1577757 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん

Comments

 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:明治維新という名の洗脳  苫米地英人 を読む(12/15) アメりカの洗脳広告代理店、電通による、…
 うちな~っ子@ Re[2]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) くり坊 1号さんへ 奥様旅行で来たんです…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 青春のヴィジョンさんへ こんにちわ。 う…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) うちな~っ子さんへ 返信、遅くなりました…
 青春のヴィジョン@ Re:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 久しぶりに覗いてみたら、FC会員になられ…

Freepage List

Headline News

2018/12/03
XML

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAのキッチン収納です。
これまで、キッチンの収納は、カウンタータイプを含め、何度もご紹介してきましたが、いずれも大型で、通常配送ができず、広島の地元での販売が中心であったこと。
今回ご紹介する商品の特徴は、現地組立商品であること。

先日、スタッフとともに、広島市内のお客様にご協力いただいて、組立の様子を記録してきましたので、簡単にまとめてみます。

まずは、何もない状態。
左のコーナーに冷蔵庫が置かれる予定なので、そのスペースをあけて設置します。
壁面のタイル貼りは、ここ最近増えてきたスタイルですね。
こちらのお宅では、床もおしゃれなタイル貼りでした。

組立前のキャビネットの状態。

引き出しが入った状態では配送が困難であるため、引き出しのない状態でお送りする予定です。
キャビネットは、古材ではなく、杉の新材の無垢材をステイン塗装したものです。
扉が手前につく、アウトセット構造なので、ボックスが見えにくいということと、古材よりも、新材の方が材料の反りも少なく、精度の高いボックスが作れます。

まずは、扉などのないボックスを所定の位置に並べます。
この状態では、◇国産杉の新材のボックスが並んだ状態ですね。
キャビネットの組み合わせを変えれば、使い方やスペースに合わせた設定が可能です。
一般的な家具でも、このボックス部分には無垢材ではなく、中身が空洞なパネルや、繊維版にシートを張ったものを使うケースが多く、すべて無垢材というのは珍しいと思います。

隣り合うボックスは専用のボルトで連結します。
六角レンチを使って締めるだけなので、簡単な作業です。

ボックスを並べた状態がこちら。
記号が書いてありますので、これが天板を置く際の位置の目安になります。

その上、OLD ASHIBAの天板を置きます。

天板とボックスを専用ボルトで連結します。
これも六角レンチで行います。写真は電動ドライバーを使っていますが、手動の六角レンチで簡単にできる作業です。

カウンター部分の上に乗せる天袋をひっくり返し、裏面にアイアンの支えを取り付けます。
これも専用のボルトで行います。

このキッチン収納は幅が1800あるので、この天袋キャビネットをカウンターの上に乗せるのが一番の力仕事でした。
これは、男性二人の方がいいですね。
そして、これも、専用のボルトで、天板に固定します。

天袋キャビネットの下にアイアンの棚受けを取り付けます。
これはオプションのパーツです。

これで、天袋の下に、浅目の棚を取り付けます。
実は、今回の設置で、一番手間がかかったのは、この小さな棚の設置でした。
ビスを打つ位置にドライバーが入りにくいことや、位置決めがしにくい点が原因ですので、もう少し改良が必要ですね。

引き出しは差し込むだけで、簡単にセットできます。

上まで引き出しをセット。
ソフトクローズ機能をもった引き出しです。

開き戸キャビネットの可動棚レールに棚受け金具を取り付けます。
これも、位置を決めて引掛けるだけです。

可動棚を乗せていきます。

可動棚をセットしたら、開き戸を取り付けます。
これも、位置をあわせて、カチャっと音がするまで押せばセットされます。

セット完了。

天袋キャビネットに可動棚を取り付けます。

そして、完成です。
キッチンのキャビネットは、家具屋さんはもちろん、ニトリでも売っていますが、古材ならではの空気感が魅力です。
ここにお気に入りの食器が並び、生活のかなに溶け込んでくるとと思うと、ちょっとワクワクします。

全体に、開いてみたところ。
中に入れるものは、お客様次第。




やっぱり、この味わいのある表情が、OLD ASHIBA(杉足場板古材)の魅力ですね。

機能性と素材の味わいも兼ね備えた、WOODPROのキッチン収納。
現在、WOODPRO shop&cafe では展示販売中ですが、ネット販売もできるよう、規格検討中です。

商品データ************************
サイズ  W1800 H950(カウンター) D460  
※天袋 H400 アイアンサポート H600

引き出しユニット W600 H915  36000円
開き戸ユニット デザインガラス W800 H915  40000円
スライドテーブルユニット(下段 可動棚)  W400  20000円
天板 W1800 D460  21000円
天袋 W1800 H400 D360 透明ガラス 43000円
アイアンサポート H600(2脚君)  19000円
アイアン 棚支え     2000円
棚板   W1800 D150 厚15  3060円

計 184060円(税込 198785円)
※配送費 設置費 別途
※価格は暫定価格ですので、あくまでも参考価格です。






Last updated  2018/12/07 08:48:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
[OLD ASHIBA 製作事例&トピックス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.