなどにより木が枯らされたこともありますが、
基本的には、表年と裏年の、隔年結果によるものです。

以前は真鶴園だけでてんてこ舞いをしていたんですが、
この1,2年で扱い量が5倍になっているわけで、ヘトヘトなのも無理はなしです。
今期は、10月以降の収穫に、のべ27組86名の方たちが来てくれたわけで、
収穫にしても、販売にしても、こうした援農の力があってこそ、ゴールに着けたわけです。
まずは、ヤレヤレなんですが。

これからは、みかん園の整備(剪定や周辺の雑木払い)があります。
また、次の柑橘のネーブル、キンカン、レモン、湘南ゴールド、甘夏などが続きます。
みかんの年間サイクルでは、5月の甘夏まで続くんですね。
しかしとにかく、一番中心となっている温州みかんについては、終了まできたわけです。

みかん園は、本来の常緑樹の緑色にもどりました。
この1,2年は、葉の黄緑色がめだち、くたびれていたんですが、
周辺の畑の緑と同様になって、ようやく一息つけるようになったようです。







Last updated  2020年01月29日 11時19分58秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.