3832604 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

渡政(わたまさ)@ Re:ヘーゲル『法の哲学』11 マルクスの批判は吟味に値すると思います(06/26) New! 忙しいであろう昨今にも関わらず、順調に…
渡政(わたまさ)@ Re:ヘーゲル『法の哲学』9 第三章国家 c立法権の 第299節(06/12) 予習、受講、復習(まとめ)=レポートup。…

Favorite Blog

水不足確定 New! 豊田年男さん

寒川町の寺社旧蹟を… New! jinsan0716さん

フェイジョアが花盛… ケンタロー (la joie de vivre)さん

軽井沢発地ベリー園… hotchi-berryさん
素人果樹栽培と特選… 桃_太郎さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2022年04月15日
XML
カテゴリ:みかん栽培

​枯れ枝の野焼き​

今回は、雨が降り出す前に野焼きをしてきました。



これまでに剪定で出てた切り枝や、枯れた木を集めておいたんですが。
この間は、苗木の植えつれや草刈り、元肥の施肥を優先してきたんです。



春分の日を過ぎるころから、この時期は、一雨ふるごとに雑草が繁茂してきます。
冬は一面枯れ野だったところが、今では若草の繁茂にかわっています。

生命力に富んだ自然の景色ですが、
ちょっと放置していると、雑草が1メートルを超えてひろがりだします。
みかんの枯れ枝は、放置すると枯れ込みが広がりますから、枯れた枝は払うようにしています。
隣の空き地に山のように積んである枯れ枝が分かるでしょうか。

枯れた野原での野焼は、延焼する危険があるから出来ませんが、
若草の中でのこと、夜には雨が降りだすとの予報を聞けば、
それはもう野焼きして、切り枝を後片付けする良い機会です。



山積みされていた切り枝でしたが、
今回、野焼きして後片付けすることが出来ました。

雨の降りだす前には、
もう一つ、みかんの木の根回りの草刈りをして、元肥を撒いておきました。

晴れていれば、甘夏の収穫が始まりだすみかん園のこの時期ですが、
雨が降り出す前には、
この野焼きをしておくことも、みかん畑の後片付けとして、大事な仕事になっています。







Last updated  2022年04月15日 21時37分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[みかん栽培] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.