2264540 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

X

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

和室を足場板のフロ… 足場スタッフさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[1]:父のスマホの雪景色(01/15) 吉祥天1093さんへ コメントありがとうござ…

Freepage List

Headline News

2019/12/19
XML

本日ご紹介するのは、アイアンハンガーバーのオーダー品です。
アイアンのハンガーバーは、規格サイズ&長さオーダー商品として販売しております。
⇒​アイアンハンガーバー

そこから、お客様からいろんなご要望をいただいて、いろんなオーダー品を作成してきましたが、今回製作したのがこれ。
もともとは、奥行のもっと広いものが作れないか?というお問合せでした。
ハンガーバーの奥行をそのまま広くすることはもちろん可能なのですが、用途によっては、当然強度不足になります。
そこで、用途を確認したところ、スポーツジムで、バランスボールの置き場として使う、とのことでした。
ボール自体は軽いものの、人が誤って持つこともあるでしょうし、やはり、ある程度の強度が必要ということで、この形になりました。

奥行が広いので、斜めに途中から支えを入れています。
こういう支えは、大きな屋根の支えなどでも見ることができると思いますが、建築用語では「ほうづえ(方杖)」といいます。
なかなかうまい表現ですよね。
重い頭を前に投げ出して、ひじを机についた手で顔を支えるのが方杖ですが、同じ状態に頭をもっていって、方杖なしで支えるとすれば、首にはものすごい負担がかかります。
この「方杖」というのは、いろんなものに応用ができます。

そして、壁面のプレートも長くしてあります。
「テコの原理」というのは、誰もが学校で習っていると思いますが、支点までの距離と生まれる力には比例関係があるということで、壁面のプレートが短ければ、その分、それを抑えているビスにかかる負担も増大して、ビスが抜けてしまうという恐れがありますね。
支点からの距離が遠いほど、抑えるために必要な「力」も少なくてすみます。
このハンバーバーの先端を押さえたとき、どこが支点となって、どこで押さえているかを考えてみると分かりやすいですね。

商品情報**************************************
アイアン ハンガーバー オーダー品 「バランスボール置き」 ワックス仕上げ
サイズ 500×500×200(ミリ)
参考価格  10000円(税込 11000円)






Last updated  2019/12/19 07:44:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
[◇国産杉 商品製作事例など] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.