000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん

Comments

Freepage List

Headline News

2022/04/18
XML

本日は、素敵なお写真からスタートです!
可愛らしくも気品漂う猫ちゃんがあるいているのは、まさしく「足場板」の上、なのですが、実は、

じゃじゃーん、階段室の上でした!

お客様より素敵なお写真をいただきましたので、ご紹介いたします!

ぐるりと階段室内で180度回る階段の場合、こういったスペースができることは多いですね。
今回の事例は、その空間を利用したキャットウォークのご紹介です!
実は、このお話は、「​トータテリフォームセンター」さん​からいただいたもの。
お客様から、古材でキャットウォークを作りたいというご要望があり、WOODPROにてお手伝いさせていただくことになりました。

と言っても、採寸や現地での加工、施工はトータテリフォームセンターさんのお仕事です。
格子状のフレームの穴の部分には、落下防止用のメッシュが入っています。
トータテリフォームセンターさんからのご要望ままを形にしました。
これが、開放感を損なわず、かつ、素敵な空中キャットウォークを実現したポイントですね。
構造としては、まず、35mm厚の格子に組んだフレーム。
これは、WOODPROで組んだもの。
その上に、トータテリフォームセンターさんの方でメッシュを挟んで、上から15mmの板をビスで固定いただきました。
それを、壁面に取り付けた桟木の上にのせて、固定して完成。
サイズもピッタリですね。
やはり、このあたりの仕上がりは、専門業者さんに依頼すると安心です。

それでは、世の中の猫好きの方のために、お客様からいただいたお写真を載せておきます。
優雅に縁をウォーキング。

メッシュ越しに下を覗き込む姿もかわいらしいです。

WOODPROは、ネット販売中心の製造直売の会社ですが、こんな風に、業者様からのご依頼を受けて製作することも多いですね。
やはり、専門の業者さんの施工が入ると、周囲とのバランスや収まりまで考えてもらえる分、後付けのDIYと比べると完成度が高く、安心です。

今回掲載させていただいたお写真は、トータテリフォームセンターのご担当の方を介して、お客様からいただいたものです。
ご協力、ありがとうございます!






Last updated  2022/04/18 06:12:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
[OLD ASHIBA 製作事例&トピックス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.