2021年03月09日

哲学42 ヘーゲル『大論理学』に挑戦してみます

(2)

​哲学42 ヘーゲル『大論理学』ノート1​

これから、ヘーゲル著『大論理学』に挑戦してみます。

岩波書店から武市健人訳で刊行されています。




二つの序文
序論
第一巻有論  57-230+288   490ページ
第二巻本質論          277ページ
第三巻主観的論理学または概念論 385ページ

全体は、1000ページを超える大著です。
その書名は誰しも知っていると思いますが、それに挑戦したとか、踏破したとか、そうしたの具体的な努力をしめしたものというのは、私などはあまり見かけないんです。
手元には、レーニンの『哲学ノート』と、鰺坂真氏の著書があります。

これまで、私などは何回か試みたんですが、途中で投げ出してきました。
今日、あらためて、どこまで理解できるか確かめておく必要があると思っています。
はっきり「宣言」しておかないと、日々のごたごたの中で、いつのまにか目標が自然消滅していゆく場合がありますから、「今日から『大論理学』に挑戦するぞ」と表明しておきます。

時は春、これからみかんの苗木の植え付けや、草刈りの仕事が、わんさと待ってはいるんですが。
世の中を転換させていくには、この点での努力が必要だということです。

希望としては、誰か同じように挑戦している人、挑戦した人とと、交流できれば幸いなんですが。
まぁ、「汝自身の道を行け」ということでしょう。






TWITTER

Last updated  2021年03月09日 10時01分46秒
コメント(2) | コメントを書く
[本棚で見つけたこの一冊] カテゴリの最新記事