2021.07.03

いじめの本質は娯楽である その2

カテゴリ:日記
さて、ワタシが職場でいじめられた体験談です。(笑)

繰り返しになりますが、いじめとは
「他人の痛みがわからない人が行う娯楽である」

ですので、いじめをする人は
他人の痛みがわからない人間のクズです。


ワタシの基本スタンスとしては、
他人に害をなす人間のクズには何をやっても良い
と思っています。
その人間のクズが職場を追われて経済的に露頭に迷っても
精神が崩壊しても意に介さない事にしています。
ただし、ワタシ自身が攻撃された時に限ります。
他人がいじめを受けていてもワタシは介入しません。
ワタシは正義マンではありません。
いじめは受けた者が対処するしかないのです。
それが現実です。



さて、とある職場でワタシがアルバイトをしている時の話です。
その職場は常に百人位働いているような大きな職場で
大まかに女性は力はいらないが細かい仕事
男性は力仕事という感じでした。
なので同じフロアでも女性の部門と男性の部門は別れていました。

ワタシがその職場に入った時に先輩男性の方に
「タチの悪いおばちゃんが居るから気をつけるように」
と、忠告をもらっていたのですが、基本女性の部門には行かないので
あまり関係ない話でした。

ところが、仕事に慣れてきた頃に、その女性の部門に行く仕事が増えたのです。
それから来ましたね! 執拗ないじめが・・・・・・

とある、おばちゃん(以下Aさん)が絡んできたのです。
ワタシがそのAさんに近づくと、どうでも良いささいな事で恫喝してくるのです。
そのうちに、そのAさんに近づくと、「邪魔だ!」とか「どけ!」とか
罵声を浴びせてきます。

いやぁ、びっくりしましたねぇ。
男とか女とか年齢とか関係ないんだ。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

ワタシの感覚だと、仮に(やらないけど仮にです)誰かに喧嘩をふっかけようと思ったら
まず、相手を見て勝てそうか考えます。
最低でも体格を見て殴り合いに勝てる見込みが少なければ喧嘩を売らないと思います。

ワタシに絡んできたAさんはその職場では大御所のようですが所詮おばちゃんです。
男が本気で怒ったら到底勝ち目はないでしょう。
なのに、男であるワタシに堂々といじめを敢行してくるのです。

要するに、長年その職場でいじめを繰り返してきたので
自分が一番偉いと思っているのでしょう。
おそらく反撃された事が一度もないのでしょう。
感覚が麻痺しているのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、それからワタシの反撃が始まりました。

ある日の事、大人しく黙々と仕事をしているワタシにAさんが罵声を浴びせてきました。
ワタシは

待ってました!
と、ばかりに会社中に響き渡る大声でそのAさんを怒鳴りつけたのです。

もちろん、会社のラインは止まって大騒ぎとなりました。
Aさんは呆然としてもちろん反撃してきません。

ワタシは上司に呼びつけられました。
「ラインを止めて会社に迷惑をかけて申し訳ありませんでした。」と一応謝り
「Aさんが嫌がらせをしていたので注意しただけです!」と、理由を説明。

上司は内心わかっているので
「あまり騒ぎを起こさんでくれ!」と言われただけで、あとは無罪放免でしたね。
(^◇^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それ以来、どうなったか?
Aさんの嫌がらせ(いじめ)がピタッとなくなったのです。
気持ち悪いほど、ピタッとなくなりました。
むしろワタシを避けるようになったのです。(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


別な話になりますが、実はその会社に居るタチの悪いおばちゃんはAさんだけではないのです。
ざっくり3人(ほんとはもっといるかも)
仮に、Aさん、Bさん、Cさんにしておきましょう。

会社が広いので、Aさんが大人しくなっても平和は訪れませんでした。(笑)
Bさんも嫌がらせをしてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・

あとは、同じですね。
Bさんが嫌がらせをしてきたタイミングで
火山が爆発するかのように激昂して大声で怒鳴りつけてやりました。
2回めなんで、下手すると首になるかな?
(ワタシの場合は本業とは別に趣味でアルバイトやっているので
首になっても痛くも痒くもありませんが・・・)
とか、思っていたのですが、普段の仕事が真面目なのか(笑)
この時も無罪放免です。


さて、その後、Bさんはどうなったか?
借りてきた猫のように大人しくなりました。


Cさんはどうか?
はなっから嫌がらせをしてきません。
多くの職場の他の女性はワタシがいじめを受けようが見て見ぬふりをしますが
実は見てます。
また、ワタシが反撃して大声で怒鳴っても見て見ぬふりをします。
でも、本人のいない時に食堂とか休憩所で話を拡散するようです。
どうやら、ワタシがAさん、Bさんに反撃した事は女性の間で拡散されているようで
それを聞いたCさんは大人しくなったようです。

おそらく職場の多くの女性からはワタシは
「突然ブチ切れて大声で怒鳴りだす基地外おじさん」と見られているかもしれません。
まぁ、いいですけど。(笑)



○まとめると
 いじめをしてくる人間は、反撃してこない人にいじめを繰り返す。
 最初は些細な事から始まって徐々にエスカレートしてきます。

○対処方は
 いじめをしてくる人間に
 「ワタシは反撃するよ!」という事をわからせる。

○注意点としては、
 あくまで冷静に。
 激昂して大声を上げるのではなく、計算して戦略的に大声を上げます。
 暴力はダメ、手を出した時点でこちらの負けとなります。
 手頃な安価な物を相手に当たらないように投げつけるのは可です。
 当たると怪我をするような物(椅子とか)を振りかざして投げつけるフリをするもアリ。

ワタシの経験では会社で騒ぎを起こしても2回なら首になりません。
3回目はありません。いじめがピタッとなくるからです。


余談ですが、それからどうなったか?
実は、職場の女性に好かれるようになったのです(笑)
とか言ってもおばちゃんですが。
(^◇^;)

ワタシが出社すると、挨拶してくれるようになったり
気軽に話しかけてくる女性が増えました。

おそらく、職場の多くの女性もいじめを受けていたのでしょう。
ワタシがAさん、Bさんに反撃した事でスカッとしたのかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、ワタシは上記とは別な職場でもいじめを受けて、別な方法で撃退した事があります。
長くなったので、続く・・・・・





TWITTER

最終更新日  2021.07.03 16:00:07
コメント(0) | コメントを書く