000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

Freepage List

Headline News

2022/03/04
XML
カテゴリ:DIY

本日ご紹介するのは、壁面に箱状の棚を取り付ける方法です。
たとえば、こんな壁面があります。
部屋の入口付近の壁面というのは、棚を置くと邪魔にもなるので、こんな感じで壁面が開いていることも多いと思います。

ボックス側には、このL字の金具を使います。

これを、ボックス背面の上部にあたる箇所に取り付けます。

こんな感じで、背面ピッタリに合わせてビス固定します。

壁面側に使うのは、以前もご紹介した「かけまくり」です。

部品はこんな感じ。

棚を壁面にあてがって、取り付け位置を決めます。
画鋲などで印をつけておくといいですね。

そして、「かけまくり」を壁面に固定します。

決めた位置に取り付けると、こんな感じ。

そこに、L字の金具を取り付けた棚をひっかけるように載せます。

左右方向には位置の調整ができる、というのも大きなポイントですね。

壁面に棚を取り付けた状態がこちら。

金具の耐荷重は、7キロ×2個で14キロ。
新書や文庫本くらいは満載できます。

壁面に取り付けた棚は、飾り棚としてもとってもおしゃれ。

ちなみに、こちら、事務所の応接室に取り付けてみた棚です。
箱の中には単行本を満載して、上にも置いてます。

梱包場の重量計で重さを計ってみると、

10.7キロでした。
重量感の参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、「かけまくり」とL字の金具は、近日発売予定です。






Last updated  2022/03/04 08:12:42 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.