347678 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

春ちゃんの阪本便り

PR

フリーページ

サイド自由欄


行事予定

特に予定なし

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

全521件 (521件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >

2017年06月12日
XML
カテゴリ:一般
久し振りのブログ再開して、色々な人から、久し振りですねと声を掛けて頂き感謝しております。
あまり書く事はないのですが、あまり書くと困る人もおられるようで、そうなるともっと書いてやろうと反骨精神が高まったりと複雑ですが、そこは、私の基準で判断していきたいと思います。
書けない内容のものはいっぱいあるのですが、前頭葉が発達している大人なので、常識の範囲で!

そういう事で、まずは心癒される故郷の風景を〜

まずは、早朝の天辻峠からの景色。
開放感溢れる気分が最高!
駅のお掃除に行こうとしたら、朝陽に輝く湖面から靄が出ている景色に思わずパシャ。
6時前からボートで釣りをしている人がおり、この写真の真ん中右に小さく写って、いい雰囲気だったのですが、写真をみると、水煙・ボートが分かりづらくガッカリですが、いい光景でした。

駅でお掃除をしていると、おばさんが追いかけて来て、「道の駅のスタンプはどこですか?」と尋ねられました。
朝早くからスタンプを求められる方は結構おられるのですが、「駅は9時にならないと開きません、駅の中にスタンプ置いてます。」と愛想無い返答。

世の中、趣味も色々ですが、駅のスタンプ、それにダムカード、橋カードなどを集められている人も多いようです。
今、工事中の辻堂バイパスでも、現場事務所のそばの道端に、「橋カード、事務所にあります」というような看板が立っています。
工事中の堂平の橋のカードだと思うのですが、こういうの、完成したら貰うところがないので、工事中にゲットするのでしょうかね?
阪本バイパスの工事始まったら貰って、ネットで売ろうかな?

次の写真は、嫁さんが働きに行っているダムカードです。
旭ダムと、その上流にある瀬戸ダムのカード。
こういうの、眺めて楽しむんでしょね!

先日、ご近所さんとお話していたら、ある時、バスに乗り遅れた娘さんの話をしてくれました。
その娘さん、なんと、廃校マニアだそうで、阪本小学校を見に来られたそうです。
そういえば、以前にも、校庭に座り込んで、校舎をぼ~っと眺められている方を見掛けました。
その娘さんによると、ネットで廃校スポットを検索すると地図にスポットがズラッと出てくるそうです。
これは、ネットに投稿されていた阪本小学校探索の一部です。
校舎の中にも入るんですね。
そういえば、最近、無断で入るなという看板が新に設置されていました。
廃校マニアにとって、この辺は絶好のスポットになるんでしょね。
この阪本小学校といい、塩谷中学校など、雰囲気がいいですよね。
近代社会に溺れている人が、心の休息出来る場所。
少し哀れみを感じるかもしれませんが?
もうじき、この辺が廃村スポットになるかも?

その娘さん、後日、友達を連れて、再度来られたそうです。
気に入ったのでしょうね!

趣味は色々あるもので、磨崖仏を趣味としている人が東北から中原まで来られていたし~

私の趣味はモバイル老人。
最近、楽しんでいるのはアップルウォッチなるスマートウォッチと、AirPodsというワイヤレスイヤホン。
これ等を使い、眺め、モバイル生活を楽しんでおります。

この時計、健康管理は勿論、スマホに届いた各種通知が確認出来るし、通話、イヤホンで聞いている音楽の操作、天気予報・スケジュールの確認、録音などなど色々な機能満載。
一番便利なのは、電話がかかってきても、スマホを出さなくとも、これで話が出来るし、それに、買い物の支払い、電車やバスにもこれで乗れる。
切符を買う手間や、財布からお金を出す手間が不要で、老人の必需品と言えます。
覚えておかなくてはならないことは、録音出来るし~
もっとも、ボケて、操作が分からなくなったら、どうしょうもありませんがね!

もうじき、車も自動運転になるだろうし、便利な時代になりました。

ちょっと、脱線してきましたが、最後は、4月の末にあった政吉供養祭の動画を載せておきます。
向阪本での供養祭、行事が減った中、この供養祭の魅力がアップしたような想いです。







最終更新日  2017年06月12日 17時18分49秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月29日
カテゴリ:一般
昨日の実験投稿、写真がデカデカ貼り付けられるのは、ちょっと気になりますが、気楽に書き込めるのでまあ良いかと!
美しい写真なら良いのですが、私がよく使う嫌味な写真では、ちと見苦しくなるかも!

長い間、投稿していないので、阪本の近況を報告したいと思います。
阪本と言えば、バイパス工事の状況になりますが、どうにか動き出したというところ。

rblog-00290529163734-00.jpg
写真は小代下から入ったトンネルが阪本市場に抜け、現在の国道の上を超え、ダムを橋で超えるところの図面です。
橋の長さは106mほどですが、今回、この橋台を作る為の迂回路工事が5月に始まる予定でした。

rblog-00290529163734-01.jpg
写真の茶色の部分が、その仮の迂回路。
この工事に伴うボーリングの振動被害を明確にする為の家屋調査が4月頃に終えております。

先日、工事延期の文書が回ってきました。
なんと、この時期、ダムが満水になるのを猿谷ダムと調整が出来なかった為だとか?
この猿谷ダムは和歌山の水田に水を供給する為のダムなので、この時期、満水状態になります。

rblog-00290529163734-02.jpg
満水になるのは分かっていることなので、事前に調整しているとか、満水でも杭打ちが出来る技術があるんだとばかり思っていたら、バカみたいな話。
同じような話が天辻の木工館でも発生しました。

rblog-00290529163734-03.jpg
この木工館をライダーズカフェとして5月の連休にオープンするように西吉野の人が五條市と契約を済ませていたのですが、五條市が事前の地元調整をしていなかった為、開店出来ない状態になっております。
1年近くも準備されてきており、その費用も大変なもの。
今回の迂回路工事延期も、準備していた工事会社もさぞ大変かと思います。
何かいい加減ですね。予算の無駄使いも発生するだろうし。

rblog-00290529163734-04.jpg
写真は橋が架かるところの元大垣食堂の跡地。
現在、現場事務所が二つ建っております。
左の方が、迂回路工事に伴うもので、工事延期で建物リース代も無駄。
手前の事務所は水道工事関係。
トンネル工事で水脈が変わり、水が確保出来なくなる恐れがあるので、新たな水道施設を作る事になり、現在すでに工事が開始されてます。
年内には完成予定。

現在、阪本は、四つの方法で水を確保しておりますが、新たな施設の完成で、全員が同じ水を飲む事になります。
私は、現在、市場垣内の水道施設の管理をしておりますが、お役ごめんになり、負担が減ります。
現況報告はこんなものです。

先日、阪急交通社のツアーなるものを初めて利用しました。
旅行と言えば、マイカー利用ばかりだったのですが、たまには新幹線などで行ってみたいとの嫁さんの要望で〜

rblog-00290529163734-05.jpg
長崎のハウステンボスなどに行ってきました。
ツアーは気楽で良いですね。
全てお任せなので、段取りが不要。
私等のような夫婦が大半。
添乗員さんも慣れたもので、少々ボケが入ってきている私らをまとめる技を駆使。
事前に案内文書を渡しても分からなくなるので、その都度渡して説明。
全てが直前にしか説明しない、渡さない姿勢は大したものです。
こんな感じで役人さんも計画的に対応していただければスムーズにいくのにね!
久し振りの嫌味なブログでした。
すみません。
昨日の超久し振りの投稿で、次の投稿はしばらく無いと思われている裏をかくのが、これまた楽しからずや!







最終更新日  2017年05月29日 16時37分37秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年05月28日
カテゴリ:一般
超お久し振りです。
こんなに長くアップが無いということは、余命短い状態になっているのではないかと思われた方も多いのでは?
このブログの目的の一つに、町外に出られた人に、故郷の元気な姿を見て頂くことでした。
私が阪本に来る前は、お墓参りに戻って来るだけでしたが、住んでみて、あまりにも故郷がどんなものなのか知らなかったかを認識しました。
一番ショックだったのは、周辺の山で松茸が採れること。
知っておれば頻繁に帰っていたのに。
そんなこんなで、もっと知ったもらおうと、故郷の活性化も含めての活動の一環でした。
でも、何か虚しいといいますか、報われないといいますか、過疎化の波と大塔町の体質に、奉仕の精神が衰退。
rblog-00290528180056-00.jpg
写真はLine の共有画面。
ブログはサボっておりますが、こんな感じでつぶやいております。短な人だけしかみれませんが、その分、気楽につぶやいております。
今日、楽天ブログを気楽に扱えるアプリを目にしました。
rblog-00290528180056-01.jpg
これで、気楽に書き込めるかの実験で、これを書いております。
写真がどのように反映するのかもみてみたいし。
rblog-00290528180056-02.jpg
写真は私のサイドテーブル。
アイホーンやアップルウオッチ、AirPods などを簡単に充電出来るようになっております。
このように、アップル製品で自分の世界に浸り、楽しんでおります。
何せ、小道具が好きなものですから。
電車やバス、それに買い物など、アップルウオッチをかざすだけでいいのですから、便利な時代になったものです。
とりあえず、今回は実験アップでした。







最終更新日  2017年05月28日 18時01分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年01月02日
カテゴリ:一般

天辻峠からの唐笠山、行者山。
道の駅のお掃除の後、8時前に拝めた初日の出。
新天辻峠を抜けると広々とした景色が広がってきます。
何か、急に明るい未来が見えるような爽やかさを感じる好きな場所です。

前置きが長くなりましたが、、明けましておめでとうございます。
ブログサボってませんかという指摘を受ける今日この頃、最近、ボーっと自分の世界に浸り、つい疎かに!
今年の年賀状!
将来の世代につなぐ道。
道端の松茸にご注目を!
我が病気も寛解状態になり、医大病院から地元の病院に逆紹介。
治る事のない病気ですが、とりあえず、進行は止まっている状態。
無理をせず、ストレスを溜めずに過ごしていきたい。
初詣でも無理をせず、地元のお寺、神社、祖先のお墓にお参り。



今年は酉年、御神酒も白鶴といきなはからい!
毎年、本宮にお詣りするのですが、長い列で拝みも出来ない。
でも、綺麗にきよめられた天神社でユックリ、じっくりお願いを!
皆様も御遥拝を!

今年は、阪本バイパスの先行工事が始まり、変化の多い年になりそう。
春には、先行工事の水道関連工事が始まり、来年には新水道が稼働し、私が、現在管理している市場垣内の水道管理からも解放されると思います。

4〜5年後ぐらいにはバイパス工事も終わり、阪本もこんな感じになるのだろう。
お絵描きソフトで写真に書き込んだのですが、これほど急な橋ではありませんので、単なるイメージです。
お絵描きソフト、春には、新しいタブレットを買い求め、描いていこうかと計画しています。
新しいことにチャレンジしたり、指先を動かすことで、ボケ防止に努める所存です。
そのソフトを使い、スマホで練習がてらに描いたもの。小さな画面では、ちと無理なようですが、タブレットで、もっと、技を磨いていきます。

ここ最近にはない穏やか正月。
穏やかな年になることを願いつつ、初書込みを終えます。
スマホでの書込み、疲れます。






最終更新日  2017年01月02日 13時46分53秒
コメント(8) | コメントを書く
2016年11月20日
カテゴリ:一般
ご無沙汰しております。
造林地の作業道づくり、本年分の作業が終わり、申請書や報告書の作業に追われておりますが、昨日、ようやく終了。
今、気楽にブログを書けないかと、アイフォーンで投稿出来るのか、楽に出来るのかの実験で書き込んでおります。

写真は、作業道の完成写真です。
山が切り開かれ、素晴らしい景色が出現、紅葉も素晴らしい。
最近、真冬並みに気温が下がり、この辺一帯の紅葉は例年にないほど素晴らしく感じます。

一昨日、お巡りさんが、来られ、熊が捕獲されたので注意して下さいとの事でした。
何と、ワナにかかったのは、ふるさとの森公園の横で、向阪本の迫矢生子さん宅横のワナ。
l
写真は捕獲された熊。
他の人の写真を無断転用したものです。
結構かわいい感じに見えますが、109kgの巨体で、この辺をウロウロしていたとは、怖いものですね。
公園の散歩や水源地の掃除に行くのも気をつけないと。
それにしても、こんな大事な事を防災無線で注意喚起しないとは?
先般、野迫川での熊情報は放送したのに、肝心の地元のことは放送なし。

昨日、更に怖かったのは、和歌山南部を震源とする震度4の地震。


写真は、我が書斎の棚が落ちたもの。
簡単にはめていただけのものですが、これ以外にも洗濯機の上の棚のバケツなどが落下。
震度4でこんな感じだったら、東南海ではどうなることやら。
今の内に欲しいものを買って置こう。

最後の写真は昨夜の昭和館。
昨夜は特別に、すずかけの道のモニターツアーの方々が泊まられ、阪本市場が華やかに見えました。






最終更新日  2016年11月20日 11時47分29秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年11月02日
カテゴリ:一般
ご無沙汰しております。
身近に私をみている人以外のお方は、どうしているのだろうかと気にかけていただいているかと思います。
色々抱えている年齢だし、そろそろダメなのかなあ~とか?

正直なところ、気分が乗らないとマメにアップしないのですが、それと色々ドタバタしておりまして、パソコンに向かう力がありませんでした。

野迫川で、村おこしなどで頑張っておられた58歳の有名なお方が、山で滑落し、亡くなられたのを知り、なにか複雑な気持ちになったり~

お寺の教会法要や宮さんのお祭りなどに伴う草刈りや剪定作業に追われていたり、その途中にアイフォーン7の購入やらと、元気に動き回っておりました。
ひと段落ついた頃、一気に冬が訪れたように気温が下がり、炬燵に入りながら、初めてのアイフォーンを、あ~やない、こうやないとか、アンドロイドの世界から脱皮するのにもがいていたわけです。

今朝の温度は4℃、雨が降れば、小雪が舞いそうな温度。

時間が無いので、取り敢えず、愚痴や言いたいことは止めて、簡単な報告だけにします。
写真は10月16日の佛心寺 秋の教会法要。
今回から会計業務の一部をパソコンで処理するようにし、プリンターを用意していただき、作業の簡略化に挑戦。
寺役の人もどんどん減る中、色々考えないと、私がお世話になる時まで護寺できなくなるので~
写真は10月23日の天神社秋の祭典。
宮司さんを囲んで、氏子代表の皆さまの記念写真。
お寺同様、役の方々は大変な感じです。
下の写真は社務所でのショット。
にこやかに映っておられるのは、我が阪本造林委員会の副会長さん。
現在、作業している作業道も掘削は終わり、最後の仕上げ段階になってきております。
昨年は真冬までかかり、気をもみましたが、今年は間伐作業がないので、余裕をもって完成しそうです。
写真は今年の目標地点に到達した時の写真。
約500mの作業でした。
なかなかいい感じで出来ております。
この後、砕石を敷き、出来形測量という完成後の測量をし、11月末に国の完了検査を受けます。
これから、大量の提出書類があり、私の本格的な出番になります。
ユックリ、炬燵でアイフォーンをいじっているわけにはいきません。
写真は我が家から眺めた風景。
この写真の家は大垣さん宅ですが、阪本バイパス工事にからんで撤去されました。

先日、工事が終わり、我が家から見る風景も変わりました。
これが撤去後、真正面の所に新しいトンネルの出口が出来、この場所に向かって橋が伸びてくるようになります。
目だった他の作業はないのですが、なぜか、この作業だけ進んだのか不思議ですが?

色々書きたいことはあるのですが、我が家の夕食は早いので、これでおしまい。
大事な事、忘れていました。
南部地域を盛り上げようと活動されている「吉野大峯・高野観光圏協議会」という団体があるのですが、今回、「すずかけの道」を歩くツアーを計画されておられます。
11月19日~20日の一泊二日なんですが、宿泊場所が我が家の前の昭和館なんです。
今は営業されていないのですが、ちょうどいい場所に宿泊施設が無く、雰囲気のいい昭和館で泊まりたいという要望が強く、特別ということで、ご夫妻が対応されることになりました。
皆さんも、どんなコースなのか、上のパンフをみて、楽しんでいただき、よければ、申し込みして下さい。

明日3日は「大塔いきいき文化祭」&「元気まつり」が大塔ふれあい交流館であります。
篠原踊りや阪本踊りも披露されるようです。
阪本踊りは、踊り手不足で、お子様達が多く踊られるようです。

阪本の「山の神祭典」は12月4日 午前10時から行われます。
近隣の山の神祭典は、寒くなる前にされるようになりましたが、阪本は12月で頑張っております。
金毘羅宮祭典は、山の中腹まで行ける人が減り、今年は有志だけでされるようです。






最終更新日  2016年11月02日 17時58分17秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年09月27日
カテゴリ:一般
涼しいような、暑いような、訳の分からない天気が続き、昨年に続き9月は雨の多い月になりました。
この天候不順で、作業道事業も停滞気味!

台風16号、こちらの方にやってきて、心配しましたが、一時、雨はきつくなりましたが、風も大したことなく、ホッとしました。
五條市の避難準備情報、いつもは早く発令するのに、今回はちと遅め。
取り敢えずは発令しておけという感じでは無くなり、良かったかなとも思いましたが、雨が強くなってからの発令は混乱を招きます。

避難準備情報は要援護者避難情報の意味があり、テレビでも該当者は避難するように報道しておりました。
五條市でも、市長さんの指示で、該当者に電話を入れ、状況確認をされ、必要であれば支所に避難応援を依頼するように伝えていたようです。
これはこれでいいのですが、避難の必要有無を聞いたところで、分かるわけがないのですが?

この情報が発令されたら、住民がどのように動くのか、もひとつ周知されていないので、今回の個別電話は混乱を招きました。
避難準備情報で要援護者を絶対に避難させるのであれば、対象者は誰で、どのような援護がいるのか明確にしておく必要があるとは思うのですが、私を含め、誰も事前準備をしていないのが実情。

先日、読売テレビで「こぼれ落ちる災害弱者」というドキュメントをみました。
熊本地震における、障害者の方の避難に関するものですが、それは大変なもので、以前、車椅子の高齢者の方を避難させるのに、苦労したことを思い出しながら、複雑な思いでみておりました。
避難準備情報に関し、もっと真剣に考えないといけないのかも!

写真は、日曜日、山の奥にある水道の水源地の復旧に行く時、寺の上から撮ったもの。
ダムの水も濁ったままで、流木などのゴミで汚い状態が続いてます。
水源地も荒れてしまっており、ちょっとの大雨で埋まってしまいます。
この3週間、毎週、復旧作業に行ってます。
公園のトイレ、共同墓地の水もここから来ており、私が復旧作業を止めればどうなるんですかね?

写真の手前にはススキが写っておりますが、最近感じることに、このススキを追いやっていたセイタカアワダチ草が全然見かけない。
車で走っていても、注意してみるのですが、この辺では全然ありません。
どうやら、全国的な現象らしいのですが、原因は?

色々な説があるようで、このセイタカアワダチ草が栄養を吸収する地中50センチまでの栄養を吸い尽くしたとか、アレロパシーの影響とかがあるらしい。
アレロパシーとは、他感作用とも言われ、毒などを出し、他の植物や動物などを殺し追いやってしまうこと。
セイタカアワダチ草は勢力が強くなりすぎ、追いやるものが無くなり、逆に、自分の毒でやられてしまったとか!
その後をすぐに奪い返したススキも凄いやつ。

繁栄の後には滅亡があるようで、人類もいづれ~

ある人の話では、宇宙には人類並みに発達した動物が住んでいる惑星はいっぱいあるらしい。
それなら、宇宙人が押し寄せてこないのはなぜかと質問したら、繁栄したら、必ず滅びるから、来ないのだとか!

最近多い、異常気候など環境変化、少しづつ人類滅亡に進んでいるのかもしれない?
少しづつでも、宇宙時間からみると一瞬にして滅亡ということになる。

最近気になった言葉、「2030年になると多死社会がおとずれる」。
あと14年か~、私ら世代を指しているのだろう~な?
人間の一生なんて、宇宙時間からすれば、一瞬も無い。
私も確実に老化が進んでいる。
こんな状況で家を建ててもいいのだろうか?
阪本を離れ、都会に家を~

そんな訳ないか! 嘘で~す。
写真は娘の家、親に似ず、しっかりしております。

吾輩の田舎脱出は無理なようなので、老後に向けて生活スタイルの変更を!

低い炬燵を止め、椅子生活にしました。
真ん中の炬燵、ニトリで見つけた高さを3段階に変えれるパネル炬燵。
商品名「ノビコタ」というすぐれもの。
久し振りにこれだという商品に巡り合えた。
でも、ニトリで買った電気製品、いままで、不良品が多く、このパネル炬燵も暖かくなるのか心配ですが~

部屋の片隅には暖かく感じる行燈も配置。

お隣の栃工房さんの作品。
娘の新築祝いにももうひとつ、お隣のよしみでメチャ安くしていただきました。
どうですか、この温かみ!
陽のささない阪本市場の冬に灯火を~

この行燈、先日催された五條市の青空市でいただきました。
何かゴチャゴチャと売っている店が多い中、渋みがあり、非常にいい感じで出店されていました。

五條市で感心するのは、このようなイベント・催しが多い事。
市民を楽しませてくれる企画に力を入れられていることは嬉しい限り。

火野正平の「こころ旅」、秋の編が始まりました。
今回の出発地は奈良。
初日の今日は、なんと、十津川玉置山から果無峠入り口まで。
火野正平さん、家の前を車で通ったのですね!
NHKは金持ちだからタクシーだったのかな?
それにしても奈良は二回目なのに、沖縄や北海道の回数が多過ぎる。
打上げ慰労の為に必ず行くような感じ。
NHKも潤沢な資金に甘えていると、人類滅亡と同じ運命になるかもしれませんぞ!
そんなことはともかく、今夜のとうちゃこ版を是非とも御覧下さい。
明日は、この近辺かもしれませんぞ!







最終更新日  2016年09月27日 12時04分39秒
コメント(1) | コメントを書く
2016年09月19日
カテゴリ:一般
今日は老人の日、世間では3連休とかで、5月のゴールデンウィークに対し、シルバーウィークと呼ばれています。
老人の日は9月の第三月曜日で、今年は19日。
19はイクとも読め、あの世に行くような感じで、お彼岸やシルバーウィークなどとともに、何か暗い言葉が並び、あまり気持ちのいい週ではありません。
台風16号もヨタヨタし、さっさと動かないので、前線とともに天候不順が続き、本来なら大混雑する道の駅も少し余裕。
10日の土曜日、道の駅の掃除を終え帰宅し、車の掃除を始めたら消防車両が天辻の方に向かっていった。
後で知ったのですが、永谷のカーブでバイク事故があり、ライダーは投げ出され、ガードレールを越え川に落ち死亡されたそうです。
バイクも炎上し、ガードレールも焦げ、事故の激しさが分かります。
どうやら、お亡くなりになられた方は20代の新婚さんで、よく、駅のベンチに早朝から座られていた人と分かりビックリしました。

私が掃除を終える少し前に帰られたのですが、そんなスピードを出す感じの人ではなく、とても信じられません。
報道では、単独事故となっているそうですが、その時間帯は出勤ラッシュで、猛スピードで飛ばされる車も多く、避けきれなかったのではないかと思います。
西野トンネルから天辻にかけてはカーブが多く、バイクの死亡事故多発地帯。
人生、どこでどうなるのか、明日のことは分かりません。

先日、テレビで山奥のニートということで放送しておりました。
和歌山五味地区というところの小学校跡地でニートといいますか、ひきこもりの人達が共同生活をされているというもの。
五味地区の住民は8人で、平均年齢が70歳を超える限界集落。
そこに、ひきこもりの人達を支援するNPO法人「共生舎」を立ち上げられました。
そこで暮らすには月、25000円もあれば十分だそうで、時々、地域でのアルバイト手伝いをしながら、自由に暮らされている姿を見、人生とは何ぞやと考えてしまいました。

秋になると、どうも、しんみりと考え込む傾向があり、悲劇の主人公に浸り、老後がどうなるのかとか、色々と~~
でも、私の老後はモバイル老人。

先般、アイホーン7なるものが発売になり、紙面を賑わしておりました。
おサイフケータイや防水など日本人好みの仕様をカバーしているアンドロイドスマホに対し、遅れていたアイホーンが、今回初めて対応するというもの。

これらの記事を色々みる内にモバイルSUICAなるものがあることを知りました。
SUICAは東京単身赴任時代に使っておりましたが、退職後は電車に乗ることも殆どなく、忘れておりました。
今では、全国のICカードと連携し、買い物なども出来、便利になっているようです。
このSUICAがおサイフケータイに対応したのがモバイルスイカというもので、便利になっているのを知り、モバイル老人の心を動かしました。
古いドコモのお財布対応スマホを取り出し、さっそく、このアプリを試してみることに!

年会費を処理し、3000円チャージ、無事セット終わり。
ここまではいいのですが、これを使う機会が無い。
嫁さんが変な目といいますかバカにした目で見つめている。

500円玉貯金をせっせとしているので、買い物でキャッシュレスというわけにはいかないし、乗り物も車以外ほとんど乗らない。
でも、先の事を考えると、お金の支払い出し入れも大変。
キャッシュレスに移行していかないと!

なんと、こんな田舎を走る奈良交通のバスもICに対応しているというではないか!
車に乗れなくなるのもそう遠くでは無い。
でも、五条駅を通るJR和歌山線は対応していないらしい。
全駅と言わないまでも、五條市の玄関駅ぐらい対応してほしいもの。
四国でも一駅しか対応していないという話も聞きますが、何か、時代に取り残された感じ~~
この先の人生を悲観しながらも、ITの力で乗り切ろうと前向きに考える、葛藤の世代。
「吉野大峯・高野観光圏」という南部地域を活性化しようと取り組んでいる組織があります。
そこのHPに「地域発信ほんわかブログ」というコーナーがあり、そこに私のブログも取り上げられております。
この団体の取り組みの中に、ここでよく取り上げております「すずかけの道」を活用しようと活動されており、近々、この道を歩くツアーを計画されておられます。
高野山を出発し、この阪本で一泊したいということで、阪本にある「昭和館」に相談に来られました。
この「昭和館」、旅館営業はやめられているのですが、雰囲気がいいので、是非とも利用を考えさせていただきたいとのこと。

この時来られた有限会社OM環境計画研究所の代表の方から天川村のすずかけの道をまとめられた124ページに及ぶ本をいただきました。
天川村や野迫川村は、この「すずかけの道」に関して、色々取り組んでおられます。
大塔村が合併した五條市の活動はもひとつですが、この大塔では少しの区間しかないのでしかたないのかもしれません。
このすばらしい本の中で、この辺にからむところを少し、無断で紹介させていただきます。
阪本のお隣の塩谷から塩野、広瀬のあたりの記述です。
下は、天川から大塔の篠原に至るルートの紹介で、途中の峠を「辞職峠」と呼んだとかいう興味のあることが紹介されております。
ここで書かれている川瀬峠ですが、これに関連するような事を、この辺の山をよく歩かれておられる和歌山のショウタンさんからメールをいただきました。
一般的な参拝道としての「すずかけの道」は県道53号線沿いのルートなんですが、行者さんなどの修行の道としては、もっと険しいルートで天川から山越えで篠原や惣谷、殿野などを経由し、野迫川池津川や中津川を経て荒神社から高野に通ったのではないかというのがショウタンさんの説。
それを裏付けるような資料が出てきたと教えていただきました。
川瀬峠を越え、篠原・惣谷・中井傍示から清水を経て野迫川に向かい立里荒神で修行のあと高野へ行ったようです。
大峯から高野への道は奥が深いようです。

このような道で、弘法大師高野発見の道もよく紹介しましたが、この道が通っている大日山、和歌山との県境にあります。
この頂上にあった気象庁の観測施設で使われていたバッテリーの違法放置で水銀汚染されたことを以前報告しました。
この汚染土壌が撤去されていたのを再度埋め戻しする工事が15日に完了しました。。
区の造林地が接していることもあり、状況確認に行ってきました。
そんなに広くはないですが、キッチリと修復されてました。
法面留の方法が、これでは分かりませんが、崩れないことを信じるのみ!
富貴辻からこの現場までの山道も、工事関係の行き来で乱れた状態をきちんと整備しなおしており、その最後の作業を気象庁の方がチェックされてました。

東京の盛り土問題と違い、後始末はしっかりされているようで!
問題を起こしても、その後の対応が大事。
三菱自動車のようになってはおしまい。
東京都もどう締めくくるのか、興味があります。

最後に文化祭のご案内。
パンフの色使いが悪く、少々見にくいですが、10月にしていた災害復興にからむ「元気まつり」と「大塔いきいき文化祭」が合併し、11月3日の文化の日に開催されます。
このパンフは、それに出展する作品募集案内です、






最終更新日  2016年09月19日 15時05分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年09月06日
カテゴリ:一般
台風10号のあと、めっきり秋らしくなりました。
これからは、物思いにふける哀愁に満ちた季節を迎えます。
それにしても、日本は災害の多い国だというのをつくづく感じます。
韓国、北朝鮮、中国などを台風から守る防波堤になっているように思いますが、あまり、感謝されていないようなのが残念。

9月4日、紀伊半島大水害の五條市追悼式が行われました。
追悼式の場所は宇井の大深層崩壊の土砂が押し寄せたところを整地した「大塔運動場」。
横断幕の向こうに見えるのが崩落現場。
運動場、かなり広く、グランドゴルフ場などが出来るそうですが、いかんせん、運動する住民が少なくなっているのが気がかり!
将来、草ボウボウにならないか心配。
写真は記念植樹の模様。
真ん中にあるのが慰霊碑。
水害の記憶の継承と地域の発展を祈念するもの。
運動場の入り口に設置されました。
多くの市民の寄付によって建立されたようですが、寄付をつのっておられたということは、全然知りませんでした。
太田市長さんの式辞。
それにしても、報道関係者の方々が多く、参列者が座られている間で撮影されたりするので、参列者から前が見えないとの声が出てました。
もっと調整すべき。

この災害に関し、新聞、テレビなどで特集を組んでおられました。
産経新聞の5日の朝刊に掲載されていた記事に、阪本の盆踊りが取り上げられておりビックリ。
こうして取り上げられるのは嬉しいのですが、この大水害の起こった時の報道を見てから、新聞記事などは、本当の事を書いているのだろうかという不信感を持ってしまいました。
災害で避難している時、中には入らないように言っているのに、便所を貸してくれと入ってきて、そのついでに取材し、カメラを向けられ、思わず、撮らないでくれと顔を手で隠したところ、それが、悲しんで、途方に暮れている写真として掲載された人がいました。
質問も、期待している言葉を引き出す為に誘導的な質問をし、狙い通りのコメントだけを載せる。
これらの事を経験してから、災害報道をかんぐりながらみてしまうクセがついてしまいました。

この盆踊りの記事、素直に読めばいいのですが、お堂の中は暑く、本当に涙を拭っていたのだろうかと勘ぐってしまう。
歳をとると一段とひねくれてきたようで、「小村のこせ根性」丸出しになってきたのが悲しい。

復興住宅の前の横断幕、色々考えさせられます。
漁業組合さんも頑張っておられます。



我が阪本造林委員会も頑張っております。

今年の作業、120mほど進み、写真は現場の最先端。
行く手の大きな松を伐採中。
手前に倒れないよう、重機で支えながら、切り倒し、大きな根を取り除くのが一苦労。

撮影の為に私が立っている付近が松茸のネヤと言われるところで、私が知っている数少ないネヤです。
毎年5本ほどしかとれない小さなネヤなのですが、この楽しみもなくなるのか!
工事が進むこの先は、歩道と言われる巡回道が無いので、過去、あまり歩いたことのない新しい世界。

昨夜、区の松茸山の入札が行われました。
年々、鹿の被害が広がり、あまり魅力が無くなってきましたが、区の収入になればと応札して下さる方がおられ感謝!

最後の写真は今年の新道の入り口付近、きれいに進んでいっております。







最終更新日  2016年09月06日 09時38分23秒
コメント(1) | コメントを書く
2016年08月27日
カテゴリ:一般
もうすぐ8月も終わり。
盆を過ぎると、グッと涼しくなるのですが、今年は暑さが続いていますね!
でも、お盆の喧騒が過ぎたので、取り敢えずはほっとしております。

前回、活動量計といいますか、スマートウォッチ的なものを紹介しましたが、色々楽しんでおります。
スマホとデーターがリンクしており、色々な画面を見て、自分の体の状態を観察しておりますが、その中の心拍数の画面を見ていて愕然としました。
朝、4時過ぎに起床し、5時30分頃、道の駅のお掃除に行きます。
掃除といっても、そんなに激しい作業でもありませんが、上のグラフを見て愕然!
140もの高い数値が続き、赤い色になっている。
右の方にウォーキングマークがありますが、これは、夕方のジョギングをしている時で、簾や塩谷の方面へ歩きに行っております。
あまり動きがないと、歩くように時計が震え、警告したり、運動状態がいいと褒めてくれたりするので、時計に励まされるように結構まじめに歩いております。
この運動している時の心拍数でも100を超えていないので、掃除の時の心拍数は異常ともいえます。

心拍数が高くなる時の理由は病的なこともあるようですが、そうでは無いとき、ストレスや緊張が大きな要因になるそうです。
駅のお掃除、凄いストレスなんですね!
高速道路なんかと比較にはなりませんが、山奥としては、利用される方が、かなり多いかと思います。
結果、凄い状態になります。
駅に到着すると、ここは、美しいと言われる日本なんだろうかと思ってしまう光景が~
無様な姿を見せない為に、どこから手を付けるべきかとチェックしていき、その日の手順を決めます。
車酔いで便器の回りは汚物が散乱、キャンプ道具なども詰め込まれた大きなキャンプゴミ、駐車場にも散乱している。
洗面所は車中泊の料理屑。
宿泊施設に入られないようにしている簡易フェンスが壊されている。
昨夜も若者が暴れていたのだろうか?
ポルノ雑誌も多数捨てられている。今では興味もないが~

急いで掃除している間にも、どんどん人が入ってくる。
遠慮しながら使ってくれる人ばかりでは無い。
ついつい口・態度が悪くなってしまう。
今日も、ペットのことでケンカになりそうになる。
奥の方で遠慮しながらシッコをさせればいいのに、人の出入りする施設の前にわざわざ連れてくる。
注意すると、逆に文句を言う。

毎朝、今日は善人に徹しようと言い聞かせながら行くのですが、駅に着いたとたん、心拍数が高騰、そんな想いも吹き飛んでしまう。
産経新聞に掲載されている「朝の詩」。
いい光景をみれば、心も澄み切るのだろうが、凄まじい情景をみれば、この詩のようにはなれない。
でも、朝一番、駅に来られた人に不快な思いをさせず、すがすがしさを感じていただく為に、脈拍を上げながら、必死に動き回る。
でも、私の不機嫌丸出しの顔は不快な思いをさせているとは思いますが!
このストレス、ボケ防止にいいのか、体に悪い影響を及ぼすのか?

こうした多くの人が訪れる施設に防犯カメラが無い。
五條市全体をみても、あまり見かけませんが、24時間開けている道の駅には必要。
いづれ、私も、暴漢・変質者に襲われるのではないかと、嫁さんは気遣う。
施設と私の安全の為にも設置してほしい。

すがすがしさを感じるのは、作業道が出来ていき、いままで隠れていた眺望が現れる時。
別世界を感じます。
左の道が昨年つくったもの。
今年は、その途中から右に入り、数年かけて大日山の麓まで伸びていきます。
この最初のジョイントのところが大変なのですが、うまく作業してくれました。
写真は昨年の道とジョイントする部分の床を補強する為に「ふとんかご」と言われるものを設置したところ。
これは鉄線などでつくられたカゴに石などを詰め込んだもので、蛇籠(じゃかご)と言われる河川工事などで使われるものの一種で「角形じゃかご」と言われるもので、布団に似ているので「フトン籠」と言われております。
作業道では、通常、丸太で補強するのですが、谷などの水が多い所や、特に地盤を強化しなければならないところで使用します。
この作業、結構大変なようです。
写真は報告書に使用するもの。
通常は、上の写真のような法留工や路肩工などといって、丸太で補強します。
あと数日で、最初の尾根に出ますので、そこを切り開くと、新たな眺望が現れると思うので楽しみ!

明日、28日、紀伊半島大水害の行方不明者の一斉捜索が行われます。
はや5年になるのですが、9月3日には「大塔復興の灯火」が18時より行われます。
又、五條市主催の追悼式が9月4日10時30分より執り行われます。
いつれも、場所は「大塔運動場」で、宇井の崩落現場を整地したところ。
慰霊碑の建立もされます。

本日の気に入った言葉
「地域を替えるのは、よそ者・バカ者・若者」
テレビのニュースで地域の活性化に取り組んでいる人達が話していた言葉。
考えさせられる深い言葉、うまくバランスがとれないと~






最終更新日  2016年08月27日 16時36分34秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全521件 (521件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.