011314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

めぐみ先生のピアノ講座

きっと誰もが一度は耳にしたことのある楽器「ピアノ」
小さな子どもから大人まで、鍵盤を叩けば
誰もがその素敵な音色を聴くことができます。

ポピュラーな家庭用楽器としてもたくさんの人々に愛されてきました。
しかし、ピアノの中身や構造、ピアノに関わるたくさんの人や歴史を知る人は
きっと音楽を勉強する人のほかにはひとにぎりしかいないでしょう...
今以上に深く知ってみれば
「ピアノを弾いてみたい!」「もっとピアノが好きになった!」
そんな気持ちが大きくなるかもしれません。

この日記を見て、そんな人が少しでも増えてくださったら...と思います。
また、私自身も含めてピアノの楽しさや
音楽のすばらしさが、再確認できればよいと思います。

めぐみ先生
2014年03月02日
XML
 

 13小節目~14小節目を見てみましょう。

PicsArt_1393319912675.jpg

(全音楽譜出版社引用)

 この曲の今までとは少し違う雰囲気のハーモニーが出てきます。響きをよく聞くために、和音での練習をしてみましょう。

 13小節目を2つの和音に分けます。

PicsArt_1393313498785.jpg

1 ラドミ♭ソ【Am7-5】

2 ラドミ♭ファ♯【Adim7】

 2つの音(和音)には緊張感があります。楽譜どおりに分散させずに、和音として弾いてみましょう。 

 そして14小節目は、開放された、安定感のある和音の響きを感じられたら良いと思います。

PicsArt_1393313647798.jpg

(ソ)ドミソ【C】

 さらにここでは、緊張感のある和音の時には息を吸い、開放感のある和音で息を吐くと、より自然なフレージングになると思います。同時に14小節目のの音に向かう気持ちで演奏できるとよいでしょう。

PicsArt_1393332712404.jpg

それではレッスンでご一緒しましょう!







最終更新日  2014年03月02日 14時35分06秒

PR

プロフィール


sakaimusic

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

1.ピアノについて

(0)

2.基礎編

(0)

3.応用編

(0)

4.お気に入りの演奏

(0)

5.雑記帳

(0)

6.その他

(0)

7.ブルグミュラー

(7)

うた

(0)

楽器

(1)

カレンダー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.