2907240 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile

くり坊 1号

くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

 くり坊 1号@ Re[1]:尾道灯りまつり その参 西国寺周辺から(10/15) 佐々木義明さんへ コメントありがとうござ…

Freepage List

Headline News

2022/02/03
XML
カテゴリ:徒然なるままに

今日は節分ですね。
ネタも尽きたので、昔の写真を引っ張り出してみました。

「節分」とは、季節の分かれ目ということで、「立春」の前日です。
「立春」というのは、いよいよこれから春だよ!という日なので、その前日の節分は、「大晦日」的な感じで、新しい春が始まる前に、「鬼は外、福は内」なわけです。
「おに」の由来は、目に見えない得体のしれない恐ろしいものことをだとか。
科学の発達していない時代においては、新型コロナも「鬼」だったに違いありません。

さて、写真について。
鬼の仮面をつけた男が、幼児に襲い掛かるという、節分でなければ幼児虐待と思われても仕方ないシーンです。
鬼の面をかぶったのが私で、泣き叫んでいるのは長男、それをぼんやりと見ているのが次男です。
右下に日付が入っていて、「91.2.3」。かれこれ31年前。
いつしか、子供たちも、写真の中の私よりも年を取りました。
節分の季節になると、鬼のお面のついた大豆を売っていますが、このお面もまた、「豆」についていたもの。手前に見える豆を入れる箱とセットでした。
ただ、この鬼の顔が異常に怖く、思った以上に長男がビビッてしまった、という状況。

それでも泣きながら子供たちが豆を鬼に投げつけて、鬼はすごすごと退散する、という段取り。
めでたしめでたし。


明日からは、暦の上では「春」ですね。
まだまだ寒い日が続きますが、オミクロンに負けずに乗り切りましょう!






Last updated  2022/02/03 12:40:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
[徒然なるままに] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.