1626455 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれなるままに―日本一学歴の高い掃除夫だった不具のブログ―

PR

Calendar

Category

Freepage List

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

現代日本文学

2019.02.16
XML
カテゴリ:現代日本文学
​​『蒼穹の昴』​及び​『珍妃の井戸』​の続編である。
『蒼穹の昴』の冒頭、老占師にお告げをもらったのは李春雲だった。
物語は、春雲と彼の親友、梁文秀を軸に、歴史上の人物を巧みに織り交ぜて展開した。

『中原の虹』で、同じ占師がお告げをする相手は、張作霖である。
歴史上の人物だ。
物語は、彼とその宿敵、袁世凱を軸に虚実織り交ぜて展開される。

春雲や西太后、光緒帝、トム・バートンやミス・チャンのようなおなじみの顔ぶれも登場するが、どちらかと言えば脇役にすぎない。
脇役の中でも、実在の人物の存在感は圧倒的である。
例えば西太后。
彼女は死してなお影響力を発揮する。
もちろん、小説だからできることである。
例えば光緒帝。
あえてひらがなばかりで表記された彼の電文は読む者の心を打つ。
トム・バートン。
彼の死は、小説を読む者のの心に永くとどめられるだろう。

歴史上の人物も負けていない。
宋教仁。
最後の演説は圧巻であった。
袁世凱に暗殺されたことになっているが、小説家は、通説を拒んだ。
それは正解だったと思う。

浅田次郎は、この小説で、見事、「西太后を美化しすぎる」という批判に応えた。同時に、袁世凱を気弱な俗物として描くことで、本当の巨悪の存在をあぶりだして見せた。

​「わが勲は民の平安」​

本書のキー・ワードである。

清の「始皇帝」も、西太后も、張作霖も、袁世凱も、宋教仁も、思いは同じだったとあえて主張することで、本当に中国を食い物にしたのは誰だったのか、読者に語り掛ける。

残念なのは、現在の台湾の方にこのキー・ワードがふさわしいにもかかわらず、中華人民共和国がバナナを牛耳ろうとしていることだ。

「わが勲は民の平安」​

それが​『1984年』​のような平安なら、まっぴらごめんこうむりたい。


【中古】 中原の虹(1) 講談社文庫/浅田次郎【著】 【中古】afb


【中古】 中原の虹(2) 講談社文庫/浅田次郎【著】 【中古】afb


【中古】 中原の虹(3) 講談社文庫/浅田次郎【著】 【中古】afb


【中古】 中原の虹(4) 講談社文庫/浅田次郎【著】 【中古】afb






Last updated  2019.03.31 14:35:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.09
カテゴリ:現代日本文学
​分類に迷った。
「歴史小説」というカテゴリーを作れば何ということはないのだが、これ以上は作れない。
ドラゴンボールが出てくるから「幻想小説」と強弁できないこともないが苦しい。
ましてや「歴史」にも入れ難い。
「大衆小説」にしようかどうか悩んで、ここに入れることにした。

再読、三読に耐えうる作品だからである。
西太后の描き方には異論もあろうが、発端は乾隆帝の苦悩と決意なのだから、小説の中で彼女を責めても仕方がない。

百聞は一見に如かずなので、詳しいあらすじを書くことは避けるが、この小説で感動的なシーンは雄弁とともにある、而して最も感動的なシーンは無言のうちにある、とだけ言っておこう。なんだか謎かけのようだが、読めばおのずからわかることだ。未来の不具は記憶が薄れて、これを読んでも何のことか思い出せないかもしれないが、やはり、読めばわかるだろう。それでいい。

蛇足ながら、この小説は1996年、香港の中国返還の前年に上梓された。それを鑑みると、李鴻章の描き方はまことに時宜を得たものだった、と言えるだろう。


【中古】 蒼穹の昴(上) /浅田次郎(著者) 【中古】afb


【中古】 蒼穹の昴(下) /浅田次郎(著者) 【中古】afb












Last updated  2018.09.02 00:38:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.07
カテゴリ:現代日本文学
時代小説が苦手な読者にはまず、映画『赤ひげ』をお薦めする。それから映画の原作であるこの本を読むとよろしい。きっと物語の世界に引き込まれるだろう。

全八話の連作短編集は、はじめのうち、映画に忠実だ(という言い方をあえてする)。「狂女の話」「駆け込み訴え」「むじな長屋」。あとの五篇はおおむね原作のオリジナルで、黒澤明は小説のあちこちの台詞やエピソードをつまみ食いして、あの「おとよの物語」を作り上げたのだった。

映画の後半における原作の断片。

・狂女の話のその後。
・女をめぐる赤ひげと保本の会話。
・赤ひげが用心棒をやっつける(ただし、おとよという名前の女は出てくるものの、養生所で引き取ることはない)。
・志村喬の当てこすりに対する「太鼓持ち医者」云々のくだり。
・一家心中の話(ただし、長次は死んでしまう)。
・母親が娘をくいものにする話。
・保本の結婚。
・結末。

こうしてみると、映画は原作から「悲惨な部分」を抽出し、再構成したらしいことが感じられる。「三度目の正直」の恋多き色男のどこかしらユーモラスな話はまるまる削られ、おかげで映画ではお杉さんは独身のままだ。もっとも小説でも森半太夫とお雪さんの関係は微妙だが。

「徒労にかける」で赤ひげに襲い掛かる用心棒を雇ったのは医者だった。彼らは女郎長屋とつるんでいて、女たちの主治医でありながらまともな診療もしない。それを赤ひげが時々訪れて無料で診たりするものだから気に食わなかったのだ。

「鶯ばか」は例の一家心中の話である。もっともタイトルのもとになったのは、近辺に住む、自分にしか見えない鶯の音色を楽しむ男の話で、左卜全あたりが演じたらさぞ哀れにもユーモラスだったろう。「無知と貧困」は『クリスマス・キャロル』だけの話ではない。

「おくめ殺し」は、地上げのため長屋を追い出されそうになった住人が、結託して大家を「追い詰める」話。貧しい人々が長年タダで、つまり家賃も払わずに暮らしていけたその理由は何であったか。

「氷の下の芽」では、わが子をくいものにする母親から逃れるために、年頃の娘がとった行動とその結末が描かれる。結末については言うまでもない。

日本文学に魅力的な男性は少ないが、新出去定は間違いなく十指のうちに入るだろう。


【中古】 赤ひげ診療譚 新潮文庫/山本周五郎(著者) 【中古】afb






Last updated  2017.09.12 03:57:28
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.21
カテゴリ:現代日本文学
昔図書館から借りた本。『こころ』のパロディであるということ以外付け加えることはほとんどない。世界文学に伍する漱石の傑作と比べて、こちらの方は読んでも読まなくても魂を揺さぶられるような深い感銘を受けるとも思えないが、しかし、「先生」が生きたまま「彼岸」に行ってしまったのは衝撃だった。なるほど謎は謎のままに終わるわけだ、とそこのところだけ妙に感心したのをいまだに覚えている。

百聞は一見に如かず。興味を持たれた方は読んでみるべし。お薦めしないけど。


【中古】 彼岸先生 /島田雅彦【著】 【中古】afb






Last updated  2016.12.20 21:46:02
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.20
カテゴリ:現代日本文学
愛に不感症の青年と性に不感症の人妻の悲劇の恋愛。しかし悲劇は性愛に目覚め、従順になった女の側に一方的に訪れる。絶望した女は遺書を残して滝に身投げするのであるが、男の方はただ、エピローグで「丁度俺の立っているこの下のところに小さな滝があったんだ」と述懐するばかりである。

『永すぎた春』『美徳のよろめき』よりもより純文学的であり、劇的であることは認めよう。ただ、どうも作りが人工的である。なるほど精巧ではあるが、仏作って魂入れず、と言えば失礼だろうか。サイデンステッカー氏が三島由紀夫の小説をあまり好きでないと言った理由がわかるような気がする。一応現代日本文学に分類するけれども、筋書きだけを追うなら、小説よりも映画に向いているようだ。


新潮文庫【今だけポイント3倍】【1000円以上送料無料】沈める滝/三島由紀夫






Last updated  2014.06.02 22:09:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.16
カテゴリ:現代日本文学
さて、『イエスの生涯』によれば、弟子たちはイエスの死後、「目覚めた」、と言う言葉はつかっていないが、要するにイエスの真意に思いあたった。そして熱心にイエスの教えを広めた…という。

だが、本書を読むと原始キリスト教が一枚岩でなかったことがわかる。おそらくイエス自身は自分がキリスト教を説いている、などという自覚はなかったろう。彼の直弟子たちもまた、イエスの死後彼をますます敬愛し愛の教えを広めたけれども、それはあくまでもユダヤ教の範囲内であった。安息日ひとつとっても、律法を超えた言動がいかに危険であるか、弟子たちはイエスの死に様をみてよく知っていたのだ。そういう意味で、遠藤氏の言葉を借りるなら、ペテロたちはなお「弱虫」であったといえよう。

だがここに激烈なる革命家がいた。「ローマ人への手紙」を書いたポーロである。彼はイエスの教えは異邦人にも当てはまるのだと考えた。割礼を受けたユダヤ人にむけてのみ愛の教えを説いたとて何になろう。ペテロはひそかにポーロに共感した。しかし教団を運営する立場にある彼はどっちつかずの優柔不断な態度をとらざるをえなかった。

ポーロたちの布教により、イエスの教えはユダヤ人以外の民族にも広まっていき、ユダヤ人のためのメシアではなく、諸民族のキリストであるという思想がじょじょに広まっていった。そうした折も折、時の皇帝ネロの弾圧により、ローマの属州であったイスラエルのユダヤ教徒は壊滅状態に陥ってしまう。

しかし「一粒の種もし落ちずば」であった。蒔いた種は実ったのだ。しかも皮肉なことに、ユダヤ人のためのイエスの教えが滅びてしまったがゆえに、逆にそれ以外の地域で残ったイエスの教え、ポーロたちが異邦人に説いた教えが、「キリスト教」として立ち上がったのだ。まさに「キリストの誕生」の瞬間であった。…

という風に一読して理解したけれど、どこまで正確に理解したのか、心もとない。
百聞は一見にしかず。どうぞ現物に当たってください。


【中古】 キリストの誕生 新潮文庫/遠藤周作【著】 【中古】afb






Last updated  2014.05.08 21:39:04
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.15
カテゴリ:現代日本文学
内容的にはほぼ『私のイエス 日本人のための聖書入門』と同じ。ただ『入門』がくだけた感じで読者に語りかけているのに対し、本書はきりりとしたたたずまいであり、より考証的である。英語、イタリア語、中国語に翻訳され、国際的文学賞ダグ・ハマーショルド賞を受賞した本だけのことはある、と思う。

実を言うとこの本を読むのは初めてではない。以前は『キリストの誕生』とまとめて感想を書いた。そのくせ、内容をすっかり忘れてしまって『私のイエス』に感動したのだから世話はない。やれやれ。


【中古】 イエスの生涯 新潮文庫/遠藤周作(著者) 【中古】afb






Last updated  2014.05.07 20:50:58
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.11
カテゴリ:現代日本文学
これも学校の図書室から。アントワネットによく似たマルグリットとその周辺の出来事はフィクションだけど、王妃という「女の一生」を生きた女性については歴史に沿って描かれた歴史小説である。ことに圧巻はルイ16世一家のパリからの逃亡劇で、これを読むだけでも本書を紐解く価値はある。

遠藤周作といえばカトリックで、この小説にもでてくるが、ちっともバタ臭くないのは勿論舞台がフランスだからであろう。善良だが無能な国王(ややイエスくさい)と、誇り高いが我儘だった王妃の悲劇についてはいまさら語るに及ぶまい。またギロチンにまつわる政治劇についても。むしろ作者があえて大きく歴史離れした修道女のアニエスに、作者自身の分身を見る思いがした。…



 【中古】文庫 王妃 マリー・アントワネット(上)【画】


 【中古】文庫 王妃 マリー・アントワネット(下)【画】






Last updated  2014.05.07 20:55:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.29
カテゴリ:現代日本文学
書店で立ち読み完了。タイトルが長いわりに氏の長編のなかでは比較的短い。最終章で地下鉄サリン事件が出てくるということは、今までSF的に外挿された物語群と異なり、物語世界とこの現実が地続きで連なっているということだ。

構成は起承転結にわかれる。3章までが起、8章までが承、13章までが転、その後が結。アフォリズム(警句)だらけのビルディングス・ロマン(成長小説)。読者の想像に任される余韻ある結末。「悪霊」は「不条理」と言い換えてもいいかもしれない。「理不尽」と言ってもいいかもしれない。単純に「悲劇」ということもできるだろう。悪霊を断ち切り、悲劇の連鎖を食い止めることはできるのか。できるとしたらどうすればいいのか。「絆」は修復可能なのか。

すべての答えは、この小説のなかにある。


12/13(金)10:00~16(月)1:59までエントリー&買いまわりでポイント最大20倍!【中古】単行本(小説・エッセイ) 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年【05P20Dec13】【画】【中古】afb







Last updated  2013.12.29 19:44:52
コメント(0) | コメントを書く
2013.12.16
カテゴリ:現代日本文学
中編に近い短編を2編収める。どちらも暗い話。題材的には芥川賞的だが、文体がやや生硬である。表題作のヒロインは、ハンサムだが甲斐性のないタカリの夫から日本に逃げてきた中年女性。無口な日本人男性と結婚するが結婚生活は幸福とは言えない。義兄の視線に怯え、姑と心通わせる日々。生きがいは日中お見合いコンサルティングだが、お客さんの一人に恋してしまい…

「老処女」。
五の倍数の歳には幸運が訪れるというジンクスを持つヒロインも45歳。山岸凉子の『天人唐草』を思い起こさせるやるせないお話。日本文学というより、現代日本語で書かれた中国文学という印象を持った。


【送料無料】ワンちゃん [ 楊逸 ]


【中古】afb 天人唐草 自選作品集(文庫版)-山岸凉子-【メール便可 送料100円】











Last updated  2014.02.08 23:28:22
コメント(0) | コメントを書く

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.