332018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

やっぱり山と花が好き

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


花大好きfuさん

いつもカメラを持ち歩いている

フォローする

楽天カード

お気に入りブログ

誕生日登山は八ヶ岳… New! himekyonさん

京都府立植物園の花… New! だいちゃん0204さん

コペンハーゲン港 … New! 江戸川らんべえさん

遥かなり炎暑の山~… New! toshiko3776さん

8月の空室情報(^O^)… 伊豆の2代目さん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ニューストピックス

フリーページ

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

沖縄に咲く花

2016.07.08
XML
カテゴリ:沖縄に咲く花

今日三女宅に故郷のお土産を持ってルンルン気分で出かけた。三女から見守りのジイサンとトラブッテいるんだという事を聞かされた。子どもたちが事件事故に会わないように見守るためにボランティをやっているはずなのに、見てもいない聞いてもいないはずなのに子どものケンカに口をはさんだり、親の躾とか祖父母の躾とか愛情不足とか、物凄い汚い言葉で攻撃されたと言うことを話してくれた。そして親の躾について手紙まで送って来たと。その手紙も見せてくれたが、内容はバカバカしいが、それよりも薄い字で書かれていて殺気を感じた。もしかして認知が入っているのかなあ・・・?それならなお危険。万一の事が起きてからでは遅い。学校の先生や教育委員会に相談しなさいと話した。学校の担任には相談したそうだ。学校では教職員を含めこの問題を共有して考えていくと言うことだったと。それでも脅威と意識して自分の子や自分を守っていきなさいと強く娘に言った。いざという時はこの母も行動するよと。

一生懸命子育てしている若い母親を脅迫したり、まだ生まれて6年しか経っていなくて、小さな社会で一生懸命生きている子どもたちを叱咤するのは、異常であり許せない。高齢者のジイサン。教育者でも何でもないのに、何を勘違いしているのか、子どもたちが安全に登下校できるように見守るだけでいいのに・・・、若い親や子どもに対する嫌がらせである。高齢のジイサンがオオ威張りで鞭を振り振りしていたら、若い人たちが生き難い社会だろうと思うと残念である。三女のダンナは毎日娘(小一)を通学路の途中まで送っているので、そのジイサンを知っているそうだ。三女のダンナがそのジイサンに会いに行ったら、態度を急変させてビビっていたと言う。「今後自分の妻に近づかないでください」と言ったと言う。妻である私の娘をしっかりガードしてくれた。しっかり者のダンナに感謝し、また何よりも嬉しかった。娘や孫たちが事件事故に会わないように願う!!「アナタ(娘)の子育てもこの母の子育ても立派だよ。自信をもって!!」

 

故郷沖縄に咲いていた花を紹介しよう。 

ヒメノカリス
ヒメノカリス 

 

ハマユウ
ハマユウ(ハマオモト) 

 

ハイビスカス
ハイビスカス 

 

ハイビスカス
ハイビスカス



フウリンブッソウゲ
ハイビスカス(フウリンブッソウゲ) 






最終更新日  2016.07.09 03:27:02
2016.07.01
カテゴリ:沖縄に咲く花

母は誤嚥性肺炎で入院して、6月28日に退院した、その後は直接施設に戻り現在に至っている。施設では日中のほとんどが車椅子で過ごしている。昨日までは車いすに座りうつむいてばかりいた。食事も進まなくて拒否が強くなっていた。母はうつむいたまま「もう死ぬかもしれない」とか「もう生きる元気はない」と弱音を吐いていた。昨日は入れ歯を洗おうとしても口を中々開けてくれなくて、おまけに入れ歯で指を噛まれてしまった。

ところが今日は少し元気が回復していた。「下ばかり向いてないで顔をあげてください。周りがよく見えるでしょ」と言うと顔をあげてくれた。そして周りの少し若いオバサンたちが笑顔で話しかけて励ましてくれる。母がニコニコすると周りのオバサンたちが喜んでくれる。本当に喜んでくれるオバサンたちに救われる。何と心優しい方たちなんだろうと感謝の気持ちである。毎日が同じ事の繰り返しだが、ほんの一瞬一瞬が癒される。今日の夕飯は半分も食べてくれた。入れ歯もすんなり出してくれた。今日は「もう死ぬかもしれない」と言うような言葉は出なかった。家に帰りたいと言った。「ご飯食べて元気になったら家に帰れるよ」と言ったらニコッと笑った。退院して日に日に元気になることを期待しよう~っか。

 

海中展望塔
名護市にあるブセナ海中公園内の海中展望塔。 

 

稲刈り
もう一期作目の稲刈りが始まっている。話を聞いていないので、この稲作が一期作か二期作かは分からないが・・・。子どもの頃はほとんどが二期作だった。三期作の試験稲作も行われていたが。
稲刈り:

 

ノボタン
ノボタン

  

ヒギリ
ヒギリ

 

クワズイモ
クワズイモ 

 

クマタケラン
クマタケラン 






最終更新日  2016.07.01 23:38:29
2016.06.29
カテゴリ:沖縄に咲く花

母は施設に戻ったがあまり元気がない。今日の夕飯は2割ぐらいしか食べなかった。いつもの事だが騙し騙しおだてながら食べさせるのだが・・・、今日は拒否が強かったので仕方がない。ムラがある。誰だって私だって食べたくない時があるのだから無理はしなくても良いと考える。「どこか痛いの?」と聞くと「どこも痛くない。もうお腹がいっぱい」と。明日の朝はお腹が空けば自分から手を伸ばして食べるだろう。

「また明日ね」と手を振った後しばらく車の中でボーっとしていた。少し遠回りして帰ろう。普通に帰れば15分であるが、東海岸まわりで1時間以上はかかった。遠回りは何よりも気分転換になり、癒しタイムでもある。県道と言っても森の道である。キョロキョロはお得意で超気分転換になるのである。写真を見てd(^-^)ネ!

 

東海岸
東海岸、太平洋側。もっと南に行くと今話題の辺野古の海である。 

 

オキナワキョウチクトウ
オキナワキョウチクトウ

 

モミジヒルガオ
モミジヒルガオ 

 

アメリカハマグルマ
アメリカハマグルマ 






最終更新日  2016.06.29 22:46:09
2016.05.12
カテゴリ:沖縄に咲く花

今日は特別に予定はなし。なぜか気持ちがゆったりして穏やかな一日だった。ここ2~3年ご無沙汰していた比企ビデオクラブに参加した。気楽にと言うとお叱りが来るかもしれないが、比企ビデオクラブ主催ソラーナ映写会に出かけた。場所は社会福祉協議会の一階大広間。たくさんの仲間に会えると楽しみにして出かけたが・・・。会長、事務局長、他2名。社会福祉協議会の施設を利用している方たちがお客さんである。ず~っと座って見てくれていたお客さんに喜ばれるように、私も作品作りをしなくちゃと反省したり、自分に発破をかけたり。多趣味の私はサークル活動をどうすればいいか模索中である。始めたばかりの水彩画とビデオ作りに少し時間をかけてみようかな・・・。

突然私が来たと言うことで、予定外の私の作品『紅葉の会津磐梯山』を上映してくれた。(・・?))アレ((?・・)アレレ・・、仲間が作った作品を見るために来たのに、私の作品も・・・m(*- -*)mス・スイマセーン。久し振りに自分の作品を見た(^∇^)アハハハハ!。(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー

写真は故郷沖縄の実家に咲いている花たちだよ。見てd(^-^)ネ!

 

テッポウユリ
テッポウユリ 

 

コダチヤハズカズラ
コダチヤハズカズラ

  

サンダンカ
サンダンカ:沖縄の三大名花の一つ 

 

サクララン
サクララン

  

ゲットウ
ゲットウ:今では美容に健康に、花も葉も人気者である。葉には殺菌作用があると言われ、ゲットウの葉に包んだお餅や五目御飯などがる。良い香りがする。 

 

ゲットウの蕾
ゲットウの蕾:赤い縁取りの入った白い苞の中に蕾があり、やがて苞の先が開き、穂状に垂れ下がった花が咲く。とても興味深い花である。 






最終更新日  2016.05.12 23:18:09
2016.05.05
カテゴリ:沖縄に咲く花

今日は子どもの日。3連休の最後の日と言っても、明日の金曜日も休んで、8日(日曜日)まで休暇をもらって大型連休の方も多いのでは?中々観光客は減らない。今日も古宇利島辺りまで大渋滞だった。ヤンバルの田舎まで渋滞と言うことはなかったのに・・・。インターネットの普及は若者の間でスマホでも容易になっている。

今日は子どもの頃から仲良しの幼馴染の一番の友人と出かけた。ダムに泳ぐ鯉のぼりを見に行こうかと。鯉のぼりを見るのが目的だが、車の中でのお喋りが目的かもしれない~(^◇^)/ぎゃはは。今度は何処へ?右に行こうか?もっと北に向かおうか?本当にお喋りしたくてドライブしているようなもの(*´σー`)エヘヘ。そして東海岸から西海岸を横断、しばらく走っているとデイゴの花を見つけた。ここで写真タイムだよ。

デイゴは県花。復帰前の1965年頃に県民投票で県花に選ばれたと言う。子どもの頃は家の近場にもデイゴの木があったが、この頃は県花にしてはあまり見かけない。このデイゴの花に出会った時はとても嬉しくて、なかなかその場所から離れがたい思いである。今日もラッキーな事にデイゴの花に出会えた。デイゴの花がたくさん咲いた年は台風が多いと言われるそうだ。青空に咲く真っ赤な大きな花は、情熱的で沖縄にピッタリの花と言ってよいかなあ・・・。私の独断かもしれないが。

 

鯉のぼり
羽地ダムで泳ぐ鯉のぼり。健康で大きく育てと言う願いかな 

 

デイゴ1
デイゴ:マメ科、落葉高木。木は太く、横に枝を張る。根が強く横に伸びることから、庭木に不向きで、公園や街路に植えられて咲く。青空と真っ赤な大きな花は沖縄にふさわしい情熱的な花である。沖縄の県花であるが、沖縄三大名花としても知られている。ちなみに三大名花とはデイゴ、オオゴチョウ、サンダンカである。どちらをとっても燃えるような太陽を思わせるような情熱的な花である。私はそう思う。 

 

デイゴ2

 

デイゴ3 

 

デイゴ4






最終更新日  2016.05.05 23:23:59
2016.01.17
カテゴリ:沖縄に咲く花

午前中は青空が広がっていたが、次第に曇り空、ウォーキングに出かける頃にはポツリと落ちてくる気配がした。このくらいなら大丈夫と杖を2本持って、今流行りのウォーキング('-'*)フフ。若くありたければなお適度の運動を継続しなくちゃ・・・。年を取りたくなくても、誰でも年をとる。でも努力することで若々しさを保つことができる・・(-_-;)ホントカ・・・オイ・・。

故郷の同級生からメールが来た。今日はムーチの日であると。やっと冬らしく寒くなってきたと。ムーチ―ビーサがやってきたという。ムーチの日とは寒くなった頃、厳密には旧暦12月8日がムーチの日である。今日1月17日がムーチの日である。邪気を払うのと、子供や家族の健康を祈るためにムーチ(鬼餅)を作ってお供えする行事である。そのムーチは餅粉で作った餅(白、紅芋、黒糖の種類がある)を月桃の葉で包んで鍋で蒸す。月桃の葉はとても良い香りがある。また防菌作用や防カビ効果がある。月桃(ゲットウ)はどこにでも自生しているので、特に栽培することはないので便利である。

ムーチの現物がないので、故郷に咲く情熱的な花を見てd(^-^)ネ!

ハイビスカス1

  

ハイビスカス2 

 

ブーゲンベリア

  

バラ

 







最終更新日  2016.01.17 23:47:38
2015.08.07
カテゴリ:沖縄に咲く花

大粒の汗が全身からポタリポタリと滴り流れる。昨日から一泊で母を施設から自宅へ一泊させた。立つことも消極的、手で掴むことも消極的。一か月前までは立つことも掴むことも出来たが、あっという間に廃人同様になってしまった。乗用車から車椅子へ、車椅子から乗用車へ。車椅子からソファーへ、車椅子からトイレへ。健常者が95の高齢者の腕をつかむと皮膚が剥がれてしまうので、絶対に出来ない。なので前から、後ろから、抱きかかえるように移動させる。その時私は左右の指をしっかり組んで抱きかかえるんだ。ヨッコラショと車椅子に座らせる。この馬鹿力に我ながら感心した(-_-;)ホントカ・・・オイ・・・。今までこんな馬鹿力を出したことなどないのである。火事場の馬鹿力とも言うけど、まだ私には馬鹿力が出るのかなと、自分で自分に感心した。

今まで経験した事のない馬鹿力に感心したが、今まで経験した事のない大粒の汗が全身をびっしょりにした。母は無気力、時々恨めしくも思った。なんでこんな所に入れた(施設に)?家に連れて行って、と言うので、喜ばせようと思って、自宅一泊を願い出たのだが・・・、本当に疲れた。母を施設に連れて行って、やれやれと思った時は、もうなんだかポッカリ穴が開いたように静かだった。嵐の後の静けさは、あまりにも寂しいものだった。

 

雲海
今日の雲海はふわふわ、天然氷のかき氷を感じさせた。美味しそうなかき氷を想像しながら眺めていたよ。

  

ハイビスカス1
実家の生垣から覗いているハイビスカス。垂れ下がるように咲いている。

  

ハイビスカス2
母のいる施設の生垣から顔を出していたハイビスカス。複数のハイビスカスが肩寄せて咲いているような感じで咲いている。スクラム組んで逞しくも見えるd(^-^)ネ! 






最終更新日  2015.08.07 23:50:35
2015.04.25
カテゴリ:沖縄に咲く花

今日は一日中自宅で静かに過ごした。何もやる事が無さそうで有る。書類の整理と掃除洗濯。ヽ(^。^)ノアレアレー?洗剤を入れるのを忘れた!もう遅い!まあいっか。たいした汚れのあるものじゃないので水洗いで良しとしよう。すすぎの最後に香り付の柔軟剤を入れてオーケー。内心・・それってボケの始まりかなあ・・・。そしてベランダを掃除しているとホコリまみれになった老眼鏡が出てきた。またまたビックリ。無い無いと思っていたら、こんなところにいたの?信じられないと苦笑いしながらつぶやいていた(-_-;)ホントカ・・・オイ・・ホント。ジワリジワリとボケが侵入してきている。悩んでも仕方がないっ。笑ってケセラセラ・・・。

沖縄に咲いていた花たちを紹介しよう。 

イッペー
イッペー:ノウゼンカズラ科、落葉高木。別名をコガネノウゼンともキバナノウゼンともいう。ブラジルの国花のようだ。沖縄市にはイッペー通りがあるという。一度訪れてみたいね。うりずンの季節に咲くよ。 

 

コンロンカ
コンロンカ:アカネ科、常緑低木。花は小さな黄色の星形。白い大きな葉に似たものは萼片が大きく変化したもののようだ。 

 

ノアサガオ
ノアサガオ:ヒルガオ科、多年草。ノアサガオの白花と思いますが・・・。 

 

ナリヤラン 
ナリヤラン:ラン科、多年草。沖縄県八重山諸島に自生する。葉は線状披針形。名前の由来は西表島の内湾にある小島、内離島にあった成屋集落(現在は廃村)に由来すると言われている。遠目で見た姿はイネ科に見える。

 

リュウキュウバライチゴ
リュウキュウバライチゴ:バラ科、低木。海岸近くの明るい山野。別名をオオバライチゴともいう。甘くておいしい。 






最終更新日  2015.04.26 02:29:19
2015.04.17
カテゴリ:沖縄に咲く花

沖縄では今の季節をまさに『うりずん』という。3月の後半頃から梅雨入りまでの間かな。亜熱帯の沖縄は1年中、熱いとか蒸し蒸しとかジメジメという日が多いが、こんなに爽やかな季節があったんだと初めて気が付いた。そう言えば『うりずん』という季節があったなあ・・・。海からも爽やかな優しい風を感じる。植物だけじゃない!人の心も爽やかに生き生きと感じるのは私だけだろうか・・??

昨日三重県から帰省してきた幼馴染で同級生で大の仲良しの友人とドライブした。友人の父親が入院したので「もっと悪くなってから帰って来ても意味がないよ。後悔先に立たずで早く帰って来て」と促した。そして空港まで迎えに行って、その後看病の合間を息抜きにドライブに誘った。バラの花を見たいと言うので、プロゴルファー宮里藍ちゃんの故郷にあるバラ園を訪れた。なんとバラだけじゃなくてコスモス畑にも感動!私や友人にとっては季節外れのコスモスと思っても、沖縄にあっては今がコスモスに最適なシーズンなのかもね(⌒-⌒)ニコニコ...

夜は同級生5人とミニ同級生会。今朝起きると頭が痛かったよお・・・。久し振りの二日酔い。母がデイケアに行く日なのでボーっとしていられない。少し早起きして朝食を出して、薬を飲ませて着替えさせてデイケアセンターの方が迎えに来るのを待った。さて埼玉に戻る日も迫って来たのでのんびりしていられないのである。母の必需品で不足を買い揃えなくては・・・。二日酔いでも動かなくちゃ・・(^∇^)アハハハハ!

バラの写真を並べていると良い香りがパソコンの中よりフワーッと香ってくるような感じがしてる。 

コスモス畑

  

テッポウユリ

  

バラ1

  

バラ2 

 

バラ8

  

バラ3 

 

バラ4 

 

バラ5 

 

バラ6

  

バラ7 






最終更新日  2015.04.17 11:03:52
2015.04.15
カテゴリ:沖縄に咲く花

時々母は右脇腹が痛いと唸り声を発するので整形外科へ連れて行った。レントゲン結果は骨折はないという。時間の経過とともに徐々に治るでしょうと。それで安心安心。歩くことも食事も問題なし!ホッとして診察後にドライブ、外食、少し遠回りして帰って来た。車の少ない道路を運転しながらキョロキョロしていたら、なんとテッポウユリが咲いていた。少し走りだすとグラジオラスも咲いていた(⌒-⌒)ニコニコ...。とても懐かしい花である。庭に咲いている花たちよりも愛おしく感じる。子ども時代と言っても小学時代の事、テッポウユリやグラジオラスの季節には、野山を歩いて両腕にいっぱい抱えるぐらい摘んでいた。いい香りがしていたのも覚えている。摘んできた花はバケツに入れて眺めて満足。その花を部屋の真ん中に置いていた。まだ咲き始めたばかりのテッポウユリとグラジオラス。埼玉に帰る前に見ることが出来て嬉しいのである。

 

テッポウユリ1

  

テッポウユリ2 

 

テッポウユリ3 
テッポウユリ:ユリ科、多年草。 特に海岸付近の野に多く自生している。と言っても沖縄は島国で何処へ行っても海に面しているし、山と言っても低山だから、野山の区別は・・・??どちらにも咲いていると言ってよい。花には甘い芳香がある。小さな虫が花の周りをうろついている(^∇^)アハハハハ!

 

グラジオラス1

  

グラジオラス2
グラジオラス:アヤメ科、多年草。子どもの頃から沖縄では野原などに自生している。最近はだいぶ少なくなったように思う。開発などで野原が無くなっている。そう思いながら野原で見つけた時はなぜか感動する。このグラジオラスも子ども時代に両腕に抱きかかえるくらい摘んでいた。花が大好きだったのは子どもの頃から・・・。根こそぎではないよ。子ども心にも摘み方を知っていたのだである。太陽の燃えるような色が南国ぽくていいd(^-^)ネ! 






最終更新日  2015.04.16 00:35:46

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.