2019/07/26

箱根強羅 箱根美術館の苔庭

カテゴリ:ちょっとおでかけ

本日ご紹介するのは、箱根の苔庭です。
昨年急逝した友人の墓参りのため、熱海を訪れたということは先週の「熱海シリーズ」でも書いたのですが、彼のお墓は、神奈川県真鶴。
相模湾を一望できる高台の墓地にお墓はあるのですが、残念ながらの梅雨空で、海はほとんど見えず。
墓参りした足でそのまま、彼の奥様に案内いただいて、小田原から、箱根マラソンルートを箱根へ。

実は、箱根で、ぜひ行ってみたい場所がありました。
それは、「苔庭」。
強羅の箱根美術館にある庭園です。
箱根美術館は、日本美術品の、陶芸や土器を展示してありますが、規模も小さく、地味といえば地味。
ただ、そのお庭は一見の価値があります。

箱根美術館の「苔庭」は、小田急のCMにも使われて、「いったいどこか?」ということで、一時話題にもなったとか。
紅葉と緑の苔とのコントラストが、とにかく美しいということで、紅葉のシーズンは多くの観光客が来るらしいのですが、この日は、雨模様の上、紅葉のシーズンでもなく、客も少な目。
ただ、雨が降ると、苔は元気になるし、しっとりとして発色もいいので、目にも鮮やかです。

曲線の石畳の小道と緑の苔のコントラストが美しいですね。、

こちら、横向き。
ものすごく広いわけではありませんが、とても広がりが感じられます。

庭園内には抹茶がいただける場所もあります。

抹茶と一緒にいただいたこの水羊羹がとってもおいしかったのですが、賞味期限が1日ということで、買って帰ることは断念。
小田原のお店が作っているとか。

それでは、もう少し苔庭の写真を続けます。
石畳もしっとり。

手入れも大変だろうなあ、と思いつつ散策。

苔の中に植えてあるのはほとんどもみじの木。
緑の苔の上に、真っ赤な紅葉のじゅうたんが敷き詰められると思うと、もう一度秋に来たくなりますね。

庭園内には小川も流れてます。

日日是好日。
雨には雨を楽しむ気持ちが大事ですね。


このあと、芦ノ湖のあたりも車で通りましたが、煙ってほとんど何も見えませんでした・・・・。





TWITTER

Last updated  2019/07/26 12:27:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ちょっとおでかけ] カテゴリの最新記事