1571865 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれなるままに―日本一学歴の高い掃除夫だった不具のブログ―

PR

Calendar

Category

Freepage List

全317件 (317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

時事放談

2019.08.06
XML
カテゴリ:時事放談
表現の不自由展の展示内容を​ホームページ​で確認したが、格別問題になるものはないようだ。

「平和の少女像」が慰安婦を連想させるというのはわからないではないけれども、思い込みにすぎないと言ってしまえばそれまでのことだ。むしろ、「少女慰安婦」と題しなかったのはなぜか、と考えた方がいいと思う。

「重重」にしたって、「遠近を抱えて」にしたって、どんな実害があるというのか。
「表現」と「事実」は異なる。「表現」は「フィクション」や「解釈」や「思い」を包含するものだ。
有害というなら、児童ポルノの方がはるかに有害ではないか。

脅迫状を送った人は、詩的な感性も、​ヴォルテールの精神​も持ち合わせていなかったのだろう。
残念である。






Last updated  2019.08.08 00:30:33
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.12
カテゴリ:時事放談
アメリカさえもだ。

イラクやリビアとは違う。
北朝鮮は地域大国である中国やロシアと隣接している。
超大国アメリカとて、彼らと事を荒立てたくはないのが本音だ。

だが、北朝鮮が本当にグアム沖にミサイルを打ち込めば、トランプはこれを第二の真珠湾にするだろう。
平壌は第二の広島になるかもしれぬ。

最悪の場合は…

そうならないために鍵になるのは、中国とロシアだ。
中国にとって、北朝鮮は軍事的緩衝地帯。
かの国家が崩壊して、米韓軍に中国国境付近をウロチョロされるのはごめんだろう。

ロシアにとっても、北朝鮮は大事な蜜貿易相手。
工業地帯を米軍に占領されてしまうのは癪だろう。

彼らが水面下で北朝鮮を説得できれば。

ミサイルも飛ばない、報復攻撃もない、日本もとりあえずは安泰。

まあ戦争が起こるにせよ回避されるにせよ、日本の思惑とは関係ないところで緊迫した情報戦が繰り広げられるのだろうな、ということは想像できるが。

自分の知るすべての人々の平安のために、この平和な日々が保たれますように。
アーメン。






Last updated  2017.08.12 02:32:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.11
カテゴリ:時事放談
北朝鮮の次の出方をうかがっている。

この中旬に金正恩は本当にミサイルをグアムに向けて発射するだろうか。
おそらく。

6:4、7:3、もしかすると8:2でそうなるだろうと思う。
三代目はいつも実行してきたから。

そうなったとき。
アメリカの大統領がトランプ氏というのがまた、まずい。

最悪の場合、第三次世界大戦…あるいは第二次朝鮮戦争。
当然、日本も無傷ではいられまい。

「核ミサイルを迎撃しても熱で無効化されるから放射能の被害はない」
そりゃそうでしょうとも。
被害がある、なんてたとえそれが本当でも言ってしまった日には…
仮に被害はないにしても、動く標的を迎撃できるのか。
シュミレーションゲームじゃないんだから。

どうか72回目の終戦記念日が、終わりの始まりの日となりませんように。わからん






Last updated  2017.08.11 10:01:38
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.26
カテゴリ:時事放談
しかも14歳。
中学生。

あ、いや四段に中学生も何も関係ないけれども。
中学生で四段というのが桁外れ。

本人も「信じられない」と言っているとおり、それが正直な感想なのだろうが。
前人未到の記録をどこまで伸ばすだろう。
いつ、誰に、どんな形で敗れるだろう。

まさか初の敗戦相手がAIということもあるまいが。


史上最年少記録を塗り替えた強さの秘密 藤井聡太四段 14歳プロは羽生を超えるか【文春e-Books】【電子書籍】[ 松本博文 ]



藤井聡太 四段 クリアファイル」【お取寄せ商品】/ 公益社団法人日本将棋連盟公式グッズ


四段 藤井聡太「大志」【取り寄せ】/ 棋士揮毫入り扇子/公益社団法人日本将棋連盟






Last updated  2017.06.26 22:49:30
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.28
カテゴリ:時事放談
は、今回が初めてだそうだ。

オバマ大統領の広島訪問への「返礼」であることは間違いない。
同時に、日本にずっと謝罪を求め続けるアジアの大国への牽制でもある。

南京大虐殺。
あえて言わせていただこう。
あったかどうかも疑わしい事件である。
百歩譲って、仮にあったとしても、30万人規模の死者が出るだろうか。
ヒロシマが20万人である。

数字にこだわるな、という意見もあるだろうが、国際社会において日本的美徳は通用しない。
沈黙は相手の言い分を認めてしまうことでもある。
違うものは違う、と主張し続けなければならない。

謝罪はなくとも和解ができる、ということを示し得たのはいいことだった。
たとえそれが、台頭する中国への日米両国の共通する懸念によるものだったとしても、だ。


【中古】真珠湾とアリゾナ記念館


漫画家たちのマンガ外交 南京大虐殺記念館からはじまった[本/雑誌] / 石川好/著






Last updated  2016.12.28 10:17:55
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.24
カテゴリ:時事放談
南スーダンへの武器禁輸など制裁措置 日本棄権
建前「国連と南スーダン政府との溝が深まる」
本音「自衛隊のPKO活動に飛び火したらどうする」
武器禁輸すればスーダン政府の戦力は低下すると思うんですけど、要は自衛隊への報復が怖いのね。

核兵器禁止条約制定 日本反対
建前「保有国と非保有国の対立が激化する」
本音「アメリカの核の傘に守られてるのに反対できるか」
第一次世界大戦後の講和会議で、人種的差別撤廃提案をした日本人の気概はどこに消えたか。

ヴェリー・(理解に)クルシミマス。






Last updated  2016.12.25 06:09:12
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.27
カテゴリ:時事放談
キューバ国民は喪に服し、マイアミの亡命キューバ人は歓喜に沸く。

当然だろう。
キューバは世界で最も成功した社会主義国だ。
なぜ成功したか。
それは、カストロ氏の人格によるところが大きい。
どこかの社会主義国や共産主義国のように、彼は人民から搾取しなかった。
自分だけ肥え太ろうとはしなかった。
だから国民から慕われた。

カストロ氏は、スペインの植民地だった時代から続いた人種に基づく階級社会を打ち破った。
破られた支配層や金持ちはたまったもんじゃない。
こぞってアメリカに亡命した。
カストロ氏の逝去を喜んでいるのはおもに彼らの家族と子孫だ。
だがキューバでは医療も教育も無料だ、一方アメリカではどちらもビジネスだ。

かつて日本はアメリカに向かって立ち上がった。
原爆を落とされて日本は負けた。
キューバはアメリカとの経済戦争を生き延び、ついに超大国に屈しなかった。
それだけでも尊敬に値する。

先だって歴史的な和解を遂げたが、あれは弟の意向によるものだ。
トランプがオバマの遺産を引き継ぐかどうか予断は許さぬ。
願わくば日本とキューバの友好関係が今後も末永く続かんことを。


カリブ海のドン・キホーテ フィデル・カストロ伝/三浦伸昭【2500円以上送料無料】


カストロは語る [ フィデル・カストロ ]


送料無料/少年フィデル/フィデル・カストロ


フィデル・カストロの「思索」 [ 田中三郎 ]


同志諸君! フィデル・カストロ反グローバリズム演説集


フィデル・カストロ後のキューバ [ ブライアン・ラテル ]


【送料無料】 フィデル・カストロ みずから語る革命家人生 下 / フィデル・カストロ 【本】


フィデル・カストロ 世界の無限の悲惨を背負う人/田中三郎【2500円以上送料無料】


キューバ革命勝利への道 フィデル・カストロ自伝


フィデル・カストロ自伝勝利のための戦略 [ フィデル・カストロ ]


フィデル・カストロ×キューバ革命 [DVD]














Last updated  2016.11.27 18:26:29
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.28
カテゴリ:時事放談
戦後最悪の殺人事件。
容疑者、というより犯人の植松は、
「重複障害者は不幸だ。
不幸な存在をこの世から消したかった」
という趣旨の供述をしているという。

共感はしなかったが、憤りもなかった。
自分だって身障者なのに、ね。

今朝の新聞を見て思った。
ああ、やっぱり、と。
被害者について公表されたのは人数と性別と年齢だけ。

手をつなぐ育成会が何といったって、やっぱり彼らは不幸な存在なんだ。
だから遺族も情報の公開を望まないんだ。

だって、通常だと、それがいいことかどうかは別にして、
被害者の人となりについての「物語」が紡がれる。
それがこの国の報道の常じゃないか。

障害者差別解消法が施行されようがされまいが、
この事件の被害者の顔も夢も希望も人柄も
ろくに語られなかった。
それがこの国の現状を雄弁に物語っているじゃないか。

耳をすませば聞こえてこないか?
植松容疑者の高笑いが。






Last updated  2016.07.28 07:13:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.11
カテゴリ:時事放談
27日だそうです。
歴史的なことです。
「ノーベル平和賞」を受賞した大統領にふさわしい訪問です。

しかし不満もあります。
「核兵器を戦争に使った唯一の国」としての責任を果たすのはいいことですが、
「核兵器の被害を受けた唯一の国」への謝罪はないだと新聞には書いてあります。

おそらく、ケリー長官の広島訪問に先立って、オバマと晋三の間に密約が交わされたのでしょう。
「訪問は前向きに検討する。ただし、米国の立場もある。謝罪を求めないでくれ」と。

本当は謝罪を求めたいところですが、それだと訪問はいつまでたっても実現しないでしょう。
やむを得ないものと考えます。

ただし。
「日本は当時悪の枢軸国の一員で、原爆投下もやむを得なかった」という国際世論の形成だけは、十分に警戒しなければなりません。
ナチスと組んだのは確かに汚点だったかもしれませんが、軍部の独走もあったにせよ、日本にはアジアで戦争を継続せざるを得ない事情がありました。
誤解されるのを承知でいえば、日本はアメリカによって、第二次世界大戦に巻き込まれたのでした。

オバマさんのことですから、まさか原爆投下を正当化するような発言はしないとは思いますが…


★ハロウィンのコスプレ・仮装グッズとしてもオススメ!バラク・オバマ大統領 パーティーマスク


 オバマ YES WE CAN!/ロバータ・エドワーズ/ケン・コール/日当陽子【2500円以上送料無料】


メール便発送可【中古】DVD▼BARACK OBAMA バラク・オバマ【P08Apr16】


【中古】 オバマ外交で沈没する日本 / 日高義樹


【中古】 オバマの仮面を剥ぐ / 浜田和幸


【中古】 オバマと日本 / 鈴木壮治


9784884161903オバマの戦争-アフガン最前線から平和の仮面を剥ぐ (西谷文和の「戦争あかん」シリーズ) [Feb 01、 2010] 文和、 西谷9784884161903【中古】


【送料無料】 秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争 / 菅原出 【単行本】










Last updated  2016.05.13 04:54:55
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.16
カテゴリ:時事放談
時事通信 9月16日(水)17時7分配信

 暴力行為などの低年齢化が鮮明になった文部科学省の問題行動調査。
 各地から寄せられた回答には「小1に何度も蹴られ、教師が通院」「登校中に注意された児童が通行人に暴行」など目を疑うような事例が並んだ。低学年を中心に件数が急増しており、学校現場では対応に模索が続く。

 発生件数が最も多かった大阪。府教委の担当者は「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」と分析する。生徒指導担当の増員など中学で行っている対策が小学校にも必要かもしれないとし、「問題ある子どもに、迅速かつじっくりと対応する人の確保が重要だ」と話した。

 大阪府高槻市教委は「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」として、友人関係の状況や学習意欲などを測る心理テストや、人を傷つけない話し方を学ぶ講座などを指導に活用している。問題行動を繰り返す児童へのサポートチーム設置なども進めており、発生件数は減少傾向にあるという。

---------------------

世も末だなあ、とおじさんは感慨一入です(皮肉)。
記事を読んで、(ああ、大阪か、やっぱり)と思ってしまったのは偏見でしょうか。
一方で大阪にはこんなすてきな小学校もあるのに、ね。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】「みんなの学校」が教えてくれたこと [ 木村泰子 ]






Last updated  2015.09.17 01:34:53
コメント(0) | コメントを書く

全317件 (317件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.