820884 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

コーヒーはフルーツだ!さかもとこーひー

全273件 (273件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

美味しい暮らし

2020.04.05
XML
カテゴリ:美味しい暮らし
​​


プロのつぶやき1049「たくさん笑わせてもらった方が亡くなると、哀しみが大きいです。」

本店近くのおゆみ池、おゆみ野店近くの遊歩道の桜が満開で散る花びらがとってもきれいな週末ですが・・・毎日、新型コロナの情報を冷静に集め、緊張が続いています。

さかもとこーひーはカフェでは無くて、ビーンズショップですのでお客さんの数多くないですし・・・通販が半分くらいありますので・・・人混みのリスクは少し低いです。スタッフみんな自宅も近く、車や自転車で通勤しています・・・おゆみ野店店長は電車ですが、都内への通勤の流れとは逆ですので、通勤の混雑は少ないようです。

毎日、専門家と千葉市長の情報を見逃さないようにしています。それにしても、一家に布マスク2枚の配布には腰を抜かしました。戦中の竹槍や千人針が浮かびました。敗戦の時は兵站、補給が壊滅した要因が大きいと聞きますが、今は医療関係厚生省への資源集中が一番でしょうに、専門家医療関係からの提言と政府の発表に差を感じます。

千葉市は市長がわかりやすく頻繁に情報発信していますので、助かっています。ここ千葉市郊外の住宅地は都内の状況とは違いますので、冷静に油断しないで、長期戦に備えたいと思っています。

漠然とした情報は不安を煽ります・・・院内感染が多いのは当然でしょうが・・・あとは、夜遊び、通勤のリスクが高いようです・・・常連さんも友人もテレワーク自宅での仕事を聞きますが・・・都内の割合はまだまだのようです。(若い頃から、女性のいる飲み屋が嫌いでしたので、良かったです・・・男社会では付き合い悪いと言われますが。)

密集、密接、密閉、3つの蜜・・・手洗い、うがい・・・人混みを避ける・・・消毒・・・地道に継続します。

ウィルスは空襲と同じように感じていますが・・・志村けんさんが新型コロナに持って行かれてしまいました。

達郎がサンソンで一番好きなコメディアンとして紹介し入院している志村けんさんにエールを送った矢先でした・・・ヒゲダンスの元ネタになった、その1年前の79年にリリースされたテディ・ペンダーグラスのアルバムの『Do Me』をオンエアで紹介しましたが、聴けば歌よりもリズム隊に耳を奪われてしまいます。難波さんもFacebookで志村さんの音楽的な背景や、昔達郎や難波さんの馴染みのバーに志村さんも来ていて・・・一緒に呑みながら話したことなど書いてました。

僕は10代にクレージーキャッツからのドリフターズの流れから観てた世代です。荒井注さんから志村けんさんへの交代もオンタイムでした。音楽がベースにあった喜劇人で・・・動きと間で子供から大人まで笑い転げる素晴らしいコメディアンでしたね。チャップリンやトーキー時代の動きで世界中の子供も大人も笑いこける芸の流れにあったと思っています。

亡くなったニュースの日・・・30代40代50代からLINEがあって・・・お客さんの小学生の子供さんが哀しがっているのも聞いて・・・小学生から60台の爺いまで笑わせていたんですね。

クレイジーキャッツ、ドリフターズ、三宅裕司さんのSET・・・伊東四朗一座熱海五郎一座・・・音楽と舞台の東京喜劇です。志村さんはTVでの大活躍でしたが・・・全員集合と志村魂と舞台がベースにあった笑いでした。

クワマンとたしろ使ったり・・・追悼番組での研ナオコさんと柄本明さんはよかったです・・・柄本さんの向こうには寅さんが見えました。間が素晴らしいですよね。柄本さんが若い頃寅さんに毎回出ていて、寅さんとの掛け合いが良かったんです。

中学の頃はコント55号欽ちゃんとドリフに大笑いしてたんですが・・・自分が思っていた以上にショックがあって(まぁ、年が近いのもあるでしょう)・・・寅さんが亡くなった時の消失感を思い出しました。たくさん笑わせてもらった方が亡くなると、哀しみが大きいです。

美味しいもの食べたり、飲んだり・・・ライブで笑ったり、歌や演奏に身を任せたり・・・スポーツ観たり(テニスやボクシングの個人競技好きです)・・・暮らしの中のエネルギーです。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。








Last updated  2020.04.05 10:54:26
コメント(0) | コメントを書く


2018.03.04
カテゴリ:美味しい暮らし







プロのつぶやき940「クラフトカップ&リッドセット」

3月にはいって、今朝店に来たら12℃で暖房がいらないくらいの千葉です・・・花粉がたくさん飛んでます・・・店のミモザがだいぶ咲いて来ました、満開まではもう少しです。

おゆみ野支店の準備が忙しくなっています・・・工務店さんや看板屋さんとの打合せをしました・・・3月末か4月には開店出来ると思います。

そんなこんなで・・・さかもとこーひーの目指す「ホームこーひー」「ホームタウンこーひー」のひとつの形を進めたいと思っています。

コンビニコーヒーが便利で安くてけっこう美味しくなって素晴らしいのです・・・公民館や学校幼稚園でのこーひーレッスンでもコンビニコーヒーの話題が出ることが多く・・・コンビニコーヒー良いですよねーと話すことあります。

3月になってセブンイレブンのコーヒーが新しくなったとのことで・・・さっそく、昨日今日と違うお店で買って飲んで見ました。あー! ここまで来たのか! が最初の感想ですね。

勿論、コストの壁がありますので・・・気になることはありますが・・・酸味が感じないように、苦味も焦げ味が強くなる手前で、コクはあるし、冷めると柔らかな口当たりで、爽やかな余韻さえ感じられるような・・・いつもながらプロの仕事ですねー。素材と焙煎、ブレンドでマシーン抽出でもここまで魅力的になりますね。

で、最初に感じたのが・・・このコーヒーのクオリティや魅力以下のコーヒーを出しているカフェやレストランはお客さんから信頼失いそうだということですね。日本中で、このコーヒーが一気に飲まれるわけですし・・・これがいつの間にか基準になりそうです。カフェやレストランは自店のコーヒーと並べて・・・特に冷めきってから比較した方が良いと思います。

まぁ、美味しさ云々は別にしても・・・コンビニコーヒーのテイクアウト・・・カフェでのテイクアウト・・・便利で暮らしに馴染んで来ています。僕自身もタポスコーヒーさんやブラウンサウンドコーヒーさんで良くテイクアウトしています・・・自分のこーひーをカフェで淹れてもらいテイクアウトしてますので・・・とても気に入っています。

と、いうことで・・・今日は「クラフト紙カップ&リッドセット」のお知らせです。

【クラフトカップ&リッドセット】

12ozのクラフト紙カップとリッドのセットが10個です。

しっかりとしたクラフト紙カップ選んだので持っていて心地よく、しっかり感があります。リッドは飲み口の形が良く、コーヒーをぐっと吸わなくても飲みやすく、美味しく感じます。

300cc強の大きさで・・・200cc~250ccを余裕で入れられます・・・コーヒーバッグがちょうど淹れやすい大きさです。

プレスやコーヒーメーカー、ドリップで淹れたこーひーを注いでも良いですし・・・コーヒーバッグを淹れても良いですね。コーヒーバッグをお湯少なめで淹れて、そこに温めたミルクを加えると・・・簡単にラテ、カフェオレになってご機嫌です。

外出の時に家から持ってでたり・・・散歩やウオーキング・・・車でも・・・常連さんに聞いたら仕事場で使い捨ての紙コップを1日使って帰りに捨てていると聞いたり・・・家で飲んでいて、そのまま出かける時に紙コップだと便利だとか・・・高速道路のサービスエリアでお湯を淹れれば便利にいつものこーひーを楽しめるとか・・・今の暮らしにさかもとこーひーが馴染んでいけそうです。

勿論、タンブラー使っても良いのですが・・・みんながみんなタンブラー使っているわけでも無いですし・・・タンブラーだと飲み終わってからバッグに入れておくと邪魔になることがあるとも聞きました。

とてもしっかりとしたクラフト紙カップを選んだので、持った時安心感があって気分良いですし・・・しっかりとしているので、何回か使えるのも嬉しいです。リッドは形が良くて飲みやすいし、女性は口紅が付きにくいとも教えて頂きました・・・黒なので口紅が付いても目立ちにくいです・・・白いリッドだと気になるそうです。

10個入りで200円・・・ほぼ仕入れ値です、個人で通販でも買えますがけっこう高いので、この価格なら使いやすいかなと思います。コーヒーバッグ100円と20円で200ccくらいのいつものさかもとこーひーを飲めますので、コンビニコーヒーよりお得でご機嫌かなと(笑)

カジュアルな暮らしが少し心地よくなりそうです・・・よりカジュアルに「ホームこーひー」「ホームタウンこーひー」をお楽しみください。

環境に配慮した素材を使用したカップです。外側の紙には森林認証紙、内側のラミネートにはPLA(ポリ乳酸)を採用しています。

森林認証紙・・・深林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材から作られた紙です。深林認証紙製を使用した製品を買うことで、消費者は世界の深林保全を間接的に応援できる仕組みです。

PLA(ポリ乳酸)・・・植物由来の生分解性プラスチックの一つで、トウモロコシをはじめ、サトウキビ、イモ類などから澱粉を取り出し、それを発酵させて得られる乳酸を重合させて高分子にしたものです。100%植物由来の原料から作られたPLA(ポリ乳酸)を紙カップの内側にラミネートしています。バクテリアの力で完全に分解されて土に還ります。焼却しても、有害なガスや残さは一切発生しません。

本体サイズ:90φ×H108mm

容量:405cc(満杯)

材質:森林認証紙、PLAラミネート梱包形態

200円/10個(税抜き)

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。










Last updated  2018.03.04 14:04:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.24
カテゴリ:美味しい暮らし




プロのつぶやき918「楽しい新しい商品の準備」

秋分の日で日が暮れるのが早くなりました…昼より夜が長くなるそうです。涼しくなって…さかもとこーひーのこーひーレッスンシーズンがやってきました。

常連さんがお住まいのマンションのみなさん…店で若い常連さんご夫婦…千葉市の公民館で女性向けに…この2週間で3回のこーひーレッスン…今週は常連さんのお宅に2件お邪魔します。

10月は4回のこーひーレッスンと2回のマルシェイベント参加…地域にこーひーの魅力を伝えようと思うと店で待っているだけではなかなか広がらないものです。息子に任せられるようになってきたので…外にでられるようになりました。

「人生成り行き」…立川談志師が色紙によく書いた言葉ですが…昨日有楽町よみうりホールの志らく談笑二人会に行ったら談志師のお嬢さんが本を手売りしていたので…これは買わないわけにはいかない!と買ったら…「人生成り行き」とサインしてくれました。これで、談志師とお嬢さんふたりの「人生成り行き」が揃って…ご機嫌になりました…誰にも分かってもらえないですけどね…。

まぁ、若い時から喫茶紅茶コーヒーの仕事はブレませんでしたが…「人生成り行き」で43年経ったらこうなってしまったって感じですね。

若い時は自分のことで精一杯で…自分の憶えた、出来るようになった魅力を「どうで~!」ってなもんでお客さんに押し付けてきたものです。

少しずつ抽き出しが増えて来て…常連さんの暮らしの中のこーひーだったり…それぞれのカフェやレストランにあったこーひーをイメージするようになったり…飲む人、お客さんの立場からの魅力を意識できるようになったのはけっこう最近でしょうか。

で、最近はこーひーだけでなく、常連さんの暮らしを少しでも心地よくするためにできることをしようと…色々と考えています。

まず…デカフェが仕上がってきました。前から妊娠中や授乳中の常連さんからデカフェは無いですか?と聞かれましたし…夕方からはカフェインを控えているという常連さんもいらっしゃいます。

ただ、デカフェ、カフェインレスであっても…さかもとこーひーの感じる魅力が無いと商品として販売できません。勿論、安全性やクオリティも大前提です。それと、そんなに売れるものでは無いので…せっかく焙煎しても古くなってはいけません。

ならばと…コーヒーバッグにしたら個包装で使いやすい淹れやすいですし…窒素充填で鮮度もあまり気にしないですみます。サンプルを色々と集めると…コロンビアで使えるクオリティのものがありました。最新の脱カフェイン処理技術のCO2抽出法で他の抽出法よりもカフェインのみを効果的に抽出できる方法だそうです。

あと、さかもとこーひーの紅茶にはリピートの常連さんが増えていて…我が家で40年楽しんでいる紅茶の魅力が少しずつ広まってご機嫌なんですが…時々ティーバッグありかすか?って聞かれるんです。

僕にしたら…茶葉をティーポットで淹れることしか頭に無かったのです。紅茶の店に勤め…紅茶専門店を10年やって…ティーバッグなんて!!と思っていましたからね。

が、年をとりました…ティーバッグは茶葉のクオリティや量に問題があるので…茶葉を選び、量を増やせば…簡単に紅茶の魅力を楽しめると…さかもとこーひーがお勧めできるティーバッグを準備しています。

お勧めできるお茶と言えば…我が家では、僕の祖母から贔屓にしているお茶屋さんがあって、そのお茶屋さんの煎茶、玄米茶、ほうじ茶を飲んでいます。で、そこの若旦那はさかもとこーひー開店してすぐからの常連さんでもあって…相談したら、なんと、さかもとこーひー用にブレンドも可能だということです。

さかもとこーひーの近所は引っ越して来た方が多いので…千葉市中心部の昔からのいいお店、お茶屋さんとか出会う機会があまり無いんですね。お茶屋さん減ってきましたしね。

そういったお店の魅力的なお茶…しかもお手頃価格でお値打ちなんです…は、さかもとこーひーの常連さんの暮らしを心地よくするんじゃないかと思いついたんです。

まぁ、そんなこんなで、ホームタウンこーひーの延長で…色々と楽しめそうです。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。


・・・

*送料が以下に変わります。(2017/10/01~)(送料は消費税込み)

-本州(豆代)・3000円未満(600円)・3000円以上3500円未満(400円)

・3500円以上5000円未満(200円)・5000円以上無料

-北海道、四国、九州(豆代)(本州の送料+200円)

-沖縄県(豆代)(本州の送料+400円)

(ヤマトさんの大幅値上げがきました。集荷を止め営業所に持ち込み

コスト削減しますが、それでも大きなコスト増です、ご理解ください。)

・・・







Last updated  2017.09.24 09:18:16
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.29
カテゴリ:美味しい暮らし



プロのつぶやき884「家庭料理はおいしくなくてもいい」

1月が終わり、真冬の2月になりますが…なぜか暖かな千葉で、ずいぶん楽です。錦織は壮絶な試合でフェデラーに負けてしまいましたが…ナダルも凄い試合で決勝に残り…今晩はフェデラーVSナダルという時代が戻ったかのような伝説の決勝になるでしょう。

2月と言えば、息子の産地訪問です…今年はコスタリカ・グアテマラに2週間行かせます…3年連続3回目になります。コスタリカ・ロサンゼルス、コスタリカ・シンリミテス、グアテマラ・サンタクララ、グアテマラ・エルインヘルト等々さかもとこーひーで毎年使っている農園を中心にして、他の農園も廻ってきます。

3回目ですので…同じ農園を訪問しても、見えるもの感じるものが違ってくるでしょう。しばらく毎年同じ時期に同じ産地を訪問する予定です。まだ若いので…そうすることで、基礎を深く学ぶことでしょう。

そんなこんなで…前回のプロのつぶやき「一汁一菜でよいという提案」が何人もの常連の奥さんからご感想を頂き…同じようなことを感じているんだと嬉しかったです。

「一汁一菜でよいという提案」土井善晴著の中で印象的だったのが…「家庭料理はおいしくなくてもいい」という言葉でした。

家庭料理はおいしくなくてもいい…家庭料理とは素朴で地味なもの…家庭料理の目的は家族の健康…中くらいに普通においしければ、まずはそれでよい…家庭料理は工夫しすぎないのが大切、飽きない、安心…家庭料理はいつもいつもご馳走である必要も、いつもいつもおいしい必要もない…家にある材料はいつも新鮮なものばかりではないし…ととっても共感するお話しがありました。

家庭料理とは家族を育むもので…毎日を楽しみ、季節旬を楽しむ…それも気持ちを育むことだと…その為には基準も必要なんだと…。

友人の定食屋さんが巣鴨にあります…「巣鴨ときわ食堂」と言いますが…かなり苦労した時代もあったようですが…今は繁盛して巣鴨近辺に4店舗構え…お昼前から…周りの店が閉めた夜の9時とかでも行列ができるように…地域に必要とされています。

僕はこのお店を理想的なファミレスだと思ったんです…昭和の料理上手なお母さんのご飯とも言っています…お刺身、焼き魚、煮魚、フライ、ぬかずけ、煮物、サラダ、炒めもの…ほんと家庭料理なんですが…ひとつひとつ丁寧に仕事して、素人ではなかなか出来ない美味しさです。

若いひとり客…単身赴任風の男性…近所の家族やお年寄り…定食食べたり、昼間からビール飲みながらのご飯だったり…夜は若いカップルがビール飲んでご飯食べて楽しそうにしていたり…昭和の食卓のようです。

毎朝市場で仕入れ、新鮮な内に料理し…みそ汁は1人前づつ片手鍋でつくり…ご飯はたきたて…ぬか床は毎日300回かきまぜて…家庭でも出来ないような手抜き無しです…こういったありそうでなかなか無いお店が繁盛していると…地域のお店の役割や…地域のお客さんが何を求めているか伝わって来ます。

そんな家庭料理とホームこーひーを考えてしまいます…「毎日とびっきり普通に美味しいこーひー」につながってきます。

専門店のようなドリップは家庭で毎日していられませんし…ましてやエスプレッソやラテはバリスタさんの腕にかかっています。勿論、それを家庭でする人もいますが…かなりの少数派、マニア的だと思います。

そうで無くて…コーヒー好きの普通の家庭で…気軽手軽に毎日「とびっきり普通に美味しいこーひー」を楽しめるようにしたいと思ってます。家庭料理からホームこーひーに繋がっていきます。

いつものこーひー…いつもの季節のブレンド…。

勿論…グアテマラ・エルインヘルト農園のような世界のトップ中のトップの際立つ魅力のシングルオリジンだったり…「アフター・ダーク」「グローリア」「デイドリーム」のブレンドの楽しみもお届けします。

そんなこと言ってますが…先日おやじ6人でサンク・オ・ピエ、ジビエコースを楽しみました…対馬の猪を自家製ハムにしたり、ソーセージにしたり…ラグーソースでパスタにしたり、背肉のローストだったり…それぞれに合わせたワインと堪能しましたが…デザートは…栗粉ドライフルーツ胡桃のケーキ…キャラメルショコラ…フランボアーズのソルベ…それらに合わせた専用ブレンドが…栗粉ドライフルーツ胡桃にも…カラメルとかなり効かせた生チョコにも…酸味が豊かなフランボアーズのソルベにも合って…おやじみなさん驚いていました。

そういった通常のコーヒーではありえないことも楽しんで仕事してます…同時にホームこーひーを大切にしていきたいと思ってます。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。







Last updated  2017.01.29 09:55:53
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.01
カテゴリ:美味しい暮らし
2016-01-31

プロのつぶやき832「駆け上がる勢いの魅力、成熟した魅力」

昨晩は常連さんであり友人でもあるワインの専門家のKさん主催のサンク・オ・ピエでのワイン会に行ってきました。今回はどのようなワインかは知らされずブラインドで楽しみ…あとで説明されました。

僕はワインの知識があまり無いのですが…このような会でディープなワインやワインの世界のトレンド等に触れる事ができて…同じ飲み物としての質感や魅力…サンク・オ・ピエシェフが合わせた料理とのマリアージュと…楽しみながら経験を積めるので…半分仕事、半分楽しみといった感じでほとんど参加しています。

デザートは…サンク・オ・ピエのジビエコースの「レーズン入り栗粉のケーキ、生チョコパヴェのコアントロー風味、ピエール・エルメ風カラメルと有塩バター風味のアイスクリーム」にこのコース専用のブレンド…さらに持ち込んだ「アローン」で楽しみました。

「カラメルと有塩バター風味のアイスクリーム」と専用ブレンドの相性の良さ…「生チョコパヴェのコアントロー風味」とアローンのマッチングと…イメージ通りにデザートを引き上げ、こーひーも魅力的で…ニヤニヤしていました。

サンク・オ・ピエに行く前にタポスコーヒーでラテやデュアルブラックを飲んでいたら…テニスの専門家の20年来の常連さんにばったり…錦織選手のディープな話しを聞かせて頂きました。

掲示板やTwitterでは錦織選手負けると…ダメだしばっかりで…なんてネガティブチェックばかりなんだと暗い気持ちになります。

(昔のコーヒーの世界は不味さを如何に減らすかが美味しさに繋がったのですが…スペシャルティコーヒーでは不味さが無いのは当たり前で、如何に際立った魅力を美味しさに繋がるかが大切で…欠点チェックに慣れていると素晴らしい魅力を捕まえられないんです。)

今回の錦織ジョコの試合を観て…ジョコのあまりの受けの強さに横綱を感じ…錦織選手はぐいぐい勢いのある関脇かなぁーと思ったんです。1年前はベスト10の居心地があまり良く無いと言っていたのが…1年経って当たり前になり…さてこれから大関にというような感じを受けています。

駆け上がる勢いの魅力をたっぷり楽しませてもらっています。壁にチャレンジしているエネルギーはとっても魅力的です。

月曜日は渋谷の「志の輔PARCO」に行ってきました。PARCOのビルが立替だそうで「志の輔PARCO」は今回で一旦お休みとなるそうです。

第1回の「志の輔PARCO」は3日間で…その時から通って20年…志の輔師も僕も40代になったばかり…今では大看板の志の輔師ですが…考えてみれば20年前は有望な中堅って感じだったんでしょう。

特に思い入れのあるのは最初の10年間…まさに駆け上がる芸を毎年味わい…さかもとこーひーもまだまだ常連さん少なくて…毎年必死な思いでしたので…大きなエネルギーをもらいに通ったのを思い出します。

その後は1月1ヶ月公演になり…お客さんも増え、チケットが取りづらくなり…う~~ん少し変わったかなと思いつつも…去年はチケットが全部外れて行けず、あと1回急用で妹夫婦に譲ったのがありましたが…20年経って最近は成熟した魅力を楽しんでいます。

さかもとこーひーは…この20年で素晴らしい素材が手に入るようになり…その素材を生かした焙煎やブレンドも手の内に入り…常連さんも増え…最近はサポートする後輩が増え…2代目の息子の指導が始まり…色々と考えますが、まだ振り返るには早いです。

そんなこんなで…20年を振り返りつつ…次の20年に思いを馳せています。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。






Last updated  2016.02.01 08:31:59
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.16
カテゴリ:美味しい暮らし
2013.04.16

「pinetreecafe1周年記念「いろ色」市お知らせ」

さかもとこーひーを使ってくれている
千葉市若葉区北谷津のpinetreecafeさんが
今度の土曜日、4/20に
1周年記念のイベントを開催いたします。

オーナーご夫妻は僕の高校の同級生だったのが縁で
さかもとこーひーを使ってくれるようになりました。

僕はこの日お昼過ぎからの
「出張こーひーレッスン」で
参加いたします。

遊びにいらしてください、お待ちしています。

「いろ色」市
2013.4.20(土)
11:00-17:00
〒265-0067
千葉市若葉区北谷津町12番地
043-228-4868
pinetreecafe

「pinetreecafeがオープンして皆様に支えられて1周年経ちました。
その1周年を記念しまして、pinetreecafeの庭先でいろいろなみなさんと
いろいろな手作りの物を展示即売する「いろ色」市を開催したいと思います。」

焼き菓子、編み物、刺繍作品、布小物、七宝焼き、とんぼ玉、
押し花アート、木製品、古道具、レース網、ブックカバー、
木工、アレンジレッスン、寄せ植え、ハンギング、鋳物、写真、
ミクストミディア作品、ソープアートフラワー、ベーグル、陶器等、

18店舗が参加します。






Last updated  2013.04.16 15:28:25
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.01
カテゴリ:美味しい暮らし
明けましておめでとうございます。
お正月らしいピーカンの良い天気です。
陽の当たる窓際で、TVもCDも無しで、
Kindle三昧です。

「ソウル・サーチン R&Bの心を求めて」もうひとつのマーヴィン・ゲイ物語
「落語進化論」
「待ってました!花形落語家、たっぷり語る」
「素人の顧客の意見は聞くな」

ローテーションで読んでます。
あぁ!きもちー♪






Last updated  2013.01.01 11:29:16
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.14
カテゴリ:美味しい暮らし
昨日夜は…千葉市民会館での立川談春師の独演会に長男と行ってきました。会場には友達もひとりふたり。

いきなり談春師登場…お客さんはリタイア世代が多く、談春目当ては少なめ?

アウェイな空気をどう持って行くかと思ってたら、
気軽な与太郎ネタで「かぼちゃ屋」で軽く受けを取り、
これで一席おわりかと思ったら、
そのまま千葉の地元ネタに移り、
与太郎つながりで「粗忽の使者」でどっかんどっかん。

立川流ファンへのコネタも織り交ぜながら、
落語、談春初心者からコアなファンまで引っ張る引っ張る。

休憩後は紋付で登場。

やはり与太郎つながりで「妾馬」

すっかりあったまっているので、
素晴らしい勢いのままどっかんどっかん。

終盤、妹を想う場面はぐーっと引きつけ、

最後は「もうすぐ一年です。」で幕。

談志ファンも納得。

二年前の市民会館、去年の成城学園4回の時が、
自分の芸をしていた。

今回、初心者のお客さんも置き去りにすること無く、
ひっぱりながらのグルーブの素晴らしさ、いやお見事でした。
来年は追いかけなきゃ。






Last updated  2012.11.14 20:27:19
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.13
カテゴリ:美味しい暮らし
2012.04.132012.04.13-2


昨日お風呂に入る時、キッチンにプリンが並べてあって…今朝、かみさんが店に持って来て、スタッフみんなと頂きました。牛乳が余っていたから、気分で、久しぶりに作ったそうです。

かなりいい出来で…ちょっと見には、あれ?スが入っているって感じなんですが…実は、最初にこのくらいしっかりとカロリーかけて、その後弱火にして、芯までゆっくりと滑らかに火を通します。

普通は滑らかを意識するあまり、弱火で時間をかけてしまうんですね。これでは、タマゴに火をとおした時のほっくりとした豊かな味わいがでません。

表面はしっかりと、芯は優しく…で、プリンの滑らかなコクがありながら、後味の爽やかな美味しさをイメージしています。

レシピは、さかもとこーひーHPのバックナンバー、さかもとこーひー'ズ ケーキブックにあります。http://www.sakamotocoffee.com/cake/cake8.html

実は、このプリンにレモンバーベナの香りを付けたのが生涯最高でした。もう20年位前ですか。で、そのレモンバーベナの苗をかみさんが見つけて来て、今育ててますので…もう少し経ったら、レモンバーベナのプリンを作ろうと思ってます。牛乳温める時に、レモンバーベナの葉っぱを数枚入れるだけです。

因みに、下のプリンは僕が昔焼いたものです。火加減を微妙にコントロールしています。器は自作です♪






Last updated  2012.04.13 15:32:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.12
カテゴリ:美味しい暮らし
日曜の営業をスタートして2回目の朝です。いつもより2時間多くゆっくりと寝て、ぼーっとして、天気がいいので歩いて店まで来ました。日曜は焙煎を休んで…これから「プロのつぶやき」を書きます。こーひー淹れて…今朝は「エルサルバドル・サンイシドロ」…ラジオつけて…誰もいない店で原稿書き…なかなかいい感じです。日曜のお店は11時-17時です、お待ちしています。






Last updated  2012.02.12 09:14:25
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全273件 (273件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.