2021/07/08

OLD ASHIBA ローテーブルの脚を延ばすリメイク 【 ビフォア アフター】

(3)

本日は、6月22日にご報告した、「ローテーブルの脚を長くするリメイク」の、【ビフォア-アフター】のお写真をお客様からいただいたので、ご了解をいただいて、ご紹介いたします。
冒頭の写真は、リメイクした脚を取り付けたテーブルです。
普通の椅子の高さにもあうようになりました。
補強のためにつけた棚ですが、ここに本やウエットティッシュを置くのに重宝されているとか。
よかったです。
また、これまでは無塗装のままご利用いただいていましたが、塗装をしてインテリアイメージや、ライフステージの変化に合わせていくこともできますね。

もともとのテーブルがこちら。
このお写真は、2019年にOLD ASHIBAのローテーブルを購入いただいた際のお写真だとか。
お子様にも気に入ってもらえたようで、よかった!
で、あれから2年近い時が流れ、お子様も成長し、このローテーブルの役割も変わってきた、ということで今回のリメイクとなりました。

東京都のM様、お写真、ありがとうございました!
やはり、ビフォア アフターの写真があると分かりやすいですね。

以下、6月22日掲載の記事です。***********************************


本日ご紹介するのは、ローテーブルを普通の高さのテーブルにするリメイクです。
お子様用にローテーブルを購入いただき、便利に利用していただいていましたが、お子様の成長とともに、普通に椅子に座って食事などができるようになったということで、「脚だけの注文もできますか?」というお問い合わせをいただきました。
もちろん、脚だけの製作もできるのですが、ローテーブルとして使うことがないのであれば、ローテーブルの脚をリメイクすることも可能です、というご提案をして製作したのがこちらです。

もともとの脚の部分はこれだけです。
この部分を生かすことで、天板との連結個所がそのまま使えるので、組み立ても簡単になります。

背が高くなって、安定感が低下する、ということで、棚板を追加して、補強。

天板を乗せたイメージはこんな感じですね。

こういったリメイクができるのも、やっぱり無垢材の家具だからこそですね。
これからの家具は、ライフステージにあわせて使い方も変えていけるものがいいですね。
数年で「粗大ごみ候補」になってしまうような家具は、21世紀的ではありません。

できることとできないことはもちろんありますが、お困りの際はご相談を。

商品データ*************************
リメイク参考費用   15000円(税込み 16500円)
※再発送費込み
※工場への返送費用は、お客様の負担となります。





TWITTER

Last updated  2021/07/08 07:39:22 AM
コメント(3) | コメントを書く
[OLD ASHIBA 製作事例&トピックス] カテゴリの最新記事