2027166 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

くり坊のひとりごと(blog版)

PR

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

WOODPRO Shop&Cafe

2020/10/02
XML
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

本日は、広島市西区商工センターにある、WOODPRO唯一のリアルショップである、​【WOODPRO SHOP】​で開催中の、「秋のガーデニングフェア」のご紹介です。

今回は、「お家2.0」と銘打って、「おうちを少しグレードアップしてみませんか?」というコンセプトで展開しています。
ショップの案内ページはこちらです。
⇒インスタ​【WOODPRO SHOP】お家2.0
⇒ブログ ​【WOODPRO SHOP】お家2.0​
現在 休店中のカフェスペースを利用しての展示です。

たとえば、ネットフェンスを簡単にリフォームできる「イージーリフォームフェンス」や、

掃出し窓や、勝手口の外に置いて、中と外を「密」につなげる濡れ縁などをご提案しています。

分かりやすい、ショップスタッフ手作りの資料もご用意。

その他、ガーデニング関係のグッズや、

自社商品のプランターはもちろん、

ちょっとした、多肉植物なども販売しています。

この週末は、ぜひ、【WOODPRO SHOP】へ。






Last updated  2020/10/02 07:46:30 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/06/15
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

先週ブログでもご案内しましたが、6月1日より、WOODPRO shop&cafeがリニューアルオープンしております。
前回は、平日の夕方、ミーティングの前にショップに行ったのですが、昨日は通常営業時間に行ってみました。
残念ながらカフェは閉鎖中ながら、たくさんのお客様に来店いただいており、ありがとうございます。

中央に、WOODPROのマークの入った冒頭の写真は、2011年のショップオープン時からあるもの。
オリーブの木を植えたプランターです。
すでに9年になりますが、まだまだ現役。

ちなみに、9年前の写真。
カフェの奥にこのプランターが見えます。
オリーブの木も、まだ小さいですね。当初は、結構駐車場までオープンな感じだったんですね。

ショップの1階は、DIYコーナーになり、ちょっとワイルドな感じになりました。
人待ち顔のウサギ君をパチリ。
といいますか、お客様がかなりたくさん来ていただいていて、引いて撮るとお客様が写ってしまうので、プの写真となりました。

2000年に楽天市場にネットショップをオープンし、それから10年して、なんとか形になってきたころ、実際に見ていただける場所を作りたくて、広島市内の物件をいろいろ物色。
商品を見ていただいて、お客様のご意見もいただけるアンテナショップ的なお店で、コーヒーくらい飲めたらいいね、くらいの気持ちでいましたが、見つかった物件は、広島市西区商工センターの卸問屋街の一角で、まあまあの広さ。
そうすると、だんだんと欲も出て、本格的なカフェも併設してWOODPRO shop&cafeがオープンしたのが、2011年。
オープン前に、内装が完成したときの記事がこちら。
⇒​2011.7.3 WOODPRO SHOP&CAFE 「入れ物」の完成

あれから9年ですが、いろいろと変わりつつ、なんとか広島の皆様にも広く知っていただけるようになり、遠くからもわざわざ来ていただけることも増えてきました。
今回、カフェは現在休止中ですが、本業でなないカフェはちょっと縮小して、その分、DIYコーナーを統合し、なおかつ、ガーデニング商品もご提案しやすくなりました。

これから、よりお店のコンセプトを明確にし、製造直売のお店、DIYを応援するお店としての存在感を高めていきたいですね。
近くには、カインズやニトリもあるし、家具屋さんもあります。
小さなお店ではありますが、他にはない、魅力的でとがったお店を目指して、スタッフ一同、頑張っております。
引き続き、よろしくお願いします。






Last updated  2020/06/16 07:16:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/06/11
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

広島市西区商工センターにある、WOODPRO shop&cafeは、新型コロナの問題もあって、4月から閉店していましたが、6月1日から、リニューアルオープンしました。
お休みの間を使って、スタッフがリニューアルを進めていたんですね。
リニューアル後、初めてショップでのミーティングに参加してきたので、その前に撮った写真を一挙公開いたします。

久しぶりのWOODPRO shop&cafeは、木々も茂り、エントランス周りはちょっとした避暑地のイメージ。

今回のリニューアルで、一番変わったのは、一件間を挟んであった、[WOODPRO BASE]という、DIYのお店と、もともとあったWOODPRO shop&cafeを統合した点。
扉の中は、一気にDIYモード全開となっております。

入口の左側には、濡れ縁やプランター。

右側のデッキスペースは、ガーデニング商品のコーナーとなっています。

さて、中に入ってみると、以前の見通しのいい空間から一転して、仕切りの多い、ハードな空間に。

DIYに使う、いろんなものが所狭しと置いてあって、もの作りスピリットも全開ですね。

玄関入って左側。
もともとは、食器類を置いてあった場所なのですが、今回、はっきりと「DIYを応援する店である」というコンセプトが明確になっています。

これまで、お店が分かれていることで、片方のお店だけで済まされるお客様が結構おられましたので、リピーターの方にも、「こんなものもあったんですね」と、好評だとか。

店内にパーテーションを兼ねた棚が増えたので、ちょっと見通しが悪くなりましたが、レジ方面です。

仕切られた壁面には、わくわくするような金具や、素材がいっぱいです。
じっくり見ていたら、いろいろイマジネーションもわいてきます。

塗料やワックスもあります。

もともとカフェであったスペースにも連続して、DIYのハードな空間が広がっています。

カフェへの入口もこんな感じ。
今回のリニューアルで、[WOODPRO BASE ]を統合することは決まっていたのですが、あわせて、ご好評いただいていたカフェも一時閉店とさせていただいております。
食事目的でご来店のお客様には、ご迷惑をおかけしております。

もともと、カフェのスペースであったデッキに面したコーナーも、いろんなDIY用の小物がいっぱい。
おしゃれ感はなくなってしまいましたが、より、コンセプトを明確にした、ハードな空間になっています。

カフェに入って、左奥のカフェスペースは、今後も基本的にはカフェスペースとして残していく予定ですが、現在は、アウトレットの販売や、休憩コーナーとなっています。

リニューアルに伴って、置き場のなくなったものや、什器などをアウトレットで販売するセールも開催中。
オープン時には、開店前から20人くらい並ばれていたとか。
本社の工場からも、アウトレットを持ち込んで販売予定です。

レストスペースはこんな感じ。
カフェが営業していないのはちょっと残念ですが、現在、いろいろ検討中のようです。

カフェスペース内には、距離を意識して、休憩スペースがありますので、ゆっくり休憩いただけます。
(現在、コーヒーもお出しできず、すみません)

家具の展示も兼ねた休憩コーナーですね。

再オープンにあたって、やはり気になるのが「三密」ということで、なるべく距離を取ってくださいという案内も。

レジの前には、間隔をあけて並んでいただけるように、足跡マークも貼ってます。

ポスターフレームを利用したパーテーションで、飛沫防止。
実は、今回のコロナの影響で、アクリルの需要が激増し、現在、新規のアクリルが手に入らない状況です。

そして2階へ。

1階のハードで、ちょっとごちゃごちゃした空間から2階に上がると、家具コーナー。
こちらは、あまり変わっていませんが、多少ゆったりしていますので、ハードなDIYの素材を見た後は、こちらでゆっくりと家具を眺めるというのも、いいですね。

WOODPRO shop&cafe限定、先行販売の商品もあります。

駆け足でしたが、スタッフ一同、ご来店を心からお待ちしております。
今後とも、引き続き、よろしくお願いします。






Last updated  2020/06/11 08:10:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/23
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

新型コロナウィルス問題は、収束までもうしばらくかかりそうですが、広島では「はなのわ2020」という、屋外ガーデニングイベントが始まりました。

すでにブログでもお伝えしましたが、WOODPROブースが「広島市長賞」を受賞したというもあって、21日(土)、私も行ってきましたので、ご報告。
とりあえず、本日はWOODPROブースから。

⇒​はなのわ2020 庭園コンテスト 受賞作品

広島市長賞は、国土交通大臣賞・広島県知事賞につぐ、第三位のランクなので、かなりいい方です。
他の出展者の方はほとんど造園業者さんだったこともあり、こういった木をふんだんに使った提案がかえって目をひいたということもあると思います。
壁面は横板をベースに、上部にはパーゴラがついてます。

内部は、結構現実的なベランダの菜園をイメージ。

こちら、背面に背もたれが割のプランターで、その手前には、こちらもスクエアプランターを利用したベンチ。
蓋を開くと、中は収納できるので、ガーデニング資材を入れておくのにも便利です。
結構、奇をてらったところがなく、実用的な提案になっているのも、評価の高かったポイントかも。

さりげなく、ラダーシェルフ。
こういう階段状の棚というのは、奥行き感と高低差をあわせて表現できるので、とても立体的に見えますね。

上を見上げると、パーゴラ。
暑い日にはターブをかけたり、見た目のアクセントにもなって、おしゃれです。
横板の壁面に窓のアレンジもいい感じ。

室外機カバーと一緒に、ゴミ箱カバーの「ウッディパコカ」も置いてあります。
確かに、この場所にゴミ箱がむき出しになっていると、いやですよね。

棚には小物も飾ってあって、こういうのが、庭をわくわくさせるポイントでもあります。

今流行りの多肉植物。
これも、色合いがとてもよくて、きれいでした。

期間中に「WOODPROブース」に行っていただくと、割引クーポン付きのチラシもご用意しています!
安全な屋外のイベントですので、花で心を和ませてはいかが?

今回はとりあえず、WOODPROブースだけのご案内となりましたが、つづけてイベント全体のご紹介などもしたいと思ってます。






Last updated  2020/03/23 05:02:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/18
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
本日は、3月19日より開催予定の「ひろしま はなのわ 2020」において、WOODPROブースが「広島市長賞」を受賞したという、ご報告です。

公式な発表は、こちらをご参照ください。
⇒​庭園出展コンテストの受賞作品が決定しました!

「はなのわ」というイベントは、各都道府県持ち回りで毎年行われているイベントで、正式名称は、
「第37回全国都市緑化ひろしまフェア」
今年が37回という結構歴史のあるイベントで、昨年は、長野県、来年は熊本で開催される予定です。

「はなのわ2020」は、3/19~11/23 という長期にわたって、広島県下5会場で開催されるイベント。
メイン会場となる、広島市民球場跡地では、3/19~5/24 まで。

今回、広島市長賞を受賞したWOODPROブースも、広島市民球場あとのメイン会場にあります。

とはいえ、私自身は、会場も全く見ておらず、企画から設営まで、WOODPRO shop&cafeのスタッフが行ってきました。
本当に、お疲れ様でした!
忙しい中、よく頑張ってくれました。
春だというのに、いろいろと重苦しいことの多い時期ではありますが、暗雲を払う朗報でした。

明日からオープンなのですが、新型コロナで微妙な時期でもあり、会場はオープンするものの、各種イベントはすべて中止・・・・。
残念ではありますが、比較的安全な、オープンエアーな環境下、ぜひぜひ会場に足を運んでいただいて、春を感じていただければと思います。

また、会場の様子などはご報告させていただければと思いますが、取り急ぎ、受賞のご報告でした!
金賞というのは、10本あるらしいのですが、「広島市長賞」は、第三位の格だそうです。






Last updated  2020/03/18 08:11:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/02/03
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

WOODPRO shop&cafeにて、​春の家具フェア​が始まりました。
フェアにあわせて、今回大きく変わったのは、おしゃれなフレームキッチンが展示されたこと。
これは、木質建材の総合メーカーであるウッドワンの「KUROMUKU」というシリーズのキッチン。
業務用キッチンを思わせるシンプルで機能的で、おしゃれなキッチンです。
といっても、所詮仕入れ商品ですので、このキッチンを売りたいわけではないのですが、WOODPRO shop&cafeでは、ライフスタイルのご提案もあって、展示に踏み切りました。

すこし引いてみてみると、あまりに周囲のOLD ASHIBA家具となじみすぎて、違和感がありませんが・・・・。
ちなみに、手前にあるスクエア脚のダイニングテーブルですが、近く発売予定です。

アイアンつながりということもあって、H1500のアイアン+OLD ASHIBAシェルフも展示してます。
これも、WOODPRO shop&cafe先行発売中の商品です。

先週もご紹介しましたが、キャスター付きのベジタブルボックス。
野菜などを入れておくにも便利ですね。

その他、これまで、階段を上がりきったところにあって、目立つようで、今一つ目立たなかったキッチン収納のトールタイプもルームセットの中に移動して、見やすくなりました。

その、階段を上がりきったスペースには、「つんどくボックス」。
配置が自由な商品であることがよくわかる展示ですね。

もちろん、これまでもご好評いただいている、OLD ASHIBAキッチン収納も展示してます!
WOODPRO shop&cafeでも、最も売れ筋で、好評をいただいており、広島以外のお客様からのお問い合わせも多いので、そろそろネットでも発売しようかと思ってます。

広島近郊でない方はなかなかご来店いただけないかとも思いますが、もし、広島にお越しになる機会がございましたら、お立ち寄りください。

WOODPRO shop&cafe 春の家具フェア2020
期間  2020/2/1~2/29

お問い合わせは、こちら
WOODPRO shop&cafe   082-961-3451






Last updated  2020/02/03 01:13:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/19
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

現在、東急ハンスの広島店、6階の、エスカレーターで上がって正面のコーナーにて、​ポップアップショップをオープン中​です。
土日は、WOODPRO shop&cafeのlスタッフも駐在していたりします。(いない場合もあり)

正面にでっかく「ASHIBA」の文字。
聞いたことのない人には、何のことかも分からない、ということで、説明が貼ってありました。
英語でも書いてあるところが、東急ハンズっぽいですね。
広島はよく分かりませんが、渋谷店などは、外国人観光客がいっぱいで、一つの観光スポットになってました。

今回は、雑貨中心の展示で、OLD ASHIBA家具の上に、いろんなものが並んでます。

テーブルの上に、フォトフレームや、レタートレイ。

モバイル屋台には、ショップ限定の木っ端や、ガーランド。

とはいえ、すでに、デスクのご注文もいただいていたりして、家具の方も結構見ていただいてます。
このポップアップショップは、3月31日までの開催ですが、3月に入ると、家具を前面に出して見せる予定です。

床は、今回試作的に作った、OLD ASHIBAのフロアーパネル。
店舗などの土足スペースには、かなり良さそうですね。

壁面の一部には、スクエア木っ端も貼ってあります。

ということで、広島市西区商工センターのWOODPRO shop&cafeまでは行けないけど、広島の中心部には用事がある、という方はぜひ、東急ハンズ 広島店 6階まで、どうぞ。

東急ハンズ自体が、いろいろ楽しいものも多くて、楽しいです。






Last updated  2019/02/19 07:44:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/18
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
2月16日から、広島市西区商工センターの​WOODPRO shop&cafe​にて、​春の家具フェア​が始まりました。
毎年、春と秋に開催しています。

今回、初お目見えとなるのが、アイアンとOLD ASHIBAのボードを組み合わせた、[
Uタイプシリーズ。
ローテーブルから、テレビボード、ローボード、デスク用など、高さが違うアイアンの脚と、OLD ASHIBAのボードを組み合わせたシリーズです。

それから、もうひとつが、ボックス型のミラー。
ちょっと窓枠っぽく、奥行きのあるフレームにミラーを入れたもの。
枠部分にちょっとした小物が置けるのがポイント。
壁に掛けることもできますし、

奥行きがあるので、置いても安定感があります。
最近は、リビングにミラーを置いて、視覚的な広がりを感じさせる演出も多いとか。

確かに、効果的ですね。

ネット販売も行う予定ですが、まずは、WOODPRO shop&cafeにて先行販売を開始します。
広島の方はもちろん、県外の方も、お近くに来られる機会がございましたら、ぜひ、足をお運びください。

3月13日まで開催中です。






Last updated  2019/02/18 07:48:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/09/18
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe

9月15日から、広島市商工センターにある、WOODPRO shop&cafeにて、家具フェアが始まりました。
家具フェアにあわせて、なにかしら新しいものを展示するようにしているのですが、今回は、アウトセットの食器棚です。

アウトセットの家具というのは、収納ボックスの外側に扉がついたタイプで、キッチン収納については、どちらかと言えば、こちらが主流。
ボックス本体が目立たないので、ボックスそのもののグレードを抑えて、コストが削減できる、という効果があります。
ということで、WOODPROのアウトセット収納の場合は、ボックス部分は、杉の新材の無垢。
扉、引き出し前板、天板などは、杉足場板の古材を使っています。
新材部分は、グレーの古木色塗装を施して、古材との風合いの違いをできるだけ目立たないようにしました。

すこし引いて、周囲の様子とあわせて撮影。
実際には、ダイニングテーブルが、前に置かれます。

天袋の下には、奥行きの浅い棚をつけました。
天袋を支えるアイアンを利用したもの。

天袋部分は上開き式。
扉が出し入れに邪魔にならず、すっきりしてます。
扉部分は古材。ボックスとその内部は、杉無垢材の古木色塗装です。

下段のカウンター部分は、引き出し、開き戸、スライドテーブル の標準的なユニットで、説明しやすさを考慮した組み合わせで展示してます。


金曜日の夜に行って撮影したので、ちょっと暗い感じですが、ぜひ、実物をご確認いただければと思います。
私はいませんが、ショップのスタッフがお待ちしております!

商品データ*********************
OLD ASHIBA&SUGI アウトセットキッチンキャビネット
サイズ W1800 H1950 D460
仕上げ OLD ASHIBA 屋内用透明 ボックス部 杉無垢 古木色塗装

●参考価格(家具フェア特別価格)
引き出しユニット W600 H915 D440  48500円
開き戸ユニット(パネル・デザインガラス) W800 H915 D440  47000円
スライドテーブル・可動棚ユニット W400 H915 D440 26800円
天袋ユニット(透明) W1800 H400 D390 52880円
アイアン天袋サポート 9500円X2 
天板 1800 460 35  20700円
棚板 OLD ASHIBA 1800×150×15  3060円
アイアン 棚サポート 1段  2000円

計 219940円(税込 241934円)

送料別途






Last updated  2020/03/06 09:30:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/03/23
カテゴリ:WOODPRO Shop&Cafe
WOODPRO shop&cafe リニューアル 後編です。
現在、WOODPRO shop&cafeでは、春の家具フェアを開催中で、特に、家具をしっかり見ていただけるように模様替えを行いました。

OLD ASHIBA テレビボードのDタイプ。
脚部の長さを変えることで、高さや印象も変わってきます。

こちらは、ベンチシート用のダイニングテーブルと、つんどくボックス。
つんどくボックスは、積み重ねることで、いろんなデザインを生み出すことができるのもポイント。
個室の書棚だけでなく、リビングなどのパブリックスペースにも面白いですね。

こちら、ショップ限定のロータイプキャビネット。
左にあるのは、◇国産杉の格子ラックで、ネットでは未発売のものです。

こちら、ネットでも好評の2X4材を使ったつっぱり式の壁のご提案。

こちらは、マガジンラック。
ネットでも販売予定ですが、まずは、WOODPRO shop&cafeで先行販売中。

洗面所のミラー。

中が収納になったボックス。
これは、ミラーのMサイズをベースに製作していますが、もう少し大き目のLサイズベースのものも企画中です。

収納ベンチ。

足場板の古材を使った腰壁のご提案。
一般の家庭では、掃除が大変な感じもありますが、厚みを変えて、立体的にアレンジしてみました。

こちらは、食器棚。
大型すぎてなかなかネットでの販売が難しいということもあり、とりあえず、WOODPRO shop&cafeでの限定販売中。
いろんな組み合わせができるのも、製造直売ならではということで、家具フェアの目玉商品ですね。

ショップ限定販売中のOLD ASHIBAソファもあります。


WOODPROの商品でなありませんが、個性的な照明もいろいろそろえてます。

ということで、いろいろな見どころをご用意して笑顔のスタッフがお待ちしております。
家具やインテリア商品の購入をご検討されている方は、ぜひ、お越しください!
「こんなのあったの?!」という発見がいろいろあると思いますよ。






Last updated  2018/03/23 07:38:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.