2019.04.26

久しぶりの大学病院

カテゴリ:子育て日記
月曜日から咳の出始めたしんのすけ
火曜日に病院に行くも大した事もなく咳止めを処方してもらった。

・・・・・・・

ところが、水曜の夜になって急激に悪化。
熱は39度近く出て、咳は酷く血を吐くのではないかというほど
それでも普通の子供ならそれほど心配する事はないかもしれないが
しんのすけは生まれつき免疫が弱く
今までの経験上、このように急激に悪くなった時は
肺炎→即入院 のパターンだ。

かかりつけの病院に電話するも夜間なので出ず
仕方なく大学病院に電話してみた。
しんのすけはこの大学病院に何度も入院しておりカルテもある。
すぐに診てくれるという事なので大学病院の救急受付に行ってみた。

昔ならこのまま入院というパターンだったのだが
大きくなったしんのすけは入院は免れ薬をもらって無事帰宅。

もらった薬は
メプチンとインタール。

ネブライザーという機械で薬を吸引させる。画像は現行品だがうちにあるのはもっと旧型。
この機械は当時は市販されてなく、大学病院に仲介してもらって購入。
今ではAmazonで普通に買えるらしい。便利になった。

薬を吸入したおかげで咳もおさまりなんとか安心。
翌日、かかりつけの病院にオゼックスを処方してもらう。
オゼックスは最強の抗生剤で気軽に使うのは厳禁だが、しんのすけの場合は
この薬に何度も救われている。この薬がなかったら正直どうなってたかわからない。

本日木曜日。
まだ多少熱はあるがかなり元気になって
Youtubeを見たり携帯ゲームをやったりしている。

それにしてもしんのすけ
年末年始とか、ゴールデンウィークとか、医療機関が長期に休む時期に
入院レベルに体調を崩す事が多かったのだが
今回もこのジンクス通りの展開に・・・・・
ただ、ゴールデンウィーク突入一週間ズレていたのでなんとか助かったというべきか・・・・・

┐(´∀`)┌ヤレヤレ とりあえず、一安心。





TWITTER

最終更新日  2019.04.26 12:13:35
コメント(0) | コメントを書く