1548971 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Calendar

Favorite Blog

【ご案内】 不用と… 蕎麦アレルギーさん

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん

Comments

 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:明治維新という名の洗脳  苫米地英人 を読む(12/15) アメりカの洗脳広告代理店、電通による、…
 うちな~っ子@ Re[2]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) くり坊 1号さんへ 奥様旅行で来たんです…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 青春のヴィジョンさんへ こんにちわ。 う…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) うちな~っ子さんへ 返信、遅くなりました…
 青春のヴィジョン@ Re:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 久しぶりに覗いてみたら、FC会員になられ…

Freepage List

Headline News

2018/11/21
XML
カテゴリ:ちょっとおでかけ

先週の土曜日の話の続きです。
午前中、毛利氏庭園で紅葉を愛で、国宝四季山水図を見た後向かったのは、防府から車で30分程の、山口市にある、瑠璃光寺。
ここには、美しい五重塔があります。

五重塔の周りには少し紅葉があって、秋らしさを演出してました。
檜皮葺の美しい五重塔で、個人的には、この五重塔が一番美しいと思います。
「三大美塔」「三大名塔」と言われるものがあり、瑠璃光寺五重塔は、法隆寺、醍醐寺とともにその三つに数えられることが多いとのこと。
納得ですね。

五重塔の脇には、司馬遼太郎が「街道をゆく」の中に書いた文章が刻まれています。
「長州はいい塔をもっている・・・・」

ボランティアのガイドさんに案内してもらったので、いろいろな興味深い話が聞けました。

瑠璃光寺の五重塔の、この美しい曲線は、檜皮葺であればこそなのだとか。
瓦屋根だと、瓦の重みで、ここまで屋根の先端が反りあがらないそうです。
なるほど。

屋根も美しいけど、その屋根を支える木組みもまた、美しいです。

瑠璃光寺の本堂を過ぎて奥には、毛利家の墓所があります。
江戸時代、毛利氏の本拠は山陰の萩にありましたので、毛利氏代々のお墓は萩にありますが、明治維新後毛利敬親から三代は、この瑠璃光寺にお墓があります。
毛利家の祖先は、大江広元で、平安時代末期までさかのぼりますが、さらにさかのぼると、阿保親王という皇族につながり、その一阿保親王が、皇族として最高位の一品の地位を与えられていたことから、毛利里の一の下に点が三つという家紋が生まれたとのこと。

ということで、毛利氏は皇族の流れをくむということが、明治天皇からも認められて、天皇の命によって建てられた、毛利敬親の功績を顕彰する銅碑。
第二次世界大戦中の、鉄ものの供出の際も、勅命によって建てられたものということで、供出を逃れたそうです。

この建物は「枕流亭」といって、もともとは、山口市内を流れる一の坂川の河畔にあったものを移築したものですが、この建物の中で、薩摩の西郷隆盛や長州の桂小五郎らが、同盟に向けて無継したといわれています。

二階にある丸い窓は、見張りのためだとか。

二階に上がると座敷があり、薩長がここで密議を行ったんですね。

ガイドさんに瑠璃光寺を案内していただいたあと、車で5分のところにある「常栄寺雪舟庭」へ。
紅葉はもう終わりかけていたこともありますが、完全に日が陰って日陰になってました。
大内正弘が、雪舟に依頼して、作らせたものと言われています。
芝生と石とのコラボレーションですが、この庭の良さを完全に理解するには、私の感性と見識が不足していました。

庭の周囲を回る遊歩道から、本堂とお庭。

竹林と紅葉。

雪舟庭を後にして向かったのは、雪舟が国宝「四季山水図」を書いたといわれる庵。
雲谷庵。
ほぼ当時の再現のようですが、一部は、室町時代当時の材料も残されています。

そして日も暮れてくると、瑠璃光寺のライトアップが始まります。
薄暮の時間帯。少し明るさの残る中で、五重塔が照らされてます。

木々越しの五重塔。

そして日が完全に暮れてくると、五重塔の姿もはっきりと池に映ってきますね。
ただ、残念なことに、紅葉のライトアップではないので、秋感はありません・・・。

逆さ五重塔。

そして、山口を後にしました・・・・。
毛利氏と、雪舟を巡る旅、終了~






Last updated  2018/11/21 12:45:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ちょっとおでかけ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.