1484393 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

Category

Profile


くり坊 1号

Calendar

Favorite Blog

WOODPROスタッフblog… WOODPRO加島さん
蕎麦アレルギーの木… 蕎麦アレルギーさん
【WOODPRO杉足場板専… 足場スタッフさん

Comments

 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:明治維新という名の洗脳  苫米地英人 を読む(12/15) アメりカの洗脳広告代理店、電通による、…
 うちな~っ子@ Re[2]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) くり坊 1号さんへ 奥様旅行で来たんです…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 青春のヴィジョンさんへ こんにちわ。 う…
 くり坊 1号@ Re[1]:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) うちな~っ子さんへ 返信、遅くなりました…
 青春のヴィジョン@ Re:浜田省吾 「100%fan fan fan 2018」に思う(12/05) 久しぶりに覗いてみたら、FC会員になられ…

Freepage List

Headline News

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

WOODPRO Shop&Cafe

2019/02/19
XML
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

現在、東急ハンスの広島店、6階の、エスカレーターで上がって正面のコーナーにて、​ポップアップショップをオープン中​です。
土日は、WOODPRO shop&cafeのlスタッフも駐在していたりします。(いない場合もあり)

正面にでっかく「ASHIBA」の文字。
聞いたことのない人には、何のことかも分からない、ということで、説明が貼ってありました。
英語でも書いてあるところが、東急ハンズっぽいですね。
広島はよく分かりませんが、渋谷店などは、外国人観光客がいっぱいで、一つの観光スポットになってました。

今回は、雑貨中心の展示で、OLD ASHIBA家具の上に、いろんなものが並んでます。

テーブルの上に、フォトフレームや、レタートレイ。

モバイル屋台には、ショップ限定の木っ端や、ガーランド。

とはいえ、すでに、デスクのご注文もいただいていたりして、家具の方も結構見ていただいてます。
このポップアップショップは、3月31日までの開催ですが、3月に入ると、家具を前面に出して見せる予定です。

床は、今回試作的に作った、OLD ASHIBAのフロアーパネル。
店舗などの土足スペースには、かなり良さそうですね。

壁面の一部には、スクエア木っ端も貼ってあります。

ということで、広島市西区商工センターのWOODPRO shop&cafeまでは行けないけど、広島の中心部には用事がある、という方はぜひ、東急ハンズ 広島店 6階まで、どうぞ。

東急ハンズ自体が、いろいろ楽しいものも多くて、楽しいです。






Last updated  2019/02/19 07:44:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/18
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
2月16日から、広島市西区商工センターの​WOODPRO shop&cafe​にて、​春の家具フェア​が始まりました。
毎年、春と秋に開催しています。

今回、初お目見えとなるのが、アイアンとOLD ASHIBAのボードを組み合わせた、[
Uタイプシリーズ。
ローテーブルから、テレビボード、ローボード、デスク用など、高さが違うアイアンの脚と、OLD ASHIBAのボードを組み合わせたシリーズです。

それから、もうひとつが、ボックス型のミラー。
ちょっと窓枠っぽく、奥行きのあるフレームにミラーを入れたもの。
枠部分にちょっとした小物が置けるのがポイント。
壁に掛けることもできますし、

奥行きがあるので、置いても安定感があります。
最近は、リビングにミラーを置いて、視覚的な広がりを感じさせる演出も多いとか。

確かに、効果的ですね。

ネット販売も行う予定ですが、まずは、WOODPRO shop&cafeにて先行販売を開始します。
広島の方はもちろん、県外の方も、お近くに来られる機会がございましたら、ぜひ、足をお運びください。

3月13日まで開催中です。






Last updated  2019/02/18 07:48:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/09/18
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

9月15日から、広島市商工センターにある、WOODPRO shop&cafeにて、家具フェアが始まりました。
家具フェアにあわせて、なにかしら新しいものを展示するようにしているのですが、今回は、アウトセットの食器棚です。

アウトセットの家具というのは、収納ボックスの外側に扉がついたタイプで、キッチン収納については、どちらかと言えば、こちらが主流。
ボックス本体が目立たないので、ボックスそのもののグレードを抑えて、コストが削減できる、という効果があります。
ということで、WOODPROのアウトセット収納の場合は、ボックス部分は、杉の新材の無垢。
扉、引き出し前板、天板などは、杉足場板の古材を使っています。
新材部分は、グレーの古木色塗装を施して、古材との風合いの違いをできるだけ目立たないようにしました。

すこし引いて、周囲の様子とあわせて撮影。
実際には、ダイニングテーブルが、前に置かれます。

天袋の下には、奥行きの浅い棚をつけました。
天袋を支えるアイアンを利用したもの。

天袋部分は上開き式。
扉が出し入れに邪魔にならず、すっきりしてます。
扉部分は古材。ボックスとその内部は、杉無垢材の古木色塗装です。

下段のカウンター部分は、引き出し、開き戸、スライドテーブル の標準的なユニットで、説明しやすさを考慮した組み合わせで展示してます。


金曜日の夜に行って撮影したので、ちょっと暗い感じですが、ぜひ、実物をご確認いただければと思います。
私はいませんが、ショップのスタッフがお待ちしております!

商品データ*********************
OLD ASHIBA&SUGI アウトセットキッチンキャビネット
サイズ W1800 H1950 D460
仕上げ OLD ASHIBA 屋内用透明 ボックス部 杉無垢 古木色塗装

●参考価格(家具フェア特別価格)
引き出しユニット W600 H915 D440  37900円(税込 40932円)
開き戸ユニット(パネル・デザインガラス) W800 H915 D440  39400円(税込 42552円)
スライドテーブル・可動棚ユニット W400 H915 D440 21000円(税込 22680円)
天袋ユニット(透明) W1800 H400 D390 40900円(税込 44172円)
アイアン天袋サポート 9500円(税込 10260円)X2 
天板 1800 460 35  20700円(税込 22356円)
棚板 OLD ASHIBA 1800×150×15  3060円(税込 3304円)
アイアン 棚サポート 1段  2000円(税込 2160円)

計 185616円(税込 200465円)

送料別途






Last updated  2018/09/18 09:36:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/03/23
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
WOODPRO shop&cafe リニューアル 後編です。
現在、WOODPRO shop&cafeでは、春の家具フェアを開催中で、特に、家具をしっかり見ていただけるように模様替えを行いました。

OLD ASHIBA テレビボードのDタイプ。
脚部の長さを変えることで、高さや印象も変わってきます。

こちらは、ベンチシート用のダイニングテーブルと、つんどくボックス。
つんどくボックスは、積み重ねることで、いろんなデザインを生み出すことができるのもポイント。
個室の書棚だけでなく、リビングなどのパブリックスペースにも面白いですね。

こちら、ショップ限定のロータイプキャビネット。
左にあるのは、◇国産杉の格子ラックで、ネットでは未発売のものです。

こちら、ネットでも好評の2X4材を使ったつっぱり式の壁のご提案。

こちらは、マガジンラック。
ネットでも販売予定ですが、まずは、WOODPRO shop&cafeで先行販売中。

洗面所のミラー。

中が収納になったボックス。
これは、ミラーのMサイズをベースに製作していますが、もう少し大き目のLサイズベースのものも企画中です。

収納ベンチ。

足場板の古材を使った腰壁のご提案。
一般の家庭では、掃除が大変な感じもありますが、厚みを変えて、立体的にアレンジしてみました。

こちらは、食器棚。
大型すぎてなかなかネットでの販売が難しいということもあり、とりあえず、WOODPRO shop&cafeでの限定販売中。
いろんな組み合わせができるのも、製造直売ならではということで、家具フェアの目玉商品ですね。

ショップ限定販売中のOLD ASHIBAソファもあります。


WOODPROの商品でなありませんが、個性的な照明もいろいろそろえてます。

ということで、いろいろな見どころをご用意して笑顔のスタッフがお待ちしております。
家具やインテリア商品の購入をご検討されている方は、ぜひ、お越しください!
「こんなのあったの?!」という発見がいろいろあると思いますよ。






Last updated  2018/03/23 07:38:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/03/22
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

3月21日(水)は、春分の日。
昼の時間と夜の時間が同じになる日(誤差あり)で、ここから、昼の時間の方がどんどん長くなっていきます。
また、春分の日、秋分の日はお彼岸の中日でもあります。

お彼岸にはお墓参りをするという習慣がありますが、どうしてなのかを調べてみて、なるほどと思ったのは、
・春分の日   豊作を祈る
・秋分の日   豊作に感謝する
という、日本の神道的な自然信仰がもともとあって、それと仏教の彼岸思想が合体して、お彼岸にはご先祖に感謝してお墓参りをする、ということになったようです。

ということで、私も、先週末には妻の実家にお墓参りにゆき、昨日は、吉和にあるうちのお墓に参ってきました。
雪がたくさん降っていた吉和ですが、すでに雪も解けて、春を告げる花も姿を現し始めていました。
で、最初の写真は、クロッカスのつぼみですね。

お墓参りのあと、WOODPRO shop&cafeに行ってみました。
先週の17日からリニューアルオープンしていましたが、先週末もお墓参りなどで忙しく行けず、昨日さっと見に行ってきましたので、その時撮った写真をアップします。

お店の前もぐっと春らしくなってました。

正面から入って、1階も、プチ模様替えしてありあり、什器として使っている家具も、とても見やすくなったと思います。
OLD ASHIBAのAタイプ ダイニングテーブルと、その向こうには、大型の可動棚シェルフ。

こちらは、側面がオープンになったシェルフで、棚の中が見えやすいタイプ。

階段を上がって、振り返ったところ。
ここは、あまり変わってません。

2階の階段を上がりきった踊り場にある食器棚。
配置は以前と同じですが、小物などがきれいに入って、目をひきやすくなりました。

二階に入ってすぐのスペースにはソファ。
これは、WOODPROの商品ではなくて、ジャーナルスタンダードの商品です。
WOODPROには、背もたれ付の椅子などもないので、比較的相性のいい、ジャーナルスタンダードさんお商品を販売させてもらってます。

リニューアル前はウッドデッキのセットが置いてあったスペースは、デッキのあった環境をそのまま生かして一段高く。

アイアンと組み合わせた棚など、ネットショップでは掲載していないものもあります。

折れ脚座卓

屋外をイメージした壁面には、ゴミ箱カバーのウッディパコカ。
窓に模した格子の向こうには、家具コーナーがあります。

LDKをイメージした空間。
リニューアル前よりもエリアを広げて、ゆっかり見せてますので、よりイメージがつかみやすくなったと思います。

ダイニングテーブルと、食器棚。
食器棚は、リニューアル前からあるものですが、ネットでは未販売の商品です。

手前のダイニングテーブルは、Aタイプテーブルに引き出しをつけたもの。

ちょっとした小物を仕舞っておくのに便利ですね。
ネットでは未販売ですが、近日発売予定なので、ショップにて先行販売中、といったところです。

OLD ASHIBAの素材感と、ぬくもりが生かされたダイニングスペースになってますね。

そこから続く、ソファとテレビボードのあるリビング空間。

広さに限りがあるので、配置が難しいのですが、現実的なスペース感で、とってもイメージしやすくなっています。
以前よりも見通しがよくて、家具がとても見やすいですね。
家具のショールームの雰囲気がぐっと出てきました。

コーナー付あたり。
ちょっとした書斎スペースのイメージ。
左側の引き出し付のキャビネットは、もともと、キッチンカウンターとして製作したものですね。

ということで、本日はここまで。
後編に続きます。






Last updated  2018/03/23 07:40:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/09/30
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

WOODPRO shop&cafeの​「秋の家具フェア」​ですが、好評につき、10月31日まで延長となりました。
ということで、今回、新たに家具を搬入。
写真を撮ってきました。
が、いつも持ち歩いているカメラを忘れて、今日は、スマホ写真です。
まあ、最近のスマホはまあまあ良く撮れます。

「え、何が変わった?」と思われた方もあるかと思いますので、搬入前の写真がこちら。

そこに、天袋を取り付けます。

右側のボックスを置いて、その上に天袋を乗せて、左側はアイアンのアングルで支えてます。

この天袋は、「アウトセット」といいまして、キャビネットの外側に扉がついています。
そのため、扉だけが全面に出て、ボックス部分が目立たちません。

ということで、ボックスそのものは、杉の新材の無垢です。
物の出し入れがしやすいように、跳ね上げ式の扉です。

右側の棚には扉がないので、杉の新材の棚がしっかりと見えますが、それほど違和感というのはありません。

10月末まで延長になりましたので、ぜひどうぞ!

商品情報*******************
●OLD ASHIBA-SUGI ミックス 天袋キャビネット
サイズW1475 H400 D360+27
仕上げ  扉 屋内用薄茶  キャビネット 薄茶ステイン
参考価格 65000円(税込 70200円)
※バンパー付ステー仕様

●SUGI-可動棚シェルフ
サイズ W434 H650 D360
仕上げ  薄茶ステイン
参考価格  18000円(税込 19440円)






Last updated  2017/09/30 01:11:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/09/13
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

9月2日から、WOODPRO shop&cafeにて、家具フェアを開催中。
10月15日まで、やってます!
WOODPROは、製造直販のネットショップとして誕生したこともあり、なかなか直接見ていただくことができません。
そこで、2011年に、地元広島にオープンしたのが、WOODPRO shop&cafe。

ここでは、直接商品を見て、さらに触って、感じていたことができます。
ネットでは販売していない、キッチン周りの収納の展示も充実。

特に、家具のような高額なものになると、「やっぱり、実際に見てみないと不安」という方も多いと思います。

さらにWOODPRO shop&cafeでは、ネット販売に先駆けて販売しているものもいろいろ。
キッチンワゴンとか、

今話題のつっぱり式金具「ディアウォール」を使った商品とか、

キッチン用のカウンターとか、

こちらは、一階にある什器ですが、そのまま、ご自宅の壁面収納にも利用できるアイディアも、WOODPRO shop&cafeの随所にちりばめてあります。

「つんどくボックス」の実物展示とか、

キッチンを意識したハイタイプキャビネットや、

OLD ASHIBAのトレイ用のボックスも先行販売中。

この週末は3連休でもありますし、台風や、カープの優勝も気になりますが、ぜひWOODPRO shop&cafeにお越しください。

スタッフ一同、お待ちしております。
(私はいませんが、ショップスタッフが笑顔でお待ちしているはず・・・・)






Last updated  2017/09/13 08:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/09/04
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

9月2日から、広島市西区商工センターの​WOODPRO shop&cafe​にて、秋の家具フェアが始まりました。
それにあわせて、一部、家具の入れ替えも行いました。
冒頭の写真がそれで、キッチン収納のトールキャビネットと、カウンターキャビネットです。

カウンターキャビネットは、スライトテーブルがついていて、下は深めの引き出し、扉は引違戸になっています。

アングルを変えてもう一枚。

今回のキッチン用収納ユニットの特徴は、扉をつけたり、付けなかったり、引き出しにしたり、棚にしたりというお見積もりを、WOODPRO shop&cafeの方ですぐに計算できるようにしたことです。
その代り、キャビネットのボックス部の基本サイズを数タイプに絞っての対応となり、その範囲であれば、完全オーダー品よりもお求めやすい価格になっています。
スペースにジャストフィットのご指定になると、従来通りの完全オーダー品となります。

それとともに、今回、ショップで企画したロータイプのキャビネットも展示しております。

広島のお店限定ということで、遠くの方には少々申し訳ないのですが、もし、お近くに来られることがございましたら、ぜひともお立ち寄りください。
私はお店にはおりませんが、WOODPRO shop&cafeのスタッフがしっかりと対応させていただきます!

WOODPRO shop&cafe 秋の家具フェア
9/2~10/15

ご来場お待ちしております。






Last updated  2017/09/04 08:35:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/20
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

1月13日から、WOODPRO shop&cafeにて、「春の家具フェア2017」を開催中です。
3月の引っ越しシーズンに向けて、そろそろインテリアの検討を始めておられる方も多いはず。
そこで、WOODPROの家具をいろいろ見てもらえるように企画しました。

この写真の商品は、WOODPRO shop&cafeの先行発売商品で、ネットショップではまだ発売していません。
795ミリの少し背の高いキャビネットの上に天板を乗せると、キッチンカウンターにちょうどいい高さ。
その上にアイアンの支えをつけて、さらに上部の有効活用もできるという商品です。
キャビネットの間には可動棚を取り付けることもできます。

このセットで、97320円(税込 105106円)。
塗装は無塗装です。

こちらは、ダイニングテーブルと、クッション付ベンチ。

何しろ、3月までの長丁場な「家具フェア」ですので、こらからまだまだ商品を増やして、いろいろ見ていただけるようにしていく予定です。
私はいませんが、WOODPRO shop&cafeのスタッフがしっかりとご相談を承りますので、お気軽にお越しください。

スタッフ一同、お待ちしております!






Last updated  2017/01/20 07:52:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/08/02
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
WOODPRO shop&cafeも、もう5周年。
ネットショップを初めて10年を迎えた頃、事業もなんとか軌道に乗ってきたし、「やっぱり、実際に見てもらえるところがよしいよね~」ということで、社長と一緒にリアルショップを開く場所を物色。
広島市西区商工センターの問屋街の一角にお店を開いたのが5年前ですね。
なにしろ、リアル店舗の運営自体も初めてですし、カフェに至っては想像もつかない状況からのスタート。
素人ばかりで始めたお店も、皆様に助けてもらいながら、なんとか5年を迎えることができました。
といっても、わたくしは主に「ああだこうだ」と本社から言っていただけで、実際に運営してきたスタッフの苦労は相当のものであったと思います。

5周年の記念イベント、WOODPRO PARTY NIGHTが、先週の土曜日(7月30日)に行われました。

ということで、社長のあいさつのあと、ショップスタッフ紹介。
左端が久保店長で、お店のオープン前からずっと、このお店の運営責任者で頑張ってます。

今年の周年イベントは、ジャズを聴きながら、その間にお店の窓に、東京で活躍中のMAHOTIMさんがライブペインティンするという趣向。

最初の写真は、足場板の床に座り込んでペインティングするMAHOTIMさんと、サックスを演奏する藤井政美さん。

ヴォーカルの因幡由紀さんは、偶然にも、今年入社した社員の奥様。
つややかで伸びのある歌声がとっても魅力的でした。

70人近い方に参加いただいてので、お店の中は目いっぱい。
普段は工場で働いている社員の参加者は、外のテーブルで夕涼み。


MAHOTIMさんのライブペインティングを外からパチリ。
美しい顔に真剣なまなざし・・・・。
もうすぐ、リスボンに引っ越しされるとか。
きっと、一回りも二回りも大きくなって帰ってこられるのでしょうね。

こちら、三次のやまねさんが持参してくださった、とりたて三次おブルーベリー。
「がんばれカープ」と小さな旗もついてます。
甘くて、とってもおいしいブルーベリーでした。


皆様の応援をいただきまして、5周年を迎えることができました。
ありがとうございます。

ペインティングの実物は、しばらくそのままショップの窓にあると思いますので、ぜひ実物をご覧ください。

それでは、6年目も引き続き、よろしくお願いします。








Last updated  2016/08/02 12:54:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.