000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

二級建築士 設計製図試験への最端製図.com

PR

サイド自由欄

​​学科クラブ/学科試験に挑戦する人を応援するサイト
無題.jpg

【最端製図】建築士試験サポートサイト


最端製図提携企業 SAT株式会社資格講座

カテゴリ

コメント新着

saitanseizu@ Re[1]:にゃんこ(06/16) soraさんへ ありがとうございます。 会場…
sora@ Re:にゃんこ(06/16) にゃんとも!素晴らしい! 先生も、たま…
saitanseizu@ Re[1]:乃が美とに志かわ(04/16) ちょうさんへ コメントありがとうございま…
ちょう@ Re:乃が美とに志かわ(04/16) 本日、二級建築士の受験申込をしてきまし…
神無 修二@ Re[1]:1500(04/06) rie_eさんへ コメントありがとうございま…
rie_e@ Re:1500(04/06) ㊗️1500記事ですね 毎日、楽しみに拝読さ…
神無 修二@ Re[1]:一級の学科サポート(02/20) hanyaさんへ よろしくです!

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全1529件 (1529件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ニ級建築士 製図試験

2019/06/20
XML
​​実際にある設計事務所やオフィスの
家具のレイアウト図を描いてみる。

実務では、図に描いたものを作るということを行ないますが
反対に、できているものを図にする作業は勉強になります。
この試験勉強に限らず。。。


例えば、机と後ろの壁の距離
何センチが適当で、何センチだと狭く感じるのか

実際に測ったり図に描いてみると
何センチと答えることができるようになります。


1人当たりの室面積は、何m2が適切で、何m2だと狭く感じるのか
学科のテキストに書いてあった数字はどうなのか。


実物を肌で感じてみるのは
スケール感を養うのにとてもいい方法なのです。スマイル






kanna 足跡






最終更新日  2019/06/20 08:51:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/19
リスクを想定し回避することは大事なことですが、
この試験対策においては、一概にそうとは言えない部分があります。

その理由として
どのようなリスクがあるのかを想定するのが難しい。


犯しそうなミスはたくさんあります。
想像できないような失敗もあるでしょう。
それら全てに対して、前もって対策を打つのは難しいと思います。

ではどうするか

まずは基本を知ること。

次にやってみること。

やってみると、いろいろと問題がやってきます。
それらを1つ1つやっつけていけばいいです。

そんな経験を積むことによって、ミスは減っていきます。




やってみること。

これ、大事ですよ。





kanna 足跡






最終更新日  2019/06/19 09:11:43 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/18
ちょっと厄介な要求図書です。

最後に書く人が多いかもしれませんが
最後時間がなくなった時に、書くことが思い浮かばない。
もしくは、書くことは決まっているけど、あと数分で制限時間。

これは、なかなかの緊急事態です。


これを避けるためにはどうするか

考えると、それほど難しいことではないと思います。

むしろ、その考えたことを実行できるかどうか
この方が難しいかもしれません。

では、実行するにはどうするか、

考えてみてください。

これも自分なりに答えは見つかりそうですね。



リスクを想定して
予防策を考える
それを実行する。


やっている人はやっていますよね。





kanna 足跡






最終更新日  2019/06/19 08:06:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/17
昨年度に購入していただいた人
今年も読んでいただいたかと思いますが

もし、
昨年読んだからもう大丈夫
そう思っている人は、是非もう一度読んでみてください。

おそらく
木造編はちゃんと見ていないと思います。

もう1つ、読み返していただきたい理由は
読んだところを忘れている可能性があるためです。

全て頭に残っているという人はいないと思います。
本格的な試験対策に入る前に
もう一度読んで、内容を思い出してください。


ルールを学んでから試合に臨むか
試合をしてからルールを知るか。

極端に言うと、これくらいの違いがあります。


試験を経験したからこそ理解できる内容も
あるかもしれないですよ。






kanna 足跡






最終更新日  2019/06/18 07:20:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/14
さて、何をしますか。

何をするか、決めていますでしょうか。


学校はまだだし、
問題はわからないし、、
対策本はまだ出てないし、、、


という人が多いかもしれませんが、
やることは、
探せば出てくるものです。

まず、しばらく製図板に向かってない人は、
シャーペンや定規の感覚を思い出すために、
何でもいいので線を引いてみましょう。
紙は何でもいいと思います。

木造課題の図面を持っている人は(何年度のものでもOKです。)
木造の図面のトレースをしてみてもいいでしょう。
平面図はもちろんですが、立面図、断面図の練習も可能です。

そこそこ描けるという人は、
伏図と詳細図をよりしっかり描けるように練習してみてください。
この2つがすらすら描けるようになるのはとても大きいです。


製図用紙がないので練習できません。犬

今年の試験、
答案用紙は4.55ミリと10ミリの方眼となっています。
パソコンをお持ちの方は、CADなどを使って方眼を作ることができるでしょうし、
エクセルやワードでもできなくはないです。

もしくは、10ミリ方眼でしたら文具屋さんにあります。
4.55ミリは、5ミリ方眼を91%に縮尺設定し、コピーすればOKです。

あと、4.55ミリの方眼を自分で描いてコピーする方法もあります。



ちなみに、
昔、手描きで図面を描いていた頃は、白紙の状態から作図を始めていました。

方眼のない用紙でも、
製図の練習はできるのです。


今できること、
いろいろありますので、是非見つけてください。

与えられるまで
待つことはないですよ。






kanna 足跡






最終更新日  2019/06/14 08:30:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/13

​​今日から、と言いますか、早速昨日からテキスト作りに取り掛かっています。

その中でふと思ったこと。

よく、問題用紙に書かれている条件はクライアントの要望だよ
という話をします。

実際、プラン打ち合わせの現場では、クライアントはいろんな要望をお持ちです。

リビングは吹抜けにしたい。

キッチンは対面にしたい。 などです。


でも、

今回のクライアントは、自信が設計者です。おそらく
自邸を設計するのに、他の設計者にお願いすることは考えにくいですよね。なくはないですが。


というわけで、
今回の課題は、自邸を設計するという設定で、
問題用紙に書かれてあることは、自分の要望や建築条件を書き出したもの。

なんて、ふと思いました。

でも、
実際は自分が考えた要望ではないし。


結局、
建築士に依頼されて、住宅を設計する。ということになるのでしょうか。。。スマイル





kanna 足跡
​​







最終更新日  2019/06/13 11:18:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/12

「​夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅」
(木造2階建て)

要求図書​

  • 1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
  • 2階平面図[縮尺1/100]
  • 2階床伏図兼1階小屋伏図[縮尺1/100]
  • 立面図[縮尺1/100]
  • 断面図[縮尺1/100]
  • 部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
  • 面積表
  • 計画の要点等

(注)答案用紙には、1目盛が4.55ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。





kanna 足跡







最終更新日  2019/06/12 09:34:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/11
いよいよ明日になりましたね。

おそらく9時半頃にセンターのホームページより発表されると思います。


今年は何になりますでしょうか。



ドキドキですね。スマイル






kanna 足跡






最終更新日  2019/06/11 04:15:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/09
空き家
過剰供給
老朽化
過疎化
耐震性
性能表示・長期優良
省エネルギー
環境問題
仮設
リフォーム・リノベーション・増築
住み開き
IoT
少子高齢化
二世帯・三世代
バリアフリー
店舗併用
週末
狭小
シェアハウス
持ち家・賃貸
分譲・注文・建売
コーポラティブ
コレクティブ
民泊
タワーマンション
終の棲家
引きこもり
一人暮らし
低金利
不動産担保ローン
設計製図試験





kanna 足跡






最終更新日  2019/06/10 07:48:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/08



平成22年は、兄弟の二世帯住宅

部屋数も多く、エレベーターが要求された年でした。

あと、大きな木が2本



毎年のことですが、

この年も、いろんなドラマがあった年でした。






kanna 足跡






最終更新日  2019/06/10 07:05:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1529件 (1529件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.