2488233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

X

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

 背番号のないエース0829@ レコード用キャビネット 稲垣潤一“ September Kiss ” に、上記…

Freepage List

Headline News

2021/09/27
XML

本日ご紹介するのは、◇国産杉のイージーリフォームフェンスです。
大阪府のI様よりお写真をいただいたのでご紹介します。

既存のネットフェンスに取り付けるフェンスなのですが、現在、
⇒外側 縦板タイプ
⇒内側 横板タイプ
の2種類は、HPにもカイモノカゴを用意して、ラインアップ済です。
一般的なネットフェンスの構造から、この2パターンを標準としているのですが、外側に「横板フェンス」を付けたい、というご要望もあります。

そのご要望にお応えしたのが、本日ご紹介するタイプです。
こういった道に面したお庭というのは、よくあります。
こういった場合、内側につければ、お庭側からの美観はいいのですが、道路から見たときには、ネットフェンスが手前になるので、外からの美観アップにはなりません。

ということで、今回、I様もいろいろ悩まれた結果、「外側」につけることにされました。
結果的には、住宅全体の美観も上がりますし、お庭の目隠しにもなっていますので、正解ですね。
色は、明るいNL(ナチュラル)で、シックな住宅の外観とのコントラストが、かえっていい感じです。
お隣の外壁も上下で大きく色が違いますが、最近は、同系色で無難にまとめる、というよりも、コントラストを楽しむ、という傾向が強くなっているようです。

フェンスの特徴が分かりやすい、コーナー部分の写真です。
既存フェンスの外側につけますので、どうしても、合わせ目では、どちらかのフェンスの側面が見えてきます。
フェンスが、ブロックよりも少し出っ張っているのがわかるでしょうか?
ネットフェンスは外側にふくらみがある場合がほとんどなので、どうしてもフェンスが出っ張ってしまう、という問題があります。
お隣との境の場合は、トラブルになる場合もありますので、要注意。
ブロックの上に乗せるために、下側にも枠をつけてあります。
サイズは、現地の幅にあわせて製作しますので、ほぼぴったりで、完成度は高いです。

価格的には、下側にも枠がついている分、少し割高になりますが、ご検討の選択肢にしていただければ幸いです。






Last updated  2021/09/30 08:52:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
[◇国産杉 商品製作事例など] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.