2080459 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん

Comments

 くり坊 1号@ Re[3]:納期の長期化継続のお詫び(7月21日)(07/16) 西脇 由香さんへ ご連絡ありがとうござい…

Freepage List

Headline News

2018/08/23
XML
本日ご紹介するのは、「引き出し」です。
工場の作業台の上から、失礼いたします。

WOODPRO shop&cafe​経由の注文ですので、使い方の詳細は不明ですが、まさしく、引き出し部分のみのご注文でした。

すでにあるものの上に置いたり、デッドスペースにはめ込んだり、ということで、意外に引き出しの単品需要というのはあるのかもしれないな、と思います。

素材は杉の新材ですね。
ビスには茶色の頭のものを使って、そのまま見せてます。

杉にもいろいろなグレードのものがあるのは事実ですが、銘木と呼ばれるようなものでなければ、決して高級な材でもありませんし、きわめて「庶民的な」木です。
なにしろ、日本中に山に植林され、現在は放置されてしまうくらいです。
もっと杉を使えば、放置された山にも手が入り、山林の荒廃も止められます。
そのためにも、あまり高い値段になっては、庶民的とは言えません。
「無垢」と言えば、とても高そうなイメージですが、杉材は、もっとも手軽に使える「無垢」です。
ウォルナットや、オークなどの家具材に比べれば、確かに柔らかかったり、割れやすかったり、反りやすかったりといった欠点はありますが、中身スカスカや、ビニール張りの家具にはない、優しさがありますね。
なにしろ、時間とともに味わいと愛着が深まります。

ということで、杉をインテリアに使うというのは、まさしく、新しい日本の「カントリースタイル」と言ってもいいでしょう。

今回のご注文では、厚みの制限と、引き出しの内寸の指定があったので、下側に木を張るスペースが確保できず、アイアンのプレートでボックスを補強しています。

仕上げは、インテリアカラーの「ナッツ」。
あえてウレタン仕上げをしていないので、傷がついたり擦り減ったりしたら、もう一度上から再塗装もできます。
また、お好みで、さらにワックスを掛けたり、自分でエイジングしてしまうこともできるのが、ステイン仕上げのいいところ。

商品データ*****************************
◇国産杉 引き出しユニット
W700 H110 D600
仕上げ  インテリアカラー ナッツ
参考価格  12000円(税込 12960円)






Last updated  2018/08/23 12:47:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[◇国産杉 商品製作事例など] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.