2020/07/01

HONG KONG 国家安全維持法の施行

カテゴリ:今日の一枚

2020年7月1日。
「香港国家安全維持法」が施行されました。
中国の国家に対する反抗とみなされれば、逮捕することができます。
大規模な抗議行動には、戦車が登場するかもしれません。

「やっぱり中国というのは、こういう国だったんだなあ」ということがよくわかる出来事です。

リーマンショックから、世界の経済をけん引してきたのが中国の発展であることは間違いないでしょうが、各国が目先の損得勘定に終始するあまり、結局、猛獣を手におえないくらいに巨大化させてしまった、ということなのでしょう。

一方、アメリカでは、白人警官に黒人が殺されたということで、暴動まで伴う大きな動きに発展しています。

中国共産党による一党支配で、人権無視の強権発動ができる国と、民主主義国家がまともに争えば、民主主義国家の圧倒的な不利は明らかです。
反政府団体をけしかけて、デモや暴動を起こさせれば、民主主義国家は弱体化し、相対的に独裁国家の力は強くなります。

巨大な人口を持つ中国の影響力は途方もなく大きいですね。
それだけに、共産党一党支配を解体し、民主化して、フェアな世界のルールの中で活動していく責任があるはず。
それができないのなら、自由主義経済圏から利益を得ることもやめさせるべきでしょう。

写真は、2018年に、社員旅行で香港に行った際に撮ったもの。
香港の霧が晴れる日は、いつ来るのでしょう。





TWITTER

Last updated  2020/07/01 01:11:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
[今日の一枚] カテゴリの最新記事