1611064 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Calendar

Favorite Blog

PASS THE ASHIBA PRO… 蕎麦アレルギーさん

グランピング会場で … 足場スタッフさん

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん

Comments

 野田和典@ Re:浜田省吾 「100%fan fun fan 2018」に思う(12/05) きっと一緒に見られたでしょう。お二人で…
 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:明治維新という名の洗脳  苫米地英人 を読む(12/15) アメりカの洗脳広告代理店、電通による、…
 うちな~っ子@ Re[2]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) くり坊 1号さんへ 奥様旅行で来たんです…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 青春のヴィジョンさんへ こんにちわ。 う…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) うちな~っ子さんへ 返信、遅くなりました…

Freepage List

Headline News

2019/07/05
XML

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBA(杉足場板古材)のベッドフレームです。
これまで何度かご紹介はしてきましたが、今後、この形を基本形にしようと思ってます。
撮影は、工場の作業台付近ということでロケーションがよくないのですが、ご容赦のほど。
これまでの事例はこちら
 

OLD ASHIBA ベッドフレーム
⇒​
SUGI-ベッドフレーム
⇒​
OLD ASHIBA 収納ボックス付ベッドフレーム



上にスノコ状に組んだ古材を置いてある状態です。
すのこなので、湿気はこもりにくいかと思いますが、マットとすのこが同じサイズだと、隠れてしまう部分でもあります。
あえて、ベッドを広めにして、マットからすのこがはみ出すようにして、インテリア効果を狙う、という方法もあります。

ベッドフレームというのは、基本的に大部分マットで隠れてしまいますので、見える部分というのは、マットの下側や、ヘッド部分が中心。
ということで、すのこの下はこんな感じ。
よくあるベッドフレームと比べると凹凸があって、ちょっとだけ主張してます。

昨今の配送事情の問題もあって、長い材料の配送はいろいろ制約も多いため、途中でジョイントしてます。
組み立ては現地になりますが、基本的にボルトを締めるだけの作業ですね。

ヘッド部分はベッドの印象や機能性を決める部分。
「台」の部分を標準化してしまえば、ヘッドの部分は付属品なので、WOODPRO得意の対応力でいろんな形のご提案ができると思います。
今回は、シンプルに、ボードタイプでした。

これはシングルサイズですが、ダブル、セミダブルも製作できますし、もちろん、塗装品もできます。

商品データ************************************************
OLD ASHIBA(杉足場板古材)ベッドフレーム SUKONO
サイズ L=2000 W1000 H300
仕上げ 無塗装
参考価格  41000円(税込 44280円)
※塗装の場合は、10000円(税込 10800円)アップ
※別途特大配送費  3500円(税込 3780円)






Last updated  2019/07/05 07:49:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
[OLD ASHIBA 製作事例&トピックス] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.