000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[1]:彼岸花 2020 廿日市市原 にて(09/30) 初めまして。さんへ 昨日、原方面に行って…

Freepage List

Headline News

2021/04/01
XML

本日ご紹介するのは、◇国産杉 幅はぎ材のシェルフです。
これまで、◇国産杉の板材で一番幅広であったのが230ミリでしたが、「◇国産杉幅はぎ材」を利用することで、奥行の広いシェルフも簡単に作れます。
冒頭の写真は、広島にあるリアルショップ【WOODPRO SHOP】用にサンプルとして製作したものなので、側板と棚板の色がバラバラになっています。
現在、杉幅はぎ材のDIYキットを企画中で、まずは、【WOODPRO SHOP】にて先行販売します。

こういった棚の場合、上面がフラットなタイプが一般的ですが、見本で作ったシェルフは、側板が上に伸びてます。

もちろん、棚板を上に寄せてつければフラットにもなります。
天板を上にのせる形になると、「天板」という部材を作らないといけませんが、側板の間に棚板が入るだけのシェルフの場合、部材は、側板と棚板の2種類ですむので、いろいろと簡略化できます。

また、側板が伸びた形というのは、意外に使いやすくて、落下防止にもなりますし、こんな感じでアイアンと組み合わせると、ぐっとおしゃれにもなりますね。

今回、試験的に、自分で組み立てしながらスマホで動画を撮ってみました。
組み立て時間は20分ほどでしたが、編集して公開しようかなと思ってます。
慣れない作業でもあり、少々お待ちのほど。










Last updated  2021/04/01 08:06:19 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.