470153 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

春ちゃんの阪本便り

PR

フリーページ

サイド自由欄


行事予定

特に予定なし

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2017年07月16日
XML
カテゴリ:一般
いよいよ夏休みバカンスの時期になってきました。
三連休のど真ん中の日曜日、ダム湖も釣り人が早朝より詰めかけてます。
和泉ナンバーが多いのですが、この場所も釣り人の中では知られているんでしょね!

道の駅も盆並みの賑わい。
常連のライダーさん、なぜか「春さん」と気楽に声をかけてくれるのですが、「春さんの盆休みの計画はどうなっていますか?」と尋ねられました。
世間一般の若い人と同じような感覚で質問していただき、光栄。
いつもが休みと言えば休みの年代なのに!

でも7〜8月は私にとっては超多忙期。
作業道事業の事前作業や、草刈り、剪定作業も過密。
年々、体力が衰えていくのと、最近、気力もかなり減少気味なので、憂鬱な時期。
過疎が進み、我が気力も過疎状態。

横道にそれてしまいましたが、三連休の賑わい、特にライダーさんが多い。
道の駅がいっぱいなので、道路脇での休憩も多く、我が家の前でもよく停まっておられます。
このライダーさん達の休憩場所といいますかオアシスになるライダーズcafeがゴールデンウィークに天辻でオープンするはずだったのですが、色々なことがあり、出店予定者の方は中止されました。
詳しいことは書けませんが、心苦しい限り。

でも、場所を変え、8月にオープンされるようです。
場所は西吉野の黒渕、景色のいい広い場所。
結果として、天辻よりもいい場所ではないかと思います。
写真は出店予定地。

バイク関連の多くの企業の協賛もあるようだし、スイーツやパンなども楽しめそうな感じだし、色々な意味で楽しみです。

話は変わりまして、昨日、山の上の方にある水道の水源地の掃除に行ってきました。
保示谷の水源地、旧阪本小学校の校庭に車を止め、山に入って行きます。
一人で行くのは危険だと嫁さんは嫌がるのですが、スマホの位置情報を共有しているので、倒れても、熊に襲われ死んでも、行方不明になることはありません。
保示谷には2ケ所の水源地があり、写真はその二つの水源地。
大雨等が無ければ2ケ月に一度ぐらいの掃除。
今年の末には新たな水道施設が出来る予定で、ここの谷の掃除もあと3回ぐらいでおさらば出来るはず。
そう思うと、なにか写真を撮っておこうと思いました。
帰路、学校裏にある中継タンクを確認すると一ヶ所からの水が来ていない。
クソっと思いながらホースを伝いながら道なき道を、何度も滑り落ちながら登っていくと、水源地近くで流れていないのが判明。
ホースに穴を開け、場所の特定をし解決。

小学校のところに戻ってくると、何か人影が逃げるように校舎の端の方に走っていく。
「お〜い、何処に行くんだ?」と大声で叫ぶ。
リュックを背負っており、こんな所から山に入ると遭難の心配があるので、呼び止めた訳。
若い男性、戻って来たので、何をしているのか尋ねました。

どうやら校舎の写真を撮っていたようで、廃校マニアでした。
校庭に停めている車を見ると「一宮」ナンバー、遠いところから来ているんですね。

二度の山登りで疲れ果て、午後に予定していた剪定作業は中止し、グッタリと昼寝。

その後、愛するiPadでブログを書こうと電源を入れると〜
嫁さん大好き、ナンプレの数独画面が現れた。
数独にも色々あり、嫁さんのチャレンジ中なのは中級の変形パターン。
私には理解出来ない。
こんなに頭を使うゲーム、イライラする。
完成すると賞金や景品が貰えるのなら分かるのだが?
攻略、達成感がいいのだろうか?
ボケ防止目的だけでは出来ない。

阪本バイパスのトンネル出口、橋の支柱工事が中断しておりますが、ダムの水が減ってくる10月から再開するようです。
同時に大垣食堂のあった場所付近の支柱工事も着工するとのこと。
秋には賑やかになってきます。

100年後、どんな状況になっているのか?
100年前の人、今の時代をみたらビックリ仰天。
このブログも古文書。
こんなことで楽しんでいたとビックリされるかも?

先日、ご紹介しましたFM五條の放送開始。
この周辺では電波が届きませんが、下記をクリックして再開ボタンをクリックしていただければ、インターネットで放送が聴けると思います。
もちろん、放送時間帯に限りますが!
  1. FM五條






最終更新日  2017年07月16日 16時13分26秒
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.