1603738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つれづれなるままに―日本一学歴の高い掃除夫だった不具のブログ―

PR

Calendar

Category

Freepage List

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

スポーツ

2017.06.24
XML
カテゴリ:スポーツ
今朝の新聞。
一面で小林さんの逝去が載っていた。
社会面でも取り上げられていた。

記事の扱いは小林さんより少し小さかったが、
サニブラウン・ハキーム選手が日本代表?
のニュースもスポーツ面と社会面に載っていた。

小林さんのことは、関係者やファンの方には申し訳ないけれども、Xデイが来ることはほぼわかっていたので特段の感想はない。
それよりも、どう見ても外国人名前の選手が日本代表の候補になることの方に興味がわいた。

国籍を変えたのだろうか。
アジア人っぱい顔立ちもしているから、黒人とのハーフだろうか。
それにしても、姓はともかく、名前が日本人的でないのはなぜだろう。

こういう時、ネットはありがたい。
早速調べてみたら、父親がガーナ人、母親が日本人、とあった。
ガーナと言えば野口英世。

【珍番号・ゾロ目】野口英世1000円茶1桁 Y222222X番 未使用
日本とも縁の深い国である。

更に読み進めると、父親は元サッカー選手、母親は高校総体での陸上選手、とあった。
サラブレットである。
ワオ! 

…ということは、国籍を変えたんじゃなくて、もともと日本国籍を持っていたんだ。
母親が日本人だから。
で、命名については「日本人の名前」に拘らなかったということか。
夫婦の間でどのような会話があったかわからないけれども、こういう考え方もありなのだな、と思った。






Last updated  2017.06.24 08:52:49
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.08
カテゴリ:スポーツ
石井一久氏の本ではないのでお間違えのないように。
今年出たばかりの本です。
買ったんじゃありません。
図書館で閲覧したのです。

個人的には、借りるまでもありませんでした。

内容的には、
・野茂とイチローが切り開いた日本人メジャーリーガーの小史と現在
・ビジネスとしてのアメリカン・ベースボール
・中高年に元気を与える大リーグ・スーパースター列伝
・文化としての野球とベースボール
・薬物の問題

こんなもんでしょうか。
まあ、細かい事実関係を覚えようとするのでない限り、斜め読みで十分な本です。


【送料無料】 メジャーの流儀 イチローのヒット1本が615万円もする理由 / 古内義明 【単行本】







Last updated  2016.07.10 16:49:28
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.02
カテゴリ:スポーツ
県内の障害者スポーツ大会が今日、行われた。
健常者の大会は沿道からも聞こえるほどうるさいのに、静かなものだ。
それが悪いというのではない。自閉気味の人もいるのだし、粛々と行われる方がいいのかもしれない。

けれど、一抹の寂しさを感じたのはなぜだろう。
あの空間では、自分がマイノリティだと意識する必要がなかった。
ただ、やはりがらんとした観客席は、やはりさびしい。

差別だというのではない。
誰だって、二軍より一軍の野球を好むだろう。
どこかのバンドより武道館の方に詰めかけるだろう。
それと同じだ。

うれしいこともある。
前任校の教え子や、昔の知り合いに会えることだ。
元気な顔を見れるのはうれしい。

また来年、会いましょうね。
お元気で。






Last updated  2013.11.03 22:17:03
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.15
カテゴリ:スポーツ
◇セ・リーグ ヤクルト―阪神(2013年9月15日 神宮)

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が15日、神宮球場での阪神20回戦に「4番・左翼」で出場、初回の第1打席に榎田大樹投手から左中間へシーズン最多、プロ野球新記録となる56号2点本塁打を放った。バレンティンはさらに3回の2打席目に左翼ポール際に57号ソロ本塁打を放った。

 これでバレンティンは元巨人の李スンヨプが03年の韓国時代に記録した56本を抜き、アジア記録も樹立した。

 球場の興奮が冷めやらぬ3回、1死から打席に入ったバレンティンは同じく榎田からスタンドギリギリに飛び込む57号を放った。5回の第3打席は空振り三振に終わった。

 日本新記録の一発は初回、1死二塁で打席に入り、カウント2ボール1ストライクから真ん中やや外角寄りのストレートを豪快なスイングで引っ張り、打った瞬間それと分かる打球が左中間スタンドの中段に突き刺さった。

 バレンティンは11日に64年王(巨人)、01年ローズ(近鉄)、02年カブレラ(西武)の持つシーズン55本塁打に並んでいた。

 バレンティンはここ3試合で10打数2安打と本塁打は出ず、新記録はお預けになっていた。この日、第1打席で64年王以来、49年ぶりのシーズン最多本塁打記録更新の快挙を達成した。



おめでたいことです。海の向こうのイチローの活躍で、日本人も心にゆとりができたのでしょう。ちょっと前なら敬遠敬遠のオンパレードになるところでした。どうせアジア記録を抜いたのなら、世界記録も塗り替えてほしい、と思うのは自分だけでしょうか。


OL バレンティン [ST] [OL10 088]






Last updated  2013.09.15 19:56:00
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.07
カテゴリ:スポーツ
雨の中、鷲と鷹の試合を観に行きました。
約一年ぶりです。

今更結果を書くのもなんですが、序盤期待しただけにがっかりしました。
収穫は、知的障害者や身体障害者、車いすの人たちがけっこう観戦に来ていて、ああ、障碍者の社会参加も進んできてるんだな、と嬉しく思ったことと、悔しい思いをぶつけた短歌が三首できたことぐらいでしょうか。

せめてもの慰めは、観に行ったのが今日でなかったことです。今日だったら、立ち直れませんでした。


オーナーズリーグ 2012 04 12弾 ST 長谷川 勇也 【福岡ソフトバンクホークス】 未登録品 スター 12






Last updated  2013.07.07 23:13:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.19
カテゴリ:スポーツ
今日は全国障害者スポーツ大会県代表選手選考会の日なのですが、雨が降っているので棄権することにしました。風邪でも引いて生徒にうつしたら大変だからです。
残念。






Last updated  2013.05.19 07:17:03
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.09
カテゴリ:スポーツ
今日の地元紙に、さくらマラソン完走者(10キロ含む)の全氏名と全記録が載っていました。
当然自分の名前もありましたが、写真にまでうつっていたのはびっくりしました。
なんだかいっぱしのアスリートにでもなったような気分です。

でも恥ずかしいのは本人だけで、たいていの人はそんなとこ見てないんでしょうけれどもね。






Last updated  2013.04.10 21:27:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.07
カテゴリ:スポーツ
10キロの部に出場しました。
タイムはほぼ昨年と同じ、1時間34秒。あんまり落ちなくてよかったです。

この大会、今年からフルマラソンが始まり、参加者が県外のみならず国外からもやってきて、一定の経済効果はあったろうなと思います(県のメンツを賭けたこのプロジェクト、1年で完成させたのはさすが実直な県民気質。タダでいただいた丸ぼうろもアイスクリームも焼きもちもおいしかったです。ミス・インターナショナルの吉松育美さんの声が聞けたのも幸いでした)


伝統の味佐賀銘菓!シュガーロード全国菓子大博覧会★最高賞☆【名誉大賞】受賞村岡屋 佐賀郷土銘菓丸ぼうろ(20個入)【佐賀県産】

その一方で、今まであったハーフ、5キロの部などがなくなりました。10キロの部もフルに合わせてコースが変わり、今回、はなはだ情緒のないロードを走らされることになりました。

せめて若くてきれいなお姉ちゃんのお尻をみながら…というのは虎の狸の皮算用。女子ランナーの早いこと早いこと。抜かれた後は、二度と追いつけませんでした。

全体の参加者が1万人を超え、多くの県外からの参加者が地元にお金を落としていってくれる(と期待される)のはありがたいことです。ただ今まで5キロを走っていた市民ランナーのみなさんにとっては、ウォーキングに参加するか10キロに出るか、厳しい選択になりました。小中高の学生ランナーも、今年は特に少なかったように思います。

お金やメンツも大事かもしれないけれど、小規模でもいろんな人が――不具のような身障者でも――気軽に参加できる大会であってほしいと思うのは、かなわぬ願いなのでしょうか、県知事様。







Last updated  2013.04.07 17:10:06
コメント(1) | コメントを書く
2012.08.13
カテゴリ:スポーツ
スポニチアネックス 8月13日(月)13時6分配信

 ◇第94回全国高校野球選手権大会第6日2回戦 済々黌3-1鳴門(2012年8月13日 甲子園)

 済々黌は7回に珍しいプレーで貴重な3点目を挙げた。

 1死一、三塁で打者は遊直に倒れ、遊撃手は一塁に投げて併殺となった。しかし、飛び出していた三塁走者は3アウト成立前に本塁を踏んでいたため、生還が認められた。

 西貝球審は「一塁に転送されてのアウトよりもホームインが早かった。鳴門からのアピールがなかったため、得点を認めた」と説明した。

------------------

古くは『ドカベン』、最近では『ラストイニング』で取り上げられたルールブックの盲点です。ただどちらの場合も予選の話で、甲子園が舞台ではありません。

正直言うと、高校生の時はなぜあれで点が入るのか理解できませんでした。
今でも内心半信半疑です。
まあ、「野球は点取りゲームでなく、点を取られないためのゲームである」と考えればわからなくもありませんが、それにしてもヒッカケ問題的であまり好きな規定ではありません。

ただ、現実にこういうこともあるんだ、ということの驚きをもって、ここに記録しておきたいと思います。







Last updated  2012.08.13 20:43:38
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.10
カテゴリ:スポーツ
夕刊フジ 7月10日(火)16時56分配信
 前半戦を終えた米大リーグ。現地のファンを最も驚かせたのは誰か? ワシントン・ポスト紙が前半戦を総括した中で、独自に選ぶ「ナ・リーグ サイ・ヤング賞投手」候補に推しているのが、平均65マイル(104キロ)のナックルボールを操るメッツのR・A・ディッキー投手(37)だ。

 今季ハーラートップタイの12勝1敗(防御率2・40、奪三振123)で球宴初出場を決めたディッキーは、昨季までメジャー9年で41勝50敗、防御率4・34。波瀾万丈の連続だった。

 テキサス大出身で1996年にレンジャーズに1位指名されたが、健康診断で右ひじの靱帯がないことが判明。81万ドル(当時8100万円)の契約金は、7万5000ドル(750万円)に引き下げられたのが、ケチのつき始め。2001年にメジャーデビューしたが芽が出ず、長くマイナー暮らし。妻とも離別し、自殺を考えたこともあったという。

 「何とか生き残りを」と覚えたのが魔球ナックルだった。当初はうまく投げられず、06年に3度先発したが6本塁打を浴びてマイナーへ。それでも次第に精度を高め、10年にメッツにマイナー契約で拾われて11勝9敗、11年は8勝13敗を挙げた。今季ここまでブレークするとは本人も予想していなかった。

 「自分でもどこに行くのかわからないのがナックル。皆、ボクの成功は魔法を使ったせいだというけれど、そうじゃない。必死で練習したという以外、理由はない」

 毎回「禅の気持ち」でマウンドに立つというディッキー。これまで最も賞に縁遠かった男が、後半もこのままの勢いを続けるようなら本物のサイ・ヤング賞も夢ではなくなる。

---------------

本当はイチローのことを話題にしたいのですが、今季かつてないほど不振なので。
これはやはり…とも思いますが、口にするのはやめましょう。

変わり種の投手としては、隻腕のアボットが有名ですが、大リーグにはこんな選手もいたんですね。






Last updated  2012.07.10 22:27:37
コメント(0) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.