1885759 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

復活(予定)の屋外… 蕎麦アレルギーさん

Comments

Freepage List

Headline News

2020/04/16
XML
カテゴリ:DIY

結婚して30年あまり経過してくると、なにかと物も増えてしまい、食器棚では収まりきらず、どうしても天袋の上にも物を置いてしまいますね。
ただ、あまり見た目がよくない。

ということで、まずは、家にあった材料を簡単に組んで、天袋上に乗せる棚を作りました。

これまでの経緯が気になる方は、こちらをどうぞ。
⇒​我が家のキッチン収納を OLD ASHIBA(杉足場板古材)に更新
⇒​OLD ASHIBA キッチン収納のカスタマイズ 1 天袋下の棚

さて、今回は、天袋の上のカスタマイズです。

作った棚を天袋の上に乗せるとこんな感じ。
これで2段に置けます。

あまり使わないものを上に乗せてみると、それだけで結構いっぱいになりました。

そして、天井の桟の位置を確認しながら、天井に細長い木を取り付けます。
これは桐材の塗装品。
天井の桟の位置というのは壁面以上に分かりにくくて、結構失敗して天井に穴をあけてしまいました・・・(泣)

そして、そこに、扉を付けます。
なにしろ、天井にぶら下げるので、厚み15ミリの板を15ミリの厚みの板で連結しただけのもの。

これに蝶番をつけます。

そして、それを天井に取り付けた桟木に固定。

キャッチはプッシュ式にしてみました。
このキャッチをつけると、扉を押せば開くので、取っ手はなくても大丈夫。

扉を上に開いたままでキープさせるために、ステーを付けます。

取り付け位置の調整がなかなか難しいです。

そして、扉を取り付けたところがこちら。
ちょっと見苦しかった天袋の上がしっかり隠れて、キッチン収納との一体感も生まれました。

扉を開くと、かちゃっと止まります。

プッシュ式のキャッチなので、取っ手は不要なのですが、取っ手があるほうがいい、という奥様の要望に応えて、取っ手を付けました。

そして、完成です。
もちろん、ちゃんとした箱状の収納を上につける方法もありますが、どうしてもお金がかかります。
この方法であれば、天井につけた桟木と、扉と、蝶番と、ステーと、キャッチでDIYできますので、
20000円以内でできます。(内部の棚は除く)

全体としてはとても使いやすくなって、奥様は大変喜んでます。






Last updated  2020/04/17 08:06:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
[DIY] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.