135354 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小人

PR

全284件 (284件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

2008/03/09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
二年放っといたわけだが、何か書かないと削除されそうで書いてるわけだが、別に書きたい事はないわけだ。とでも書いとけばいいか。お目汚し失礼。大笑い






Last updated  2012/04/14 02:15:11 PM
コメント(86) | コメントを書く


2006/01/01
カテゴリ:カテゴリ未分類
友人がネットに載せたおせちの画像をば眺めつつ・・・


年に一回お重にはいり

不味くもないが美味しくもなく

有ってもいいが無くてもよく

内容の割に値が張り

真冬にも関わらず冷えきって

子供達からは敬遠され

大人はイヤイヤ箸をつけ

食べる理由もよく分からず

理由を知る気も起きず

最後は皆で分担し

どうにか食べ終える

そんなおせちに

私はなりたくない






Last updated  2012/04/06 07:21:03 AM
コメント(2) | コメントを書く
2005/11/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ある晩秋の午後・・・、

兄:ちょっと、肩もんでくれるか。

弟:いいよ、でも、どこが肩なの。

兄:たぶんこの辺。

弟:分かった。じゃ、やるよ。

(兄弟同時に)

「イテッ!」

----------------------------------------------

 ある冬の晩、コタツで鍋をつつきながら・・・、

兄:あのな、むかし海に潜ったことがあってな、そらーキレイだったぞ。

弟:へー、どんな生き物がいた。

兄:それがビックリ仰天、海の中にもイガグリがいたよ。

弟:バカだなー兄さん、それはウニという生き物だよ。

兄:ウニ? 何だそれ。

弟:海グリさ。

兄:へー。
---------------------------------------------

 ある冬の朝・・・、

弟:兄さん、早く起きないと遅刻するよ。

兄:布団にトゲが刺さって動けない。

弟:しょうがないなー。ちゃんと服ぬいで寝ろよ。
----------------------------------------------

 河川敷を散歩しながら・・・、

弟:ボク、このまえクリスティーナとデートしたんだ。

兄:お、ヤッタじゃん、マーロン。・・で? 

弟:なんとか手はつないだんだけど、・・・ハグするのが恐くて。

兄:あー、分かるよ。
----------------------------------------------

 近所の喫茶店にて・・・、

兄:この前また海にもぐったろ。

弟:うん、最近やけにハマってるね。

兄:実はさ、俺、ウニーナに惚れちゃったみたいなんだよね・・。

弟:えー! でもボク達、住む世界が違うじゃないか!

兄:だからね、この胸がね・・・クリしいの。






Last updated  2012/04/14 10:41:24 AM
コメント(1) | コメントを書く
2005/11/29
カテゴリ:カテゴリ未分類
ウニの兄弟がしゃべってる・・・、

弟:お兄ちゃん、親友っている?

兄:ああ、いるとも。 ウニの親友がな 

弟:?


 ウニの兄弟が遊んでいる・・・、

弟:お兄ちゃん、かくれんぼしよ

兄:いいよ。じゃ、オマエがウニだ

弟:??


 ウニの兄弟の会話・・・、

弟:ちょっと、お兄いちゃん

兄:いいかい、これからはね、ウニいちゃんと呼ぶんだよ!

弟:???


ウニ兄弟、日曜の午後・・・

兄:お、どこいくんだい

弟:ちょっとフリース買いに・・ウニクロ


その夜、夕食にて・・・、

弟:最近仕事が忙しくてさー、慢性寝不足だよ

兄:あんまりウニすんじゃないよ






Last updated  2005/12/27 10:42:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/10/08
カテゴリ:カテゴリ未分類
スティービーワンダーのInnerVisions [Original recording remastered]というCDが届いた。聴いても音質的にどこがどう改善されてるのか分からない。二つのディスクを同時に聴くことはできないからだ。

Digitally Remasteredとか [Original recording remastered]とかは、売値を数百円アップしても買い換え欲をそそる魔法の言葉と見た。

以下は上記アルバムからではないけど、訳詞を読んだだけじゃこそばゆい感じだけど、曲を知ってる人は納得してくれるでしょう。ホントいい曲。広大な秋空が目に浮かぶ。


"Ribbon In The Sky" ------Stevie Wonder

Oh so long for this night I prayed
That a star would guide you my way
To share with me this special day
Where a ribbon's in the sky for our love

あー、この夜をどれほど願ったことか
星が君を導いて
供にこの日が過ごせますようにと
空には二人の愛のリボン・・・

If allowed may I touch your hand
And if pleased may I once again
So that you too will understand
There's a ribbon in the sky for our love

許してくれるなら
君の手に触れ
よろしければもう一度・・
君も空のリボンに気が付くように

Do...Do...
Do Do Do Do Do...
HMM HMM...

This is not a coincidence
And far more than a lucky chance
But what is that was always meant
Is our ribbon in the sky for our love, love

偶然じゃないんだよ
幸運を遥かに越えている
僕らのために
愛のリボンが空にかかる定めだったのさ

We can't lose with God on our side
We'll find strength in each tear we cry
From now on it will be you and I
And our ribbon in the sky
Ribbon in the sky
A ribbon in the sky for our love

くじけるわけがない
僕らには神様がついてる
涙を流すたびに強くなるさ

これからは二人で
そして空には
僕らの愛のリボンが浮かんでる

Do...Do...
Do Do Do Do Do...
HMM HMM...

[Musical Break]

There's a ribbon in the sky for our love






Last updated  2005/10/08 05:36:15 PM
コメント(8) | コメントを書く
2005/09/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
デボラ・ハリーの歌う姿を想いつつ、ブロンディー永遠の名曲をば・・
http://www.rip-her-to-shreds.com/archive_videos_music_view.php?v=4

(Im Always Touched By Your) Presence, Dear 
 
                ----Blondie (Gary Valentine 作)


Was it destiny I don't know yet
Was it just by chance could this be kismet

運命かしら 分からない
偶然かしら それとも神の思し召し? 

Something in my consciousness
Told me you'd appear
Now I'm always touched by your presence, dear

ひょっこりアナタが現れそうな
そんな気がして・・
いつもアナタに夢中なの

When we play at cards you use an extra sense
It's really not cheating
You can read my hand I've got no defense

トランプすれば超能力
(イカサマじゃないのよね)
持ち手を読まれちゃお手上げだわ

When you sent your messages
Whispered loud and clear
I am always touched by your presence, dear

大きな声で囁いて
私にメッセージをくれるとき
いつもアナタに夢中になるの

Floating pass the evidence of possibilities
We could navigate together psychic frequencies

可能性のしるしを漂い過ぎて
二人でサイキック波に乗るの

Coming into contact with outer entities
We could entertain each one with our theosophies

地球外生命とコンタクトして
二人で神智学ごっこ

Stay awake at night and count your R.E.M.'s
When you're talking with your super friends

アナタが守護霊達と話してる間
ずっと寝ないでレム睡眠を数えるわ

Levitating lovers in the
Secret stratosphere

まるで秘密の成層圏に浮かぶ恋人達みたいね

I am still in touched with your presence, dear
I am still in touched with your presence, dear
I am still in touched with your presence, dear
Dear, dear, dear, dear

今もアナタに夢中なの
ずっとアナタに夢中なのよ






Last updated  2005/09/12 06:48:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
ネットでの書き込みで(笑)なんてのを入れる場合が多々ある。私の場合
は実際声を出して笑ってる時に書く場合もあれば、シリアスではないと相
手に伝える為に書くケースもある。大体割合は7対3ぐらいか(笑)

で、最近(笑)ばっかりじゃつまんないので、ふふ、と、へへ、を使いだ
した。たまにへっへっへも、へへ。で、ふふ、と、へへの違いについて考
えると、相手に伝わるエナジーがもう既に違うことがよく分かる。

ふふ:ふふは内に含む笑いである。軽い自嘲、嘲笑から理解の深い微笑み
まで多岐にわたるカテゴリーをカバーするように感じられる。基本的に誰
しも機嫌のいい時に発するサウンドである。例えば旅館の布団に体を横た
えたときなど、ふふ。従って基本的に自己完結系の笑いである。

へへ:それに対してへへは、やや外に開けた笑いであり、軽さと音量はふ
ふとほぼ同じながら、ふふに比べてやや自嘲ぎみというか、自虐的という
か、下品というか、コミカルというか、そういう風味を内包するやに思わ
れる。従って基本的に他者作用系、他者同意誘引系とでもいうべき笑いで
ある。ふへへへ。






Last updated  2005/07/07 01:53:39 AM
コメント(3) | コメントを書く
2005/06/29
カテゴリ:カテゴリ未分類
温暖化には二酸化炭素が大いに関係している。早い話が出来るだけ火を燃やさないようにすればいいのだ。そこで夏場は風呂を沸かさない水風呂運動を提言したい。風呂に汲み置きしておけば外気温で丁度いい水温になる。汗ばんで帰宅した体には実に気持ちいい。また日に何度も入浴できる。なにせ風呂を沸かす手間いらずなのである。

また同じ発想で、冬場は暖房をガンガンかける代わりに室内で服を一枚なり二枚なり重ね着することを提唱したい。それで暖房に要するエネルギーが相当節約できる。室内温度にして5度ぐらいは楽に下げれるだろう。うまくいけば暖房ナシで一冬過ごせる。私は冬期に暖房は一切使わない。冬は寒いのが当たり前。そういう発想の転換、脳内に於ける基本的理解が必要だと思う次第。

今年巷ではクールビズなるノーネクタイ、半袖等が話題だが、これもどんどんやるべきである。このクソ暑いのにネクタイ・・・オマケに革靴、通気性が悪く歩きにくい革靴・・・殆ど拷問である。スリッパでいいんである。できれば半ズボンが理想。また昨年は打ち水キャンペーンなるものが巷で行なわれたが、いったいどれほどの効果があったのかは甚だ疑問。市中に定着したとも思えない。

ここは是非、夏場の3ヶ月ほど、日本全国、といわず世界中水風呂でもって地球環境保全に参画されたし。燃料費も相当浮く。また肌も水の刺激で丈夫になり、神経もリフレッシュする。いいことずくめの水風呂である。諸兄諸姉多数のご賛同を。






Last updated  2012/04/04 03:44:35 PM
コメント(11) | コメントを書く
2005/06/26
カテゴリ:カテゴリ未分類
ヤフーオークションにてDVDを落札した。オーディエンス録音だという。観てみたらカメラは一カ所固定で手ぶれありの音は最悪。つまりオーディエンス録音と言えば聞こえはいいが、実は盗み撮りじゃなかろうか。それをDVDに焼いて売っているのではないか・・・。だってわざわざ手ぶれ入れたり音悪くしたりして売る必要ないし、そんなプロはいないだろう(笑)

ハメられた。






Last updated  2005/06/26 02:54:52 PM
コメント(8) | コメントを書く
2005/06/11
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近あるCDにハマっている。ブロンディーである。正確にはデビーハリーが好きなんだが、なんかいいのである。復活後の1999年に発表されたアルバム「NО EXIT」これがとてもとてもいい。日に何度聞いてもいい。シンガーのデビーハリーが好きだからいい、というのもあるが、アルバムとしても大変素晴らしいのである。ヒット曲のマリアなどは感涙ものの名曲だと確信する。ビートルズのアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアに匹敵する永遠性がある。

また、デビーハリーが昔のキュートさから中年女性に脱皮して成熟した女性しか出せない魅力を振りまいている。声自体も非常に落ち着いて表現力もスゴミも増している。なんせ美人である。非常に魅力のある人である。杉良太郎に黄色い声をはり上げるオバサン達の気持ちがちょっとだけ分かる気がする(笑)

この日記に書き込むのは一ヶ月ぶり。実は他のサイトに入り浸っているからだ。MIXIというが、これがとても面白い。たまにこっちにも書かないとね。

Maria  ----- by Blondie  

She moves like she don't care
Smooth as silk, cool as air
Ooh it makes you wanna cry
She doesn't know your name
And your heart beats like a subway train
Ooh it makes you wanna die

気のない素振りのあの娘
シルクのように滑らかで
空気みたいにクールな娘
あー、なんだか泣けてくる

自己紹介もまだだけど
胸の鼓動は地下鉄さ
あー、もう死にたくなる

Ooh, don't you wanna take her?
Ooh, wanna make her all your own?

ウー、あの娘が欲しくないかい
ウー、独り占めしたくはないかい

Maria, you've gotta see her
Go insane and out of your mind
Regina, Ave Maria
A million and one candle lights

マリア、あの娘はサイコーさ
ぶっ飛んで気が狂いそうさ
女王様、アベ・マリア
百万本のロウソクの輝きさ

I've seen this thing before
In my best friend and the boy next door
Fool for love and fool on fire

そういや以前もそうだっけ
親友、隣のガキまでも
あの娘に狂って身を焦がす

Won't come in from the rain
She's oceans running down the drain
Blue as ice and desire

そこらの娘とはワケがちがう
掃きだめにツルとはこのこった
アイスと欲望のブルー

Don't you wanna make her?
Ooh, don't you wanna take her home?

彼女としたくはないかい
連れて帰りたくはないかい

Maria, you've gotta see her
Go insane and out of your mind
Regina, Ave Maria
A million and one candle lights

マリア、あの娘はイカスぜ
ぶっ飛んで気が狂いそうさ
女王様、アベ・マリア
百万本のロウソクの輝きさ

Ooh, don't you wanna break her?
Ooh, don't you wanna take her home?

あー、あの娘を無茶苦茶にしたくはないかい
あー、さらって帰りたくはないかい

She walks like she don't care
You wanna take her everywhere
Oooh it makes you wanna cry
She's like a millionaire
Walkin' on imported air
Ooh, it makes you wanna die

彼女がスカして歩いてく
どこへでも連れてってやるぜ
ウー、泣けてくる
あの娘はまるで億万長者
そこは全く別世界
ウー、もういっそ殺してくれ

Maria, you've gotta see her
Go insane and out of your mind
Regina, Ave Maria
A million and one candle lights

マリア、あの娘はサイコーさ
ぶっ飛んで気が変になりそうさ
女王様、アベ・マリア
百万本のロウソクの輝きさ






Last updated  2005/06/12 02:19:50 AM
コメント(1) | コメントを書く

全284件 (284件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.