1890875 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん

Comments

Freepage List

Headline News

2016/09/09
XML
カテゴリ:会社のこと

昨日の話になりますが、「楽天大学」の取材班が本社工場にやってきました。
テーマは「梱包」。
「楽天大学」というのは、ネットショップの運営についてのノウハウを提供している部門で、今回の取材内容も、RMSという、楽天市場に出店している人だけが見れる「情報」になります。

そもそも、なぜWOODPROに「梱包」をテーマとする取材が入ったかというと、担当スタッフいわく
「大型商材で、ここまでお客様の評価の高いお店はほとんどなく、レビューの内容を精査した結果、かなり特殊な梱包形態なのではないかと思われるので、ほかのネットショップの参考になるでしょう」。

要は、うちにとってはライバルであるかもしれないネットショップのための情報提供であって、外部に宣伝してくれるものでもないので、宣伝効果はゼロです。
ただ、2000年に楽天市場に出店し、なんとか順調にネットショップを運営してこれたのも「楽天市場」があればこそ、ということで取材をお受けすることにしました。

実は、WOODPROでは、箱状の段ボールはほとんど使用していません。
では何を使用しているかというと「板段ボール」と言われる、まっ平らな段ボール。
これを梱包する商品の大きさにカットして、折り目をつけて梱包していきます。

なぜそういう「手間のかかる」梱包方式を取っているかというと、WOODPROが「多品種少量生産」「受注生産品主体」「中大型商品主体」であるからです。
提携の箱型段ボールを持つこと自体が不可能であり、サイズが「配送費」の増加に直結するため、無駄に大きい梱包はしたくないし、口数もできる限り減らしたい・・・・。
大型のプランターの中に、小型のプランター入れたり、塗料を入れたり、金具を入れたりしてお送りするのは「普通」のことです。
この梱包スタイル自体は、2000年のネットショップ開店当初から変わりません。

「無駄なく、ぴったりなエコ梱包」と評価される一方で、「梱包が簡単すぎるとか」「バンドが食い込んでいた」とかという苦情が入ることもありますが、そのあたりも改善しつつ、たくさんのお客様にご理解いただけて、評価もいただいているということは、とてもうれしいことですね。

WOODPRO楽天市場店のショップレビューはこちら。
WOODPRO ショップレビュー
手前味噌で恐縮ですが、お店の評価も、商品の評価も、梱包の評価も、他店を圧倒する高さです。

ただ、その秘密は「お客様」にある、と思っています。
WOODPROの商材は、中国や東南アジアで生産されたものと比べると決して安くありません。
そのため、「安ければいい」ということではなくて、何かしら別のこだわりをお持ちのお客様が多いということになります。
結果的に、生活についての意識の高いお客様が主体となってきますので、レビューの方もそれなりに理解ある内容になっているのであろう、と推察しております。

これからも」こだわりの商材」を「こだわりの梱包」で配達させていただきます。
今後とも、よろしくお願いします。

取材スタッフの皆様も、お疲れ様でした。






Last updated  2016/09/09 08:04:57 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.