1484175 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん

Comments

 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:明治維新という名の洗脳  苫米地英人 を読む(12/15) アメりカの洗脳広告代理店、電通による、…
 うちな~っ子@ Re[2]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) くり坊 1号さんへ 奥様旅行で来たんです…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 青春のヴィジョンさんへ こんにちわ。 う…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) うちな~っ子さんへ 返信、遅くなりました…
 青春のヴィジョン@ Re:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 久しぶりに覗いてみたら、FC会員になられ…

Freepage List

Headline News

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

◇国産杉 商品製作事例など

2019/07/11
XML

某空港の展望デッキに、大きなプランターを十数台注文いただきました。
なんでも、朝顔を植えるらしいのですが、そのうち2台に文字を入れてほしいというご要望です。
当初はすべてのプランターにというお話でしたので、ステンシルシートを利用して書くことを想定していました。
実は、それも過去にしたことがないのですが、結局、そのうち2台だけに大きく文字を入れることに。
ちょうどいいステンシルシートを探してみましたが、いいものがなく、「まあ、2台くらいなら、直接書いてみよう」ということに。

とはいえ、社員の中に、レタリングの経験者は皆無。
私自身も、プランターに書いたことはありませんが、学生時代に美術の時間に書いたことがある程度。
当時、比較的得意であったこともあり、受けてしまったのですが、これが結構大変でした。

まずは、プリンターで印字した字をあてがって、大きさを確認。
紙の裏に鉛筆をこすり付けて、表からなぞる、という学生時代のポスター制作の手順を試みましたが、塗装面が濃く、線が非常に見えにくいため、この方法は断念。

結局、ステンシルシートのように紙を切り抜いて、直接鉛筆で文字の下書きを書くことに。

こんな感じで輪郭の下書きを完了。

続いて、ホームセンターで買ってきた「ミント」色の水性ペンキで輪郭を描きます。
ちなみに、「ミント」色は、お客様の指定。
ペンキは、粘度が高いために、絵の具のように滑らかには伸びてくれず、さらに、木目の影響や、塗装面の影響などもあって、思いのほかきれいな線が描けません。
当初の想定では、家から持ってきた竹の物差しの溝を利用して、学生時代のレタリングよろしく、ガラス棒を滑らせてまっすぐな線をつもりでした。
が、ガラス棒がなく、先が丸くなったペンで代用するのはともかく、筆先の滑りが悪すぎて、かえってまっすぐな線が引けそうにないので断念。
結局、フリーハンドです。

塗装場の隅の窓際での作業でしたが、細かな作業で、老眼の始まった私の眼には結構な重労働でした。
ミント色の文字は、お客坂のご指定ですが、MB(ミディアムブラウン)の背景に、よく目立ってきれいですね。

1台目は輪郭を描いて、あとから内側を塗ってみましたが、2台目は1文字ずつ仕上げていくことにしました。
この方が、乾いていない部分に気にせず作業ができるのではないかという配慮です。

最後に、細かな部分の手直しを細い筆で行って、完成。
あまり近くでチェックすると、多少気になる点はありますが、1m以上離れてみる分には、まあまあ問題のない程度の仕上がりに。
某空港の展望デッキで見かけたら、思い出していただければ幸いです。
朝顔と一緒に、お客様をお迎えできたら光栄ですね。






Last updated  2019/07/11 07:51:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/20

本日ご紹介するのは、タイトルにもある通り、「窯」のカバーです。
構造としては、「​花台1段セット 室外機対応タイプ​」の応用になります。

具体的には謎なのですが、お客様が大きな蓋付きの鉢のような形の「窯」をお持ちで、それを日差しや雨から守りつつ、月に一度くらい使えるようなカバーがほしい、というご依頼。
ピザを焼くようなものなのか、オーブンのような役割のものなのかは不明なのですが、バーベキューをみんなでするようなときに使う「窯」なのだろうと勝手に想像してます。

その月に一度は、このカバーを外さないと使えません。
なおかつ、外したカバーをテーブルとしても利用したい、というのがお客様の要望です。
そういう事情もあって、脚の下には、前側にキャスター、後ろ側にアジャスターがついています。

ただし、問題なのは、移動する際には背面の補強が邪魔になることと。
かといって、補強がないとぐらぐらして安定感がなく、移動時に破損しやすかったり、テーブルとしては使いにくかったりします。
補強は必要だけど、簡単に取り外ししたい・・・・。
そこで考えたのが、この仕組み。
補強の板がこんな感じでついてます。

実は、この板が、上に抜けるようになっていますので、差し込めば左右に広がらないようになり、外して、窯から外す、という仕組みです。

抜いた状態ですね。
木製のかんぬき、といった感じでしょうか。
鉄製のかんぬきを使うことも検討しましたが、サイズもあわなかったので、木で作ることに。
製作担当者も、私の意図をよく理解して、いい感じのフィット感で作ってくれました。

もちろん、できることとできないことがありますが、困ったときはとりあえず相談いただけると、いい解決法があるかも・・・。
とはいえ、当店では対応困難なご相談もありますので、その際はご容赦のほど。

商品データ*****************************
◇国産杉 「窯」カバー 可動式
※キャスター アジャスター付き
サイズ W910 H1100 D750
仕上げ GG(グレイッシュグリーン) ガーデニングカラー
現地組み立て

参考価格  35000円(税込 37800円)
※特大商品になるため、別途送料が、2000円(税込 2160円)かかります。






Last updated  2019/06/20 08:02:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/18

本日ご紹介するのは、◇国産杉の可動棚シェルフです。
色は、WB(ホワイトベージュ)。

WB(ホワイトベージュ)には、白い頭のビスを使って組み立てています。
こういったボックス類の組み立てというのは、工場で生産されるものの多くが接着剤で組み立てされたものか、繊維版にシートを貼ったボードを、接着剤とビスやボルトを使ってお客様が組み立てるもの。
ただ、接着剤は強い反面、分解しにくく、材料の材利用は困難になります。
当店が屋外用のガーデニング商品から始まった会社であることもあって、組み立てにビスを使うことが普通なのですが、これはインテリア商品においても価値のあることなのではないか、と最近思い始めました。

さて、今回製作した、◇国産杉の可動棚シェルフですが、固定箇所の間の距離が長いほど、反りの影響を受けやすくなりますし、また、四隅だけのビス固定では、変形に対する耐力も弱い。
ということもあって、二段ある棚のうち、上の棚は固定棚、下の棚だけが可動棚となっています。

現在、◇国産杉のオーダーシェルフをなんとかイージーオーダー化して、ネットで注文していただけないか、企画中です。
もちろん、今でも製作は可能ですので、気になる方は、お問合せください。

⇒​WOODPRO 楽天市場店
※一番下のショップインフォメーションの右下にメールアドレスがあります。
※お問合せの際には、「店長のブログ 2019/6/18 見た」と書き添えていただけると助かります。

商品データ************************
商品目 ◇国産杉 可動棚シェルフ オーダーサイズ
サイズ W800 H1000 D230
仕上げ WB(ホワイトベージュ) ガーデニングカラー
参考価格 18000円(税込 19440円)
※完成品で特大商品となるため、別途配送費が3500円(税込み 3780円)かかります。
※DIYキットとして、現地ビス組み立て品として販売することも可能です。(電動ドライバー要)

商品データ






Last updated  2019/06/18 07:57:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/10

本日ご紹介するのは、本棚です。
上に行くほど、奥行が浅くなっていて、棚の高さも低くなっています。
こういった形を一体なんと表現すべきかちょっと悩みましたが、結局ぴったりくるネーミングを思いつかず、結局「階段状」としましたが、ちょっと違いますね。

真横から見ると、こんな感じです。
いわゆる台形ですが、台形にもいろいろあるので、「台形本棚」というと、正面から見て台形なのかと勘違いしそうなので、「台形」も却下・・・。

上の2段は、CD、3段目にはCDコンポ
その下は、大判の雑誌や本が入る予定です。

普通の本棚というのは、上から下まで奥行が同じ場合が多いので、新書や文庫を置くと、やたら深くてもったいない上、使いにくくなりやすいですね。
この形は、安定感もあり、圧迫感も軽減され、なかなか合理的です。

もともとは、OLD ASHIBAでご検討でしたが、OLD ASHIBA(杉足場板古材)の場合は、厚みが35ミリもあるので、重厚ではありますが、その分、有効内寸が狭くなってしまいます。
ということで、最終的には、◇国産杉の27ミリの材料で決定。
塗装は、インテリアカラーのナッツです。
ビス頭の茶色いビスで組み立ててます。

木質材の組み立てと言えば、接着剤が一般的。
確かに、ビスの頭も見えませんし、見た目にきれいで仕事も早いのですが、リサイクルにはこれくらい適さないものはありません。
接着剤で箱状に組んであるものはきれいに分解することができないので、分解して再利用が困難。
結局、使わなくなったら、廃棄するしかありません。
が、ビスで組み立ててあるものは、ビスを抜けば分解できます。
仮に、将来模様替えして、幅を狭くしたくなったら、分解して、棚板をカットして、もう一度組み立てれば、幅の狭い棚になります。
ということで、「材料として長く使える」という木の素材としての特徴を生かすには、単純なビス固定というのも効果的ですね。

商品データ****************************
◇国産杉 本棚 階段状 
サイズ W900 H1510 D400(上部160)
仕上げ インテリアカラー ナッツ
参考価格 41000円(税込 44280円)
※配送は家財宅急便  送料 別途






Last updated  2019/06/10 12:37:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/29

本日は、福岡県にお住まいのM様から頂いたお写真からです。
窓越しに、M様の猫ちゃんが、ご近所の猫とコミュニケーションをとる様子です。
私は、猫に詳しくないのですが、猫同士もこうして窓越しにコンタクトを取ることがあるんですね。

こういう目線の高さをあわせてコミュニケーションをとれるのも、掃出し窓の外側に、蓋付きの収納ベンチを設置したから。
濡れ縁代わりのベンチにもなるし、掃出し窓からの出入りも楽になりますね。

収納の中には、こんな感じでいろんな園芸グッズが収納されています。
どうしても、多少雨水などが侵入してくる構造なので、多少ぬれてもいいものが中心ですね。

こういった家庭菜園をしておられるので、必要な道具をすっきりとベンチの中に収納、というわけです。

菜園の奥の角にある四角い箱は、◇国産杉DIY素材 230×27ミリ 長さ900ミリ 4枚を使って、現地で組まれたもの。
ブルーのシートでカバーされていますが、コンポストでしょうか?
予算は、1220円X4  4880(税込 5270円)。
直接地面にこうしておくと、どうしても木の痛みやすくなりますので、3~5年くらいで交換が必要になるかもしれませんが、樹脂製の箱では見栄えがよくないし、お庭の一部であるということを考えれば、こだわりたいところですね。

猫ちゃんも窓の中から様子を見てます。
日向ぼっこには、ちょうどいい季節。
こちら、白い猫ですね。いったい、何匹に猫を飼っておられるのか・・・。

M様、お写真、ありがとうございます。
これから、暑くなってきますので、ガーデニングの際には、ベンチを有効につかって、水分補給に気を付けながら頑張ってください。

商品データ*****************************
◇国産杉 蓋付き収納ベンチ ステンレスステー付き
サイズ W1200 H420 D400
塗装  DB(ダークブラウン)
参考価格 24000円(税込 25920円)
※別途 特大品送料 3780円






Last updated  2019/05/29 07:47:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/27

本日ご紹介するのは、薄型の可動棚ラックです。
もともとは、格子ラックミニのオーダーサイズの製作可否の問い合わせをいただいたところからのお話で、趣味の「ぐいのみ」を並べられる、壁掛け可能なラックを探していて、当店にたどり着いたとか。

サイズ感としては、マグカップを置いて、こんな感じ。
確かに、高さの違う、いろんな形のぐい飲みを並べたら楽しそうですね。

正面から見た感じ。

可動棚は、薄型のアルミレール。
艶消しの落ち着いたシルバーが、アクセントです。

商品データ******************************
◇国産杉 薄型可動棚ラック
サイズ  w1095 h520 d100
参考価格 9500円(税込 10260円)
大型商品のため、別途送料 2160円

追記
この記事を書きつつ、ご注文が「背板付き」であったことに気づきましたが、すでに発送済。
追っかけ、背板をお送りし、現地で取り付けていただくことになりました。
ただ、「背板がない方が背景が明るくていいのではないか」という奥様の意見も出てきたりして、背板付きに使うか、背板なしで使うか、お悩み中とのことでした。

ちなみに、背板付きの場合の価格は、
11000円(税込 11880円)です。






Last updated  2019/05/27 07:42:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/24

本日ご紹介するのは、鉢を入れる、花台兼パーテーションです。
ちょっとした仕切りや、人の流れを誘導するのにはいいですね。
GWあけでバタバタして、工場内で無理やり撮った写真なので、少々お見苦しい背景や、照明具合ですが、ご容赦ください。

真横から見ると、こんな感じ。

実は、このご注文は、某国内最重要空港にご利用いただくもので、計7台のご注文をいただきました。
おそらく、今頃、空港の施設内にご利用いただいていると思いますので、見かけた方がおられるかも・・・。

それから、同時にご注文いただいたのがこちら。
壁のようなパーテーションですが、

上にはやはり鉢が入れられるようになっています。

もし、空港でお見かけの際には、写真をお送りいただけるとありがたいです!

商品データ**********************
◇国産杉 プランタースタンド 
サイズ W2000 D250(350) H1000
塗装 CB(チャコールブラック)
参考価格  25000円(税込 27000円)
※現地組み立て

◇国産杉 フラワースタンド 四面板張り
サイズ W1400 D200(300) H800
塗装 MB(ミディアムブラウン)
参考価格 21000円(税込 22680円)






Last updated  2019/05/24 12:32:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/22

うちの一族の話になりますが、年が一回り離れた弟は板前なのですが、やっと自分でお店を出すことになり、現在、開店準備中です。
やっと、看板もつきました。
このデザインは、いとこの Storm Graphics 嵐川真次 さんに依頼したようです。

私は男子三人兄弟の長男。
次男は二つ違いですが、三男は私が中学2年の時にできたので、一回り違い。
そのため、一緒に遊んだことはもちろんないし、彼が中学に入るころに私は就職して横浜に行ったので、じっくり話をする機会すらほとんどありませんでした。
その三男坊は、巌というのですが、彼はどうやら勉強するのが苦手であったらしく、大学の入試試験に全滅し、「酔心料理学校」という、地元広島の料理学校へ。
その後、地元のお寿司屋さんで修業したり、リーガロイヤルホテルの和食部門に入ったり、料理学校時代の友人のお店の店長をしたり、いろいろやっていましたが、このたび、自分の店を出すことになりました。
板前とか、美容師とかいった「手に職」系の仕事というのは、ちょっと徒弟制度的なところがあって、給料もかなり安いようで、そればかりが原因でもないでしょうが、貯金も「まじか!」というくらいしか持っておらず、今回、公庫にお金を借りたりしながら、なんとか開店できそうな運びにはなってきました。

まだ、ごちゃごちゃしてますが、入口回りもだいぶできてきました。

実はこの店は、弟の料理学校時代の友人がしていた「来るま座」というお店を、居ぬきで借りたものです。
改装前の様子はこちら。
改装にお金をかける予算がないので、ほぼそのまま、部材だけを交換しました。
ちなみに、ここオーナーは、コンビニに転身するそうです。

これは、ちょっと試しに、杉の新材と古材をミックスして使ってみたものです。
杉材は節も結構あるので、ぴかぴかのきれいな材料ばかりだと、節などが目立つのではないかと思い、古材と混ぜてみました。

思ったよりも、違和感はあまりない代わりに、メリハリ感も少ない感じ。
無塗装で納品して、屋外用の透明塗料を現地で塗ってます。
屋外用の透明塗装は、現在、WOODPROでは対応していませんが、とりあえず、弟の店でテストです。

テーブルの天板もまた、杉の新材と古材をまぜて幅はぎしてます。
写真で撮ると、ちょっとわかりにくいくらいに、違和感はなく、結構いいかんじです。

今回、改装をお願いしたのは、ぷりむでざいんの峯岡さん。
もともと、ウッドワン時代の後輩ですが、会社を辞めて、家業を継いでます。
ぷりむでざいんの本拠地は山口県の防府なのですが、彼に自宅は広島市佐伯区にあるので、WOODPRO shop&cafeでも、いろいろお手伝いいただいてます。
日曜日で、職人の手配もつかず、自ら扉の取り付け中・・・・。
予算の少ない中で、いろいろ考えてくれて、助かります。

こちらは、ひのきのカウンター。

目論見では、GW中の、5月1日にはオープン予定です・・・。
壁面の収納類は、ほぼ現状のものをそのまま利用して、クロスだけ貼り替え。

きれいに養生も取れたら、また、詳しくアップします。






Last updated  2019/04/22 01:53:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/03/20

本日ご紹介するのは、ベジタブルボックスならぬ、フルーツボックス。
岡山のファームからのご注文で、中に、白い桃用のトレーが入るようにとのご依頼。
写真は、そのトレーを入れたところ。
ここに、大きな岡山の桃が並ぶんですね。
おそらく、直売店で陳列用に使用されるのだと思います。

まとめて、15台のご注文です。

側板には溝加工がしてあって、指がかけられるようになっています。

トレーを取るとこんな感じ。

有効深さを140ミリというご指定があったので、底板は、ボックス本体の下側から固定してあります。

商品データ************************************
◇国産杉 フルーツボックス オーダー品
サイズ 589×455 高さ165(内寸有効高140)
仕上げ インテリアカラー ハニー
参考価格 3300円(税込み 3564円)/台
※15台製作






Last updated  2019/03/20 07:42:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/26

本日ご紹介するのは、◇国産杉の​ガーデンスツール​のサイズオーダー品。
ガーデンスツールは、座面が約30cm角なのですが、今回ご紹介するオーダーサイズ品は、350ミリ角で、一回り大きくなっています。
塗装は、インテリアカラーの「ナッツ」。
用途は、屋内のサイドテーブルとのことでした。
確かに、下の棚に新聞や雑誌を置いたり、あるいは、飾り棚にしたり、インテリアにつかっても良さそうですね。

木材の表面は木目の方向に繊維が並んでいる状態なので、木目の方向によって反射の仕方が違います。
そのため、横向きと縦向きとでは色あいや濃淡も違って見えます。
それを生かした意匠を「市松」といいます。
「市松」とは、正方形を交互に並べた意匠で、2020年東京オリンピックのマスコットにも採用されていたと思いますが、木の場合、色は変えずに向きを変えることで市松模様を作り出すことができ、昔から工芸品や床などにも使われてきたデザインですね。

ガーデン用品ということで、棚の脚の取り付け部は、ビス頭が見えます。
位置も低いし、さほど目立ちませんが、インテリア利用限定で、茶色い頭のビスを使えば、もう少し目立たないかな、とも思いますね。


商品データ****************************

◇国産杉 ガーデンスツール サイズオーダー品
サイズ  350x350 H400
仕上げ  インテリアカラー 「ナッツ」
参考価格  6000円(税込 6480円)/台






Last updated  2019/02/26 07:42:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全104件 (104件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.