2016.11.02

破れた封筒が売れた話

カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、思い立って部屋の掃除のついでに
不要品をオークションに大量出品しました。

出品した物の中には
こんな物売れるわけないだろう!
と、思うのも多々あります。(笑)


そして、先日の事、とんでもない物が売れました。

それは、破れた封筒。

※画像はイメージです。

大昔に(30年前くらい?)に利用した通販ショップの封筒で
封筒には通販ショップのロゴとオリジナルイラストが印刷されていました。
そのお店は現在はすでにないのですが、そのお店に関わった人々は
違う方面で活躍されています。

な~つかしいなぁ・・・・・・・

なんとなく捨てるのは惜しくなってそのままオークションに出品してしまいました。


・・・・・

すると、後日

売れました。

ついでに封筒の中から発見された包装紙でつくった紙袋も売れました。


封筒 500円
紙袋 500円
合計 1000円です。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


こんな物買う奴いるのか???

自分で売っときながらなんですが、
呆れ返るとはこの事です。


世の中の大半の商人は売れる物を探しています。
売れる物さえ手に入れば売上が上がると思っています。
それはそれで正解なのですが、
実はそれを目指しても儲かりません。

売れる物は簡単に手に入らないし
同じ物を売ってる商人がたくさんいるからです。
なので、多くの商人は売れない理由を不況のせいにします。
私も商人の端くれなので気持ちは痛いほどわかります。

でも・・・・・・・

世の中には破れた封筒を買う人がいるのです。
これはどう説明すればいいのでしょうか?


つまり、お客が物を欲しがる理由は多々あって
お客は、売り手の想像を絶する理由で物を欲しがる

と、いう事でしょう。


商人は長い間に思考が固まってしまって
売れる・売れないを自分の判断でしてしまいがちですが
その時点でお客さんの思考から離れているという事です。

怖いですねぇ・・・・恐ろしいですねぇ・・・・・・

案外、不況の原因はこんなところにあるのかもしれません。


逆に言うと、お客の側に立てれれば
一人勝ちも夢ではないという事ですな。


(・´з`・)






TWITTER

最終更新日  2016.11.02 18:36:54
コメント(0) | コメントを書く