3136411 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

X

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

高橋敬@ Re:「あぁ~しんど」、炎天下にみかんの木の草刈り施肥をしてきました(06/11) 施肥のために穴を掘る場合は、細根にダメ…
渡政さん@ Re:ヘーゲル『論理学』15 第二巻本質論 足踏みを越えれるでしょうか(06/13) 今日の「足踏み」は,昨日の「足踏み」と…
hanatachibana@ Re[1]:ヘーゲル『大論理学』10 第二巻「本質論」の個人的目標について(05/23) 渡政さんへ ただヘーゲルの場合は、観念論…
hanatachibana@ Re[1]:ヘーゲル『大論理学』10 第二巻「本質論」の個人的目標について(05/23) 渡政さんへ 推測ですが、原始仏教の中で「…

Favorite Blog

2棟目の片付け New! 豊田年男さん

熱海・ジャカランダ… New! jinsan0716さん

6.17 菜園の現況。 ケンタロー (la joie de vivre)さん

いよいよベリーシー… hotchi-berryさん

素人果樹栽培と特選… 桃_太郎さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2021年04月20日
XML

​哲学48 ヘーゲル『大論理学』7 第一章有と注釈1​

これまで、何度も読もうとしては、途中で放棄してきたヘーゲルの『大論理学』ですが。
どうも読み方の問題が、一つの原因としてあったようです。

有名な大著ですから名前に引かれて読んでみたくはなるんですが、
大河小説の様に、全体がひとつづきのまとまりをもつものといった先入観があったようです。
その筋がどこにあり、いったい何を言っているやら、さっぱりつかめなかったんですね。
弁証法にかんしての金言が、ところどころにチラホラと垣間見えるくらいの見方でした。



しばらくぶりに目を通してみたら、その印象がだいぶ違うんです。


一、読み方の問題について。
前回も紹介しましたが、複線の著作になっているんです。
本論と、それに対する注釈との。

第一篇規定性(質)、第一章有は、P77から116まで、全体で40ページあります。
文節に番号をつけてみると、全部で59節あります。
その中身が本論部分と、それへの様々な注釈とに分けられるんです。

本論は、最初に第一篇質の全体についての概観的で1-4節あります。
次いで、第一章有ですが、
      A有         第5節
      B無         第6節
      C成 1有と無との統一 第7節
         2成の二契機  第8、9、10、11節
         3成の止揚   第12、13、14節
全体で59節あるうち、有の本論については全部で10節分だけなんです。
あとは、5つの注釈からなっているんです。

論理学の本論は、きちっと考慮された論理展開がおこなわれています。
それは「ある」ということから始まりだします。有は「ある」、無規定で抽象的なただ「ある」。しかし無というものがある。無があるから有があるのであって、成は有と無との統一なんだと。

このように本論が「ある」というきわめて抽象的な事柄から、必然的な論理展開を考察し始めるわけですが、内的な必然性という限られた展開だけを語っているわけですが、それをまもるとなると、その限られている分だけ説明というか、解説が必要になる。だからおのずからそれに対する注釈が、あれこれと必要になる。片や本論の論理の必然的展開が、片や注釈というそれに対する解説が展開されている。『大論理学』は、こんな二重の構造になっているわけです。

だから、必ずしも、全部が全部理解できなかったとしても問題なし。本論の所に筋があるということで、極端に言えば注釈は後からくわえたものとして飛ばして読んだとしてもかまわないということです。

全体がひとつながりの起承転結になっているんじゃないんです。それがつかめないから、苦しくなってレーニンの哲学ノートに完全に頼ったりした時もありましたが、レーニンはレーニンの弁証法という課題意識でよんでますから、粗削りな選択をしている面もあるんですね。
これが、私なりに、まだ読み始めたばかりですが、読み方について反省させられている点です。それが妥当しているかどうかは、今後の進展の中で確かめられるはずですが。

二、そもそも『大論理学』は、何が問題なのか。
こんなことは、ヘーゲル先生曰く「全体を読む中で明らかになることで、あらかじめいえるのは理解をうながすためのいくつかの観点を提供できるくらいだ。苦しくても、議論の展開についてきなさい」などと言っているんですが。
今回、エンゲルスもそのヒントを与えてくれています。今回気がついたんですが。
『空想から科学へ』の第2章ですが。こんな一節があります。

「(人類の歴史でも、自然の歴史でも)どちらの場合にも、現代の唯物論は本質的に弁証法的であって、他の諸科学の上に立つような哲学をもはや必要としないのである。・・従来のすべての哲学の中でなお独立に存在しつづけるものは、思考とその法則についての学説-形式論理学と弁証法である。そのほかのものはみな、自然と歴史についての実証科学に解消してしまうのである」(国民文庫 P84)

私などは、長らく、この意味していることを理解しかねていたんですが、
ヘーゲルが『大論理学』の「序論」で「V、論理学と教育学との関係など」で述べていることとも、この点での中身が重なっているんですね。

「思考とその法則についての学説-形式論理学と弁証法」といっているのは、この論理学のことじゃないですか。そこには、ものごとに対処していく上でも、大事な効用があることをヘーゲルは指摘しています。言い方をかえれば「行動の指針」になるということですが。

三、どうしてこんな「論理学」などということを、ヘーゲルは問題にするようになったのか。
第一章の注釈1を読んですると、『哲学史』の課題と重なる点が出てきます。パルメニデスとヘラクレイトスに対する批評(別のところではアリストテレスの論理学に対する批評もでてきます)と、ドイツ哲学とくにカントの哲学に対する批評が、批判が展開されています。そんなところにきっかけがあったのかと想像していますが。

まだ第一章有で、始まったばかりですから、経済学の『資本論』では、第一章商品のところですから、全体のことはまだ分からなくて当たり前なんですね。今はがまんして、グダグダと二重の形で展開していることを、それぞれ追跡していくということです。

今回は、ここまでです。







Last updated  2021年04月20日 13時54分08秒
コメント(4) | コメントを書く
[本棚で見つけたこの一冊] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:哲学48 ヘーゲル『大論理学』7 第一章有と注釈1に関連して(04/20)   渡政 さん
「…哲学の中でなお独立に存在し続けるものは、…形式論理学と弁証法のみである。」という『空想より科学へ』の論述から、はなたちばな3385さんは、エンゲルスとヘーゲルの重なりを指摘してくださいました。私も『空想より科学へ』は読んだことはありますが、さらっと「論理学と弁証法のみが残るんだ。」と通り過ぎていました。改めて、そう読むのか!と教えていただきました。どちらかというと、私にとって、哲学と宗教・世界観・論理学・ものの見方と考え方、これらの意味するところ、これらの意義と限度が今ひとつ明瞭ではない所があります。 (2021年04月23日 21時56分35秒)

Re:哲学48 ヘーゲル『大論理学』7 第一章有と注釈1に関連して(04/20)   はなたちばな3385 さん
人はそれぞれの固有の課題をもって生きてきていますから、問題意識を大切にして、自身で探るしかないんですが。
私なりに推測すると、ヘーゲルの体系、論理学-自然哲学-精神哲学ですが。宗教も精神哲学の一つの領域としてヘーゲルはとらえている。
この論理学というのは思考法則をとらえようとするものであり、それは自然と人間精神との、すなわちものごとすべからくにとって一般的な法則をなしている。それがヘーゲルの『論理学』の対象であり、端的には弁証法ですが。
それは、あくまで一般的なものですから、一般的な推測、見通しくらいのもので、実際には個々の領域、問題においては、そのものの内容に即して個別研究しないと、機械的な、図式的なものになってしまう。
おそらくマルクスは、この関係を初期に、『経済学哲学手稿』『聖家族』などで自主的批判的にとらえた。ヘーゲルの「歴史哲学」などの批判的検討から唯物史観の仮説をたてた。本格的に経済学の研究に入ってからも、その個別研究の中でも、折りにふれて先の一般的な法則性を意識していたし、一般的な指針として考慮していたんじゃないでしょうか。
私などは、先ずはこれまでチンプンカンプンだった、ヘーゲルの『大論理学』に、それがどんなものか、この推測が当たっているかどうか、あらためて調べ直してみようといったところですが。 (2021年04月24日 05時13分28秒)

Re[2]:哲学48 ヘーゲル『大論理学』7 第一章有と注釈1に関連して(04/20)   渡政 さん
はなたちばな3385さんへ
早々のご教示、ありがとうございます。「論理学と弁証法」の「の」は、別個のものではなく、その内実と考えて良いのでしょう。「四苦八苦」が、四苦と八苦で十二苦ではないように。 (2021年04月24日 08時11分49秒)

Re[3]:哲学48 ヘーゲル『大論理学』7 第一章有と注釈1に関連して(04/20)   hanatachibana さん
渡政さんへ
渡政さんへ
私は確かめれてませんが、カントはアリストテレス以降、論理学の進歩はなかったと。ヘーゲルは、私などには謎ですが、「思弁的思考」として弁証法をどの様な経緯があるのかは、まだよくわかりませんが、とにかくそれを取りあげる。その弁証法ですが、カントにしても、フィヒテにしても着目していたというんです。あの観念論のゴタゴタした中でのことですが。それに輪をかけてしつこいヘーゲルは、そのカント以来のドイツ哲学の歴史的環境の中にあって、「思弁的思考」即ち「弁証法」の位置づけというか、意義付けというか、役割というか、その持っている価値を抜本的に引き上げた。その結果が論理学の革新であり、弁証法のもつ役割、意義についての解明だったんじゃないかと、私などは思います。
だけど、この点を理解して、批判的につくりかえ、個別の分野に応用したのは、マルクスくらいなんです。あとの人たちは、みんな分かったような顔をして、その説だと解釈しているものを持ち上げているんですが、実際には真剣な努力を払っていない。もっともらしい見解を引き写しているだけです。これじゃぁ、そのあとの展開は、まねごとの歴史のようなもので、マルクス・エンゲルス・レーニンなどの努力があるにしても、おおくの人たちが努力して来ていることは間違いないんですが、しかしまねごとをもってしては、実際の展開する歴史による試練には、耐えられない事態をきたしてしまう。
そんな心境面をもちつつ、いろいろやらなければならないことがあったとしても、70歳くんだりになったとしても、この点を、ヘーゲルの『論理学』のもっている役割を、自分の頭で、多少となり明確にしなければならないと思っている次第です。だれも振り向こうとしないし、それにとっくに指摘があってしかるべきじゃないかと、だからちょっと遅いとは思うですが。何もないよりはましですから。 (2021年04月25日 17時32分27秒)


© Rakuten Group, Inc.