467126 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

春ちゃんの阪本便り

PR

フリーページ

サイド自由欄


行事予定

特に予定なし

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2012年02月15日
XML
カテゴリ:道関係

 

2月15日

今朝、7時頃、急に雨から雪にかわりました。

春先に多いボタン雪。

この辺では、道には積もりませんでしたが、天辻ではシャーベット状に~!

9時頃には、ほとんど雨になりました。

昼ごろ止むとの予報でしたが、ほぼ雨の一日に~!

 

家の前のやかましい工事が始まったこと以外は特に話題もないので、昨年の秋に予定していて陽の目を見なかった記事を紹介致します。

2/15カメラ軌跡以前に書きましたが、私の現在のカメラはGPS機能付き。

常に位置情報を記録しており、そのSDカードをパソコンにさし、グーグルアースを立ち上げると写真のような軌跡が現れます。

カメラは腰にぶら下げ、車で移動していたのですが、キッチリと軌跡が残っています。

この軌跡は、昨年の秋、天辻でお掃除終えてから、その足で高野辻、そして、そこから延びる工事中の林道高野辻阪本線の探索に行った時のもの!

こういうGPS軌跡を見なくても、グーグルアースで地図を見ると、その工事中の道が八ッキリと見ることが出来ます。

次の写真は、その地図を利用し、分かりやすくする為に書き加えたものです。

 

2/15高野辻阪本線予想図

上の図で薄い橙色の線が工事が終わっている所。

その先の水色と赤色の線は私が適当に予想したもの。

この工事、森林環境保全整備事業の一環で、本来なら平成27年に阪本までつなげる計画でしたが、五條と合併してからは、あまり熱心に取り組まなくなり、大幅な遅れ。

ここにも合併の弊害が~!

この遅れを取り戻すことはせず、阪本までの完成を諦め、1年で200メートルほど工事を進め、平成27年に唐笠山付近のところで事業を中止するらしい。

上の写真で水色の線のあたりが終着点予想。

その先の赤線は、阪本まで、どのようなコースで行く計画だったのか、適当に予想したもの。

多くの人の話では、唐笠山から行者山付近をまわり、阪本小学校の所に出てくるというもの(赤色の右側の線)と行者山から向阪本の方に下りてくる(赤色の左側の線)のがあり、それを、こんな感じかな~と書いたものです。

2/15阪本線先端部右の写真は、この工事の先端部。

手前部分が先端になります。

幅3.5メートルの道で、将来的には、この道から多くの作業道(2.5メートル)をつくり、木の搬出や整備に利用するようになっています。

人工林を切り出した後は天然林誘導を目指す動きがあり、いづれは自然の美しい林道に変貌していくかもしれません(今でも結構自然林があります)。

この林道、ほぼ尾根づたいに走っている為、景色も見応えあります。

下のパノラマ写真は、この先端部横の尾根から天川側方面を撮影したもの。

 

2/15阪本線パノラマ

どうですか、素晴らしいでしょう!

阪本まで開通したら、この景色も簡単に見にいけたのに残念。

この工事に関する諮問の中でも、観光にも利用出来るのではないかと書かれています。

唐笠山や行者山と絡めて、立派な観光的資源になるかもしれません。

最後に、お向かいの解体工事、今日の姿!

 

2/15解体

 







最終更新日  2012年02月15日 17時29分23秒
コメント(2) | コメントを書く
[道関係] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.