458220 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

春ちゃんの阪本便り

日記編

★★★春ちゃんのフォト575★★★

平成23年5月下旬、梅雨いりしそうな雨の中、久しぶりに休養。

ノンビリしながらフォト575を~!

 

四葉マーク

 

マークトップバッターは、今日、雨が降り出す前の郷土館!

新緑の美しさにシャッターを切ったのですが、色々な色が混ざっているのを見て、なぜか高齢者の「四葉マーク」とダブってしまいました。

このマーク、「幸福・幸運」を示す四葉のクローバーとシニアの「S」をデザインしたものらしく、四葉の緑色系と注意を促す既存のマークと同じ赤系の色が使われています

まさしく、郷土館の風景色!

 

昨日、道路沿いの缶やゴミを拾うクリーンキャンペーンがありました。

先般、書いたと思うのですが、阪本市場垣内では、足が不自由な人が多く、事前に出来る範囲のところで実施する人が多く、本番の日曜日、する人が殆どいないので、私も、土曜日、時間をとって損保谷のお掃除させていただきました。

これからの季節、自転車を楽しむ人が多く、道路脇に砂などが溜まり、思い切り下っていくには危険。

その砂を吹き飛ばしたり、交通安全地蔵尊の草刈など、ゴミ拾い以外の事もさせていただきました。

ということで、昨日の日曜日はキャンペーンに参加せず、いつもの時間に道の駅のお掃除に行きました。

8時前、天辻垣内の人達がキャンペーンの為に集合しているのを見てビックリ。

阪本市場垣内と違い、人が多い、しかも若い人、男の人、老若男女入り乱れ~!

集合する事自体が素晴らしい。 阪本市場なんぞ、各自バラバラに開始。 それもパラパラと~!

その地域力、大塔の中ではピカイチなのではないかと思います。

 

イタッポ575

 

クリーンキャンペーンの時、出来るだけ大きくなる前のイタッポを切り倒していきました。

このイタッポ、タケノコのようにそそり立っている若芽の時は食用に出来る山菜で、その姿をみていても気持ちいい感じ。

でも、これを放置していると背丈2メートル以上にもなる厄介者!

道路脇で大きくなると歩行や自転車・バイクなどの大障害になり、危険そのもの!

小さい内に、ちょっと切っておくだけで、景観もよくなる。

こんな気持ちを詠んだものですが、この句、いろんな意味に解釈出来る奥深いもの。

みなさん、ご自由に読み取って下さい。

イタッポというのは、この辺の呼び方ですが、一般的にはイタドリと呼ばれています。

全国的には、本当かどうかしりませんが529もの呼び方があるとか!

若い茎は食用出来るとともに、若葉を揉んで擦り傷などで出血したところに当てると、止血効果とともに、傷みも和らぐそうです。

イタドリはこの「痛みを取る」から由来したとも言われています。

 

道路の管理、民主党政権になってから、予算が減ったようで、土木事務所の作業車もあまり見掛けることが無くなりました。

道路などが危険な状態でも、管理する気は無いように思えてしまいます。

自転車で走っていると、その危険な状態がよく分かります。

 

自転車575

先日、インターネットでスマートフォンを自転車に取り付けるグッズを手配。

なんでも、凝ってしまう性格。

今回はスマートフォンでサイクルナビとしゃれこみました。

この辺をウロウロするだけなのに、必要かどうか疑問ですが~!

それにしても、スマートフォン、本当に色んな事が出来て楽しい限り。

これを取り付けて、まだ、遠乗りしていないので、天川方面、どの範囲でドコモが使用できるか未確認。

スポーツバイクと言われるもの、可能な限り車体重量を軽くするのが鉄則。

数十万もするバイクは安物に較べ、各段に軽量らしい!

こんなに色々取り付けると重くなり、力は必要になり、肩や足が凝ってしまうことに~!

嬉しがり屋もほどほどにしないと!

以上、フォト575特集終わり。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.