564406 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コーヒーはフルーツだ!さかもとこーひー

2012.05.07
XML
2011.05.07

行ってきました。幕張本郷のサンク・オ・ピエの4・5月のコース…デザートの「かりんヴィネガーと蜂蜜のグラニテを添えたイチゴのスープ仕立て」とそのデザートに合わせたさかもとこーひー。

シェフが「デザートとこーひーやばいですよ!(笑)」って言っていて…サンク・オ・ピエとさかもとこーひーの常連さんのYさんはTwitterで「今ちょうどイチゴのアレと特製こーひー味わってるのですが、その合いかたがハンパなくスゴイイです!」ってつぶやいた…マリアージュを自分で体験してきました。http://plaza.rakuten.co.jp/cinqchef5/diary/201204270000/

きれいに頂いての感想は…談志師なら「どうでぇー!」と見栄を切るか…深く丁寧におじぎとして静かに「よかったと思います。一期一会の晩になりました。」と穏やかな笑顔になるか。…シェフに最初に言ったひと言は「いい演奏したミュージシャンが万雷の拍手に笑顔でお辞儀する感じかな」でした。

下品に言えば…「ざまぁーみろ♪」

まぁ、なんでもいいのですが…こんなお題だしてくれたシェフに「ありがとうございます。」です。

みなさん100%何かひと言があったそうです。特に男性は多く語ったと。

とっても高価なかりんヴィネガーを好奇心で仕入れてしまい…その説明書には煮詰めてソースに使う例があったそうですが、煮詰めたらもっとコスト高になるし…それじゃぁありきたりだし…で、浮かんだのがこのデザートだそうです。そんな時のシェフの頭の中は僕にも不思議ですが…ほんとオリジナルなデザートでしょうし…それをあそこまで完成度高めてくるんですから…相手に不足はありません。

まずは、かりんヴィネガーと蜂蜜のグラニテとひと口…ほぉー、かりんの香りとヴィネガーの円やかな酸を蜂蜜がしっかりと支えてバランス良いです。

そこへ、こーひーをひと口…さりげなく受け止めています。デザートを邪魔しないで、しかも静かにこーひー感が残ります。

イチゴのスープ仕立てをひと口…イチゴと結構濃度のあるイチゴのスープがさきほどのかりんのグラニテを包み込んで香りも味わいも豊かです。

そこへ、こーひーをひと口…さらに、受け止め、次のデザートを誘います。

ここで、う~~んなるほど!これはイメージ以上だ。ほんとデザートの魅力を消していない。でも、こーひーも消えていない。

徐々にグラニテが溶けてきて、イチゴのスープと一体化していきます。

すると、そこにこーひーも一体化して…イチゴやフローラルなキャラクターがこーひーと渾然としてきました。

気がつくと、デッザートをひと口、こーひーをひと口…止まりません。

ゾーンに入った時の動悸がしてきました。

冷静になると…通常のコーヒーだと、デザートと喧嘩して、このデザートの香りも気品も豊かな味わいも邪魔してしまうでしょう。一方、コーヒーの魅力もどこかへ消し飛んでしまうでしょう。

また、このこーひーが無かったら…結構キャラたってるし、ボリュームもありますから、最後まで新鮮な味覚を保てず、疲れて来るかもしれません。

最後は、シェフが…キースジャレットの昔のアルバムの1曲をかけて…その8小節のアドリブを聴きながら…ジャズのアドリブの話しになりました。

こーひーでこんな世界に踏み込めるなんて…37年喫茶の仕事に精進してきてよかったと思いました。ひとりじゃできません。

スペシャルティコーヒーで…産地や素材、エスプレッソ、ラテアートに頑張っているみなさんはこんな世界は近づかないように!危険ですからね。ん?そんな心配はしなくても大丈夫か。






Last updated  2012.05.07 18:37:07
コメント(0) | コメントを書く

PR

Calendar

Category

Comments

Mikye 市右衛門@ Re:プロのつぶやき896「ターナーのペアリングレポート」(04/23) ブログ読ませて頂きました。今度お伺いし…
meipala@ Re:「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(06/14) お薦めしていただいたこの本を私も毎晩ゆ…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.