2272180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ジョニーのねこまみれ日記

PR

全411件 (411件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

子育て日記

2022.06.24
XML
カテゴリ:子育て日記
先日、娘から父の日のプレゼントということで靴下をもらった。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

それがこれ


娘いわく、ゾウリムシのデザインなんだそうな。

・・・・・・・・・・

ゾウリムシ???


ゾウリムシとはこれだ。
身近な池とかどこにでもいる水中微生物。
小学生の理科の観察の定番であろう。

この靴下のデザイン。
確かにゾウリムシだぁ。


なんか、ワクワクするよね。ゾウリムシの靴下なんて・・・・
(^^;)

娘よありがとう! 感謝感激。
\(^o^)/



ちなみに、後で調べてみたらこれは「ペイズリー柄」といわれる一般的なデザインらしい。
おそらく、この靴下をそのままプレゼントされていたら
うれしいけれどそれ以上の感動はなかったと思う。



だが、実際は
「お父さんの好きそうなゾウリムシの靴下を選んだ」と、言われ

「ゾウリムシの靴下なんてあるんだ、どれどれ、あ、ほんまぁ!」
「なんじゃこれ、感動!!!」

と、いう事になっていた。



同じ物をプレゼントするにしても
演出の仕方によって相手を感動させられるという技を
娘はすでに習得しているようだ。


それはすなわち、同じものを売ってもライバルよりも優位に立てるし
高い価格で販売が可能という事だ。

ちなみに娘はクリエイターとして、自分で商品を開発するスキルも身に着けている。

なんかもう、娘は一人でやっていけるような気がしてきた。
(^^;)



・・・・・・・・・・



話の流れで水中微生物の話になるが
ボルボックスという微生物がいる。


この生物は丸い球体をしているのだが、生まれた時から体内に子供の球体を宿している。
そして、子供が育つと親の球体を破って独り立ちするのだ。
つまり

子供の誕生=親の死 なのだが

親は死んで子供が生まれても子供は親の分身。しかもDNAはまったく同じ。
この場合死んだと言えるのか?
分裂して若返ったと言っても間違いじゃない。
ゾウリムシの場合は有性生殖と無性生殖をどっちも行うのでさらに話が難しくなる。

マスター・ヨーダも言っていたが
生きると死ぬは同じ事。

どこにでいる微生物ではあるが、ゾウリムシやボルボックスを見るたびに哲学的な思いに耽る。
っていうか、微生物自体に哲学を感じるよね。
娘はそこまで見抜いていたのか?
娘よ、今度靴下をくれる時はボルボックス柄にしてくれ(笑)
(^^;)






最終更新日  2022.06.24 11:39:52
コメント(0) | コメントを書く


2022.06.17
カテゴリ:子育て日記
先日、しんのすけの学校のスポーツフェスティバルに行ってきた。

スポーツフェスティバルとはなんじゃい?
と、思うが、要するに規模を縮小した運動会だった。

コロナ禍の影響で運動会は2年連続中止
3年目の今年は規模を縮小して開催する事になったらしい。
家族の参加は各家庭1名のみ、事前登録制。
保護者用のテントはなし、競技内容も大幅削減。

まぁ、見るからに無残な開催となったのであるが一応行ってきた。
( ;^^)ヘ..


短距離走。今年のしんのすけはちょっと違っていた。
スタート前からライバルを気にするしんのすけ。


スタートするないなや今まで見たことないような全力疾走!
ライバルとデッドヒートを繰り広げます。


ゴール直前でライバルは失速。
しんのすけが打ち勝ちました。
こんなしんのすけ、初めてみた。

すげぇ!!! (^◇^;)




その後も、競技や踊りでパワフルさを見せつけてくれました。

最近、ちょっと太り気味のしんのすけ。
でも、お風呂とかで見たら太ももとか肩の筋肉がスゴイ。
昔で言う「千代の富士」的な体格。

いやぁ、育ったなぁ・・・・・

と、しみじみしたワタシであった。
(;・∀・)






最終更新日  2022.06.17 11:46:59
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.19
カテゴリ:子育て日記
ある日の事・・・・・・

冷蔵庫に入れておいた温泉たまごを食べようとしたら
こんな事になってました。(笑)


娘の仕業なのは間違いない。
( ;^^)ヘ..


なかなか細かいディテールまでこだわっている。(笑)


しかしぃ・・・・
眺めていてもしょうがない。
食う事にした。

すると・・・・こんな事になった。


ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

いや、何? 怖い。


この後、中身を小皿に移し替えたのだが
ホラー映画さながらのグロい事になってしまいました。
(゜ロ゜)ギョェ

あんまりグロいので画像はお見せできません。
悪しからず・・・・・


ヤレヤレ ┐(´-`)┌ マイッタネ






最終更新日  2022.05.19 09:57:31
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.04
カテゴリ:子育て日記
日曜日は八幡浜市の市民スポーツパークへお花見に行ってきました。


我が家からさして近くないこの場所にお花見に行ったのには理由があります。

12年前、NPO法人「八幡浜げんきプロジェクト」の活動として
市民に桜の木のオーナーになってもらって植樹して
サクラの名所をつくって地元を活性化しようというプランがあり
その時に応募して植樹したのでした。

↓過去記事もご覧下さい。
https://plaza.rakuten.co.jp/saisuke/diary/201003150000/

その後、引っ越した事もあり、桜の季節にこの地を訪れる機会もなく
あっという間に12年が経ったのでした。


ところが、先日
娘の「あの桜どうなった?」の一言により思い出し
さっそくお花見にでかけたという訳です。



久しぶりの市民スポーツパーク
桜満開で絶好の季節です。

・・・・・・・・・・・・・・

ところが・・・・・

(?_?)

(・_・?)




何かおかしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

12年ぶりなので確証はないのですが、何か変です。




12年前の植樹の際は確か100人のオーナーが植樹をして
100本の桜が植えられたはずですが・・・・・
その割には桜の木が少ないのです。
心なしか、地形も違うような気も・・・・・

(・_・?)


ワタシの記憶なんで当てにならないとは思いつつも
植樹したと思しき場所に行ってみました。
周辺には少ないながらも桜の木が林立しています。
幹は直径30cmほどの大木に成長しています。


12年前に植樹した時は、名前を印刷したアクリル製のプレートを
ステンレス針金で固定していたのですが、大半の桜の木のプレートはなくなっており
なかなか判別がつきません。
( ;^^)ヘ..


当時、多くの方が多くの桜の木を植えたはずですが
そこには桜の木はなく菜の花が生い茂っています。
おまけに、記憶とは違う地形、こんな急傾斜ではなく、もっとなだらな地形だった気がするのですが・・・・・

つまり、12年の間に何かしらの自然災害により土砂崩れがおきて
桜の苗木もろとも流されてしまったのだろうか?
そう考えると辻褄があいます。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


今の世の中、先の事なんてまったくわからない。
デジタルデータなんて一瞬で消えるし
紙に残した物も意外と残らない。お金や土地もしかり・・・・
でも、木なら・・・桜の木ならずっと残ってくれるような気がする

そんな思いもあって、桜の木を植えたのですが
地面もろとも流されてしまうとは・・・・・・

Σ(゚д゚lll)ガーン

諸行無常とはこの事ですかねぇ。
(;´д`)トホホ…



とりあえず、植えたと思しき場所の近くでお弁当を食べる事に
食べながら昔の事を考えてみた。
場所はここで間違いない。
本来ならこの場所に桜の木があるはずなのだが・・・・・

で、よく見たらその場所に桜の木があるではないか?
あれ???

他の桜の木は大木に成長しているのだが
その場所には明らかに成長不良の小さな桜の木があった。
幹の直径は10cmほどしかない。


植樹したのと同じシダレザクラだ。

横にはやはり植樹した時と同じ八重桜がある。
こちらも周辺の桜に比べて成長不良でとても小さい。


12年前に植樹した時は桜の苗木を選ぶ事ができて
多くの方がソメイヨシノのような品種を選ぶ中で
ワタシはシダレザクラとヤエサクラを選んだのだ。
そして、左にシダレザクラ、右にヤエサクラを植えた。
植樹した場所も位置も品種も完全に一致した。


まちがいない!
あった!
生き残ってた!


ヾ(@⌒▽⌒@)ノ


あまりに木が小さいので視野に入ってなかったのである。
下手すると菜の花に埋まる程・・・・
地形のせいか、この場所だけ日当たりが悪いのかもしれない。

記憶では横方向にも多くの方が植樹されてはずだが
この位置の横方向に残っているのはこの2本の桜のみ。
つまり、ほとんどの桜の木がなくなってる。
なのに、この2本だけは生き残っていたのである。
これを奇跡と言わずしてなんと言おうか!


12年前はこんなんだったしんのすけ。


12年後はこうなりました。



奇跡的に残っていた我が家の桜。
ワタシの寿命はあと20年もないと思うので
ワタシがこの世からいなくなっても桜の木は残ってて欲しいな。
いっそのこと、ワタシの亡骸は桜の木の下の埋めてもらえば
めんどくさいお墓の管理なども不要になると思うし、
墓参りとお花見が一度で済むので便利だと思うのだけど・・・・・
どうでしょうかねぇ・・・・・
( ;^^)ヘ..






最終更新日  2022.04.04 10:50:04
コメント(0) | コメントを書く
2022.04.02
カテゴリ:子育て日記
昨日は娘の入社式でした。
某大手企業のグループ会社にデザイナーとしての就職です。

うれしいような、寂しいような・・・・・
この前生まれたような気がしたのですが
月日が経つのは早いものです。
(^^;)

入社にあたって名刺入れが必要で、娘は自分で買いに行ったのですが
お店に種類が多くて迷ったあげく安い合皮製の物を買ったようです。

娘いわく・・・・・・
「本皮のもあったけど、それは社長になった時にする」

・・・・・・との事。



何を企んでる、娘・・・・・・(笑)

育て方を間違ったか?
いや、合ってる?
(爆)






最終更新日  2022.04.02 09:59:10
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.15
カテゴリ:子育て日記
昨日は泣く子も黙る2月14日。
バレンタインデーです。

で、娘にチョコをもらいました。
\(^o^)/

これです。


TUWAMONO(強者)

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

なんかすごくね。
よく見たら織田信長の兜のイラスト・・・・・・

中身はこんなんです。


なんやらたくさんのチョコが入っている
詳細な説明書が付いていた。

説明書によると
右上から
【たまり醤油】
名馬コレクターの信長の愛馬のイメージ
ゆかりの地、愛知のたまり醤油を使用。

右中【抹茶】
信長の愛した茶の湯にちなんだ抹茶チョコ。

右下【唐辛子】
明智光秀による本能寺の変をイメージ。
炎を連想させる唐辛子を使用。

中上【スイートガナッシュ】
信長の珍重した南蛮菓子の金平糖をガナッシュにあしらった一品。

中中【和栗】
中央は信長の兜をシルエットにイメージ。
勝栗にもちなんでいる。

中下【八丁味噌】
長篠の戦い等で信長の使用した火縄銃の黒色火薬をイメージ。
信長ゆかりの愛知で親しまれる八丁味噌を使用。

左上【柿】
干し柿が好物であったと言われる元祖スイーツ男子の信長の逸話からイメージ。

左中【ポートワイン】
信長が日本人で初めて飲んだと言われるポートワインを使った
鮮やかなチョコ。

左下【たまり醤油】
右上と同じ。


・・・・・・・・・・・・

と、いうふうに説明文を読むだけでにやけてしまうチョコでありました。
そのまま食ったらもったいないので
夜にレコードを聞きながらウイスキー片手に食べてみよう。
(#^_^#)


ちなみにこの戦国武将チョコ
他にも多くのシリーズがあって圧倒されます。
ご興味ある方は検索してみて下さい。

それにしても、娘
昨年のガンダムのシャアチョコに続いて
今年の織田信長チョコ・・・・・
なかなか絶妙なところを突いてくるな。
(^◇^;)






最終更新日  2022.02.15 16:38:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.24
カテゴリ:子育て日記
今日は12月24日・・・・クリスマス・イブです。

いやぁ、ほんと1年は早いですねぇ。もう2021年も終わりです。
って、21世紀になって20年も経っているのか?
そっちの方がびっくりした。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!



さて、クリスマスといえば、サンタクロース。
そういえば、娘が友人とサンタクロースに関する会話をしたそうです。
その友人は世間一般の平均的な人よりもサンタクロースの存在を信じている人だったそうで
サンタクロースが実在しない事を知った時には本気で号泣したそうな。
その時に娘は適切な言葉が見つからなかったらしいのです。

しかしぃ・・・・・
ワタシならこう言います。

サンタさんはいます。
断言します。


でも、サンタさんは見えません。
それは、サンタは「いる」んじゃなくて「ある」からなのです。

何言ってるかわからない???
では、やさしく説明しましょう。

サンタさんが「いる」と表現するのは
サンタが人間、あるいはそれに類する「生物のような存在」と勘違いしているのです。

本当のサンタさんは「ある」のです。
サンタは生物ではなく「概念」なのです。
正確に言うと、サンタという概念があるという意味なのです。



世間一般の生物としてのサンタがいるとすれば多くの矛盾が引き起こされます。

どうやって、一夜にして世界中の子供達にプレゼントを配るのか?
配達要員は何人必要なのか?
どんな運搬車両でどんな速度で移動するのか?
そのプレゼントを用意する莫大な費用はどこから出ているのか?
どうやって子供の欲しがるプレゼントをリサーチしているのか?
現代のセキュリティーのしっかりしている家屋にどうやって侵入しているのか?
そもそも誰も見たことがない。写真に撮られた事もない。


多くの絵本作家がこの謎に挑戦しています。
ワタシも多くの絵本を読んでみましたが、納得できる説明には出会っていません。
( ;^^)ヘ..


・・・・・・・・・・・

つまり、前提条件が間違っているのです。
生物としてのサンタはいないのです。


・・・・・・・・・・・・・・


話は変わりますが、ハリガネムシというのをご存知でしょうか?
カマキリに寄生する寄生虫です。
この寄生虫は水中で生まれて、その後カマキリに寄生し、最後は水中で産卵します。
つまり、どこかのタイミングでカマキリを水中に没す必要があります。
ただ、カマキリは水中に没すと死んでしまうので、基本水辺を嫌がります。
なのでハリガネムシは特殊なタンパクを出してカマキリの脳を操ります。
ハリガネムシに寄生されたカマキリは操られて水に飛び込むのです。
実は、こういう風に宿主を操る寄生虫は多く存在しています。


つまりそういう事です。
サンタは生物ではなく概念であり
その概念に操られた人間は子供たちにサンタのように振る舞うのです。

サンタが寄生虫でもウイルスでもなく概念なのは
サンタの事を知らない人はサンタの振る舞いをしないからです。

これで全ての謎が解けました。
サンタはあるのです。



・・・・・・・・・・・・・

ってな、訳で前置きが長くなりました。
(前置きかい!)


今年のしんのすけのクリスマスプレゼントはこれ


ニンテンドーswitchのゲームソフト
信長の野望

最近、戦国武将にハマっているしんのすけ
武将の名前はもちろん、武将の父や子の名前、側室の名前や
城の名前はもちろん、辞世の句や名言まで暗記しているという
戦国オタクと化しております。
何なんだ、この記憶力は???


ワタシも戦国物は好きなのであるが知識量でまったくついていけず
話を合わせるのが精一杯です。
(;´д`)トホホ


で、しんのすけが欲しがっているゲームソフトをプレゼントしたいのであるが
なんせ高いのだ。
いちまんえん以上する。
Σ(゚д゚lll)ガーン

いや、ちょっと、いちまんえんは辛い・・・・・・・・


でも、そこは策略家のワタシ
実はプレゼントに関するリサーチは夏頃から開始していたのだ。
すると、今年の10月頃にダウンロード版のみだが
半額セールがあり、飛びついたのは言うまでもない。

ただ、ダウンロード版だとパッケージがないので、プレゼント感がない。
なので、上記のプレゼント画像はワタシがパソコンで無理やり作ったパッケージであった。
中身がないのもどうかと思って「引換券」を入れてある。

やれやれこれでなんとかクリスマスを迎える事ができそうです。

それでは皆さん、

メリークリスマス!

ヾ(@⌒▽⌒@)ノ






最終更新日  2021.12.24 10:15:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.18
カテゴリ:子育て日記
土曜日は久しぶりに砥部動物園に行ってきました。
と、言っても普通の動物園ではありません。
夜の動物園です。



これはドリームナイト・アット・ザ・ズーと呼ばれていて
1996年にオランダのロッテルダム動物園が癌を患った子どもたちとその家族を招待した事からはじまり
今では世界的な広がりをみせているイベントです。

動物園って基本的に夜はやってないですよね。
でも、夜になると活発になる動物も多いし夜でないと見られない生態もあります。
なかなかに興味あるイベントなのでした。



入園してすぐに日が暮れて動物園は闇に包まれます。

昼間では見られない幻想的な光景です。


写真ではカメラの自動補正が入っているので明るそうな気がしますが
実際はかなりの闇です。
(動物を驚かせるのでカメラのフラッシュは禁止です。)


真夜中の動物園という歌があります。
(中島みゆきさんじゃなくて、宮川彬良さんの方です)

暗くて何にも見えないが、何か動いている、何か声がする
唸り声、目が光る、なんだろうまた吠えた。

なーんて、歌詞がもうドぴったりなのです。

昼間の動物園はだらだらしている動物を安全な場所から眺めるという感じですが
夜の動物園は暗くてよく見えません。しかし、どこからともなく
大声で吠える声が聞こえたり突然視界に現れたりします。
動きも昼間より俊敏な動物も多いです。
なんというか、動物に対して本能的に命の危険を感じるような感じでしょうか?

真っ暗な水中から突然浮上するようなカバ
暗闇で雄叫びをあげるトラ
突然舞い上がる大鷲。
動物の姿は見にくいのですが、逆に動物の存在をまざまざと感じるのです。

もし、山中で1人でテントでキャンプしている時に
あのトラの雄叫びを聞いたら死を覚悟して遺書でも書くかもしれません。
(^^;)


昼間活動的な動物、猿なんかは
夜はおやすみのようで、ほとんど動きませんね。
もう勘弁してくれよぉ・・・・なんて顔でこちらを見てました。(笑)

ってな、感じでなかなかにエキサイティングなイベントでした。
関係者の皆様、大変貴重な体験をありがとうございました。
また、機会があれば参加したいと思います。







最終更新日  2021.10.18 15:56:56
コメント(0) | コメントを書く
2021.07.27
カテゴリ:子育て日記
土日は東温市の滑川野外活動研修施設「なめがわ清流の森」にキャンプに行ってきました。
ここは、東温市の旧滑川小学校跡地を改装した比較的新しい施設で
豊かな自然と水道やトイレの便利装備が完備された抜群に良い環境です。

ワタシが個人的に一人でキャンプに行くならこういう整いすぎ(笑)のキャンプ場は避けるのですが
家族も一緒だとそうはいかなくて、今回は無難な路線でのキャンプです。

・・・・・・・

とは言え、家族でキャンプをするとしたらそれなりに多くの装備が必要となります。
我が家の軽自動車では4人乗るとほぼ荷物は積めません。
今回は3人のキャンプなので、座席を倒してそのスペースに厳選したキャンプ用品を
積む事にしました。

テント、寝袋、調理・照明火器、食料・食器・飲料水
そしてテーブル。

テーブルは装備から外したかったのですが、キャンプ場のテーブルが使えない時は
悲惨な事になりそうなので無理を承知で装備に加えました。


・・・・・・・・・・・・・


で、キャンプ場に着いたらびっくり。
見たことないくらい人人人・・・・・

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

穴場的なキャンプ場ですが、やっぱり夏休みなんでめちゃ混んでます。
キャンプ場設置のテーブルはすでに占拠されていました。
テーブルを持ってきて大正解です。


とりあえず、テント設営します。


もう30年以上使っているテントです。
片方はゴアテックスの山岳テントすでに廃盤。
なのですが最近、テントにゴアテックスが使えないらしく、この古いテントは
かなりの高値で取引されているとか・・・・・

もう一つのテントも古いものですが
最近のアニメで登場人物が使っているとかで
こちらも高値で取引されているらしい・・・・・
もう何がなんやらですわ。


夕食はバーベキュー。

お気に入りの缶ストーブに炭を入れて使います。
炭火で焼いた焼き肉は最高です。
ワタシは普段はビールはあまり飲まないのですが、
こういう時はビールに限りますね。
(´∀`*)ウフフ

夜になるとお約束の花火。

しんのすけがエキサイトしまくっていました。
(^◇^;)


今回は装備を減らしたかったので寝袋はやめて
毛布だけにしようかと思ったのですが、冒険はやめて寝袋を持ってきて大正解。
渓谷のキャンプ場は思わぬほど冷え込んでむしろ寒いくらいでしたね。


翌日はキャンプ場の横の滑川で水遊び。
透き通った清流ですがめちゃくちゃ冷たく。
ワタシは浸かれませんでした。
子どもたちは平気で遊んでます。子供ってスゴイ。
(^◇^;)


虫刺されスプレーと大量の蚊取り線香を持ってきていたのですが
蚊はほとんどいなくてまったく刺されませんでした。
ただ、蟻はたくさんいましたけど

・・・・・・・・・・・

ってな訳で、全てのスケジュールをつつがなくこなして無事撤収。
気持ちよくキャンプ終了です。

久しぶりのキャンプだったので、準備に悩んだのですが
装備を削りすぎなかったのが功を奏しました。
大きな車を持っていたら、あれやこれや持ち込んで
結局疲れただけというキャンプになりがちで
ワタシ的にはキャンプはいかに荷物を減らすか?
が、テーマなのですが、そう意味では今回のキャンプは成功です。

またキャンプに行きたいな。
(^◇^;)






最終更新日  2021.07.27 12:57:41
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.23
カテゴリ:子育て日記
愛媛県では、みんなの愛顔が愛媛を元気をする。
と、いうスローガンで、
毎年、愛顔の写真コンテストを行っています。



「愛顔(えがお)あふれる感動の写真」
例えば…子育てなど、家族や身近な人々との触れ合いの中で生まれた愛顔、運動会などの学校イベントや部活動で見つけた愛顔、ペットや動物が見せる愛嬌たっぷりの愛顔など、
「愛顔」の写真を募集しています。

詳しくは、下記リンクをご覧下さい。
https://egao-ehime.jp/






最終更新日  2021.06.23 09:59:51
コメント(0) | コメントを書く

全411件 (411件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >


© Rakuten Group, Inc.