2327381 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

X

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[1]:美しき水田 廿日市市吉和にて(05/31) kioh3104さんへ コメント、ありがとうござ…

Freepage List

Headline News

2021/05/06
XML
カテゴリ:ちょっとおでかけ


昨日のブログで、広島フラワーフェスティバルの街角に置かれた、WOODPROのプランターなどについて、ご紹介しましたが、本日は、その際に撮った、平和公園周辺の様子をご紹介します。
冒頭の写真は、原爆ドームと河をはさんだ対岸にある花壇越しの原爆ドームです。

フラワーフェスティバルのシンボルでもある「花の塔」。

原爆資料館は入場人数制限のため、整理券をもらってからでないと入れません。

資料館前から見る原爆ドーム。

「原爆死没者慰霊碑」越しの原爆ドーム。

慰霊碑からさらに原爆ドームの方にあるいていくと、 冒頭の花壇があります。
GWあたりは例年バラが咲き、春先にはチューリップが咲き誇ります。

原爆ドーム側から目を転じると、千羽鶴が平和の象徴となった由来でもある、佐々木禎子さんをモチーフにした「原爆の子の像」。
平和の願いを込めて折られた千羽鶴が飾られています。

原爆ドーム。
外国語を話す団体観光客。
中国語でも、韓国語でもなく、印象としては、東南アジア圏の言葉のような気がしました。
この時期、ツアーではないと思うので、おそらく、ベトナムあたりからきた「研修生」が、GWの休みを利用して、日本の観光地を見学しているのだろうと推察。

原爆ドームも新緑に包まれています。

広島は、太田川の河口の三角州の上にできた町で、街中を幾筋ものの川が流れています。
かつての物流の主役は船。
広島市内には、いくつもの「雁木」と言われる河辺への階段が残っています。

新緑を移す水面すれすれを飛翔するアオサギ。

イサムノグチのデザインした、平和大橋。
以前は、橋の内側の歩道を使っていたので、とても狭かったのですが、今は橋の外に広い歩道が作られました。

ということで、なかなか本格的な旅行も難しい時期ですし、近くを見つめなおすのもいいですね。






Last updated  2021/05/06 03:27:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ちょっとおでかけ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.