464423 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

春ちゃんの阪本便り

PR

フリーページ

サイド自由欄


行事予定

特に予定なし

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

全4件 (4件中 1-4件目)

1

歴史

2012年04月13日
XML
カテゴリ:歴史

昨日は今年最高の気温となり、我が室内でも24度ぐらいになりました。

桜前線もスピードアップしているようで、阪本ダム湖畔の桜も急に開き始めました。

 

4月13日

急激に気温が上がった昨日、我が兄貴が来るので、天川洞川の弘法大師関係の調査に行く予定をしておりましたが、中原のFさんから、お電話をいただき、椎茸狩りに来たら~とお誘いいただきました。

急遽予定変更し、長老もお誘いし、兄貴共々椎茸狩りをさせていただきました。

さすがFさん、椎茸園はかなり広く、しかも、すばらしい椎茸が豊作。

採るのに必死で、肝心の写真撮るのを忘れており、最後に、思い出したように撮影したのですが、いいアングルのものが無く全てボツ!

折角来たのだから、この辺で唯一残されている弘法大師伝説がある中原の奥にある不動明王さんに取材を兼ねて、お参りさせていただきました。

中原春樹写真は兄貴が撮影した取材中の私~!

視線の先にあるのが、弘法大師さまが岩盤に一夜で彫られた言われています不動明王様がおられます。

以前にも報告させていただきましたが、後日、報告させていただきます「信仰の道」で詳しく述べさせていただきます。

この祠の近くに中原の水源地があり、その掃除を兼ねて、Fさんも同行してくれました。

 

弘一福西さん

 

その道すがら、そのFさんがキョロキョロ~!

どうやら、「万年草」というものを探されているようです。

懐かしそうに話されたのは、「少年の頃、この万年草をいっぱい採り、籠に背負い、15キロほど先にある高野山に行くと、買ってもらえ、当時のお金で500円~1000円にもなり、そのお金で少年少女雑誌などを買い、日帰りで帰ってきたのが懐かしい」。

この持ち込んだ万年草に染料をかけ色付けして販売していたようだが、なぜ、そんなものが売られていたのかなど、詳しいことは覚えていないとのこと。

この万年草、山を歩くたびに注意してみているが、最近では、ほとんど見かけなくなったと淋しそうでした。

不動明王さんにお参りした帰路、ご利益なのか、数本だけ見つけられました。

 

万年苔

帰宅してから調べると、正式には「高野万年草(こうやまんねんぐさ)」というらしい。

「万年草」で調べると、出てくる写真は、いわゆる「多肉植物」といわれるものばかりで、写真のものとは全然違う。

「多肉植物」とは葉や茎に水を溜める為、その部分が厚くなっている植物で、少々環境が悪くても生き延びるので「万年草」と呼ばれる所以。

更に調べていくと、写真の「高野万年草」は、正確には「高野万年苔」と言われるだそうです。

苔と言っても、写真でもわかるように、10センチほどの茎を出し、羽状に枝を出すのが特徴で、あまり苔らしくない。

枯れたように茶色くなっても、水をかけると生き生きと緑色に蘇るので、万年苔と言われるようになりました。

高野山で、大々的に売られていたわけは~~

奥之院に弘法大師御廟があり、その昔、毎年、その周囲に万年草が降ってきたそうです。

その御廟の万年草は人の寿命を占うのに利用され、当時の女性達は干した万年草を手道具箱などに忍ばせておき、夫などが旅に出て、音信不通などになれば、この万年草を水に入れ、もし無事であれば、万年草は青々と息を吹き返すらしい。

こうして占いとして脚光を浴びていた万年草も、電話で安否確認出来る時代になり、その役目を終え、観賞用として売られるようになりました。

勿論、御廟の万年草では無く、高野山周辺から集められたものです。

中原のFさんが持ち込んだように~!

数本ほど束ねて、ゼンマイの根などの根株を軸として売られていたようで、観賞用として人気が出ると、更に、顔料の入った桶に漬け込み、青々と見えるように着色までされたようです。

この万年草も乱獲や植林などの影響もあり、中原同様、自然界では、ほとんど見かけることは無くなりましたが、屋上の緑化対策として、この「高野万年苔」が使われるようになり、アマゾンなどのインターネットでも販売されています。

この高野山の万年草が有名になったのは、先程の占いに利用されたのに加え、近松門左衛門の「高野山女人堂心中万年草」という浄瑠璃があった為です。

話せば長くなってしまいますので、簡単に紹介しますと~~

播州飾磨の久米之介が12歳の時、闘鶏がらみで揉め、友達を殺害。

本来なら切腹だが、温情で、出家することを条件に許され、高野山に入りました。

高野山の入り口にある神谷の宿の雑貨屋に、用事で行くようになり、そこのお梅という女性と恋仲に~。

そのお梅に縁談が持ち上がり、お梅は久米之介に連絡しようとしますが、そこは女人禁制の高野山、うまく連絡がとれません。

その時、たまたま故郷の播州から墓石を納めに来た人に久米之介が頼み、その人達にまぎれ、高野山を出て会いにいきました。

それを知った住職や播州の人達は、出家を目指すことを条件に許したのに、なんて事だと追いかけ、追い詰められた久米之介とお梅は女人堂で自害するというお話。

 

中原のFさんの想いで話から、高野万年草(苔)を知ることになり、それも弘法大師さんにからんでいるのだから、嬉しい限り。

ありがとうございました。

高野山霊宝館にもこのような事が紹介されているようですので、近々、訪ねてみます。







最終更新日  2012年04月14日 10時41分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年03月30日
カテゴリ:歴史

春の息吹に誘われ、取材を兼ねてウロウロしております。

昨日は天川方面へ弘法大師伝説を訪ねて天川弁財天などへ~。

その弁財天がある坪内の大崩落現場

こういうところは、だいたい、迂回路になるのですが、ここは、そのど真ん中を仮道路が造られ、崩落の凄さを体感出来ます。

割と低めの所からの大崩落でも、この凄さ~、自然災害の恐ろしさがヒシヒシと~!

少々逆光で見にくいですが~!

 

坪の内崩落

今日は吉野方面の取材、丹生川上神社下社吉野水分神社世尊寺など、これも弘法大師の道に関するものです。

あまり期待していなかった吉野水分神社、その凄さに茫然と~!

詳しくは、後日報告させていただきます。

城戸から20号線に入ったのですが、この辺一帯、サンシュユの黄色い花が満開

写真は紅色と白の梅とサンシュユの黄色が見事なコントラストを描いております。

 

サンシュユ

なぜ、この辺に、この木が多いのか知りませんが、何か役に立つからなんでしょうかね?

漢字で書くと「山茱萸」、これは漢名で、そのまま読んだのが「サンシュユ」。

「茱萸」とはグミという意味で、要約すれば「山グミ」になり、その名のとおり、秋にはグミのような赤い実をつけることから「アキサンゴ」などとも呼ばれています。

この実は漢方の材料になるそうで、成熟した実を熱湯に通し、半乾きにしてから果実を抑えて種子を抜き出し、日干しにします。

これを5~8グラム、0.3リットルの水加え、水が半分ぐらいになるまで煎じて、更に濾したものを服用するようです。

効用は、不妊、生理不順、強壮、インポテンツ、頻尿、老人性夜尿などらしい。

女性を卒業した皆さんには必要ないようですが、これからどんどん老いていく私にはヨダレが出るような効用。

漢方の「八味地黄丸」に多く含まれているようです。

この「サンシュユ」という名前を口遊むと、出てくる歌が~~

庭のさんしゅの木 鳴る鈴かけて ヨーホーホイ

鈴のなるときゃ 出ておじゃれヨ

鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ

これは宮崎県椎葉村の有名な「稗搗節」。

「サンシュの木」は残念ながら「サンシュユの木」とは全然関係無く、正しくは「山椒の木」のことで、この地方の方言で「山椒」のことを「サンシュ」と云うそうです。

この「稗搗節」、本来は「夜這い節」と言われるもので、臼と杵を女性と男性にみたて「臼の中には名所がござる 杵を揃えて 搗く名所 ホイホイ」などと唄われていました。

この夜這い節を全国的に広める為に、もっと健全なものにしようと、昭和の初期、「椎葉山由来記」という悲恋伝説をもとに歌詞を変えたのが、現在の稗搗節。

おまや平家の 公達(きんだち)ながれ ヨーホー ホイ

 おどま追討(ついと)の 那須の末ヨ

 那須の大八(だいはち) 鶴富(つるとみ)捨てて ヨーホー ホイ

鶴富と大八朗の悲恋物語」と言われるものです。

壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落ち武者は宮崎の椎葉でひっそりと暮らしていたところ、那須与一宗高に追討命令が出、病気だった与一に代わり弟の大八朗宗久が向かいました。

しかし、質素に暮らしている平家一族をみて、同情したのか、討伐することをせず、源頼朝に、全て討伐したと嘘の報告し、椎葉のすばらしさに惚れた大三郎はそのまま、椎葉に住んで、平家の人達を助けながら暮らしました。

その内、鶴富という女性を好きになり、結ばれる。

歌の最初にある「鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれヨ」というのは「山椒の木に括り付けた鈴を夜這いに行った時、鳴らすので、出ておいでよ」と大三郎が鶴富に言った言葉。

しかし、その幸せな生活も続かず、討伐に成功したのに、いつまでもそんなところに居る必要はないと鎌倉に呼び戻され、身籠った鶴富を置いて鎌倉に戻っていきました。

よくぞ、ここまで読んで下さった。

ここから今回の本題の野迫川村に伝わる鶴(富)姫伝説」。

鎌倉に戻った大八郎は、その後、熊野に左遷され、やるかたなき慕情を胸に秘めた鶴姫は何度も「水が峯」を越え、熊野に会いに行く。

 

鶴姫墓

 

鶴姫場所写真は野迫川村にある鶴姫公園の鶴姫のお墓

鶴姫は何度も通う内に、この地で倒れたとか~。

野迫川村の解説では鶴姫が一緒に行った鎌倉から何度も熊野に通ったとなっていますが、椎葉では、鶴姫を椎葉に残したままになっている。

当然、椎葉にもお墓らしいものが残っているとか~。

こういうところが、いかにも伝説らしいが、いづれにしても悲しいお話。

この野迫川村のお墓は竜神スカイラインの傍にある鶴姫公園の一番上の方にあります。

散策するにはいい所で、お墓の横には展望デッキがあり、四方の山々の眺望は素晴らしいものです。

鶴姫公園この公園には、少し小さめですが、風力発電も3機ほどあり、その景色もいいものです。

高野山などに行った時、少し足を延ばされ、しばし、鶴姫の想いに浸って下さい。

NHKの大河ドラマ、もひとつ人気が出ないようですが、野迫川村には平維盛などの平家伝説も残っており、このドラマが盛り上がり、野迫川村に少しでも注目が集まればいいと思いますが、弘法大師伝説同様、伝説が多過ぎて~。

花のお話で、ここまで持ってこれたのが不思議。

ブログを書いていると、色々勉強になります。

おやすみなさい!







最終更新日  2012年03月31日 07時25分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月01日
カテゴリ:歴史

 

庚申桜

先日、ある人に、この辺の名物桜を尋ねたところ、以前なら、向阪本の山桜が立派で見応えがあったとのことでした。

あまり大きくなると枝の間が広がるのと、山桜は葉が先に出るので、樹齢とともにまばらな感じで迫力が無くなります。

この桜、写真のように、周りの木も邪魔して、見上げないと、案外、気付かない存在。

場所は政吉さんのお墓がある広場の少し先のところ。

その根元近くにあるのが~

根元何かを祀っているのは知っていたのですが、それが何なのか深く考えませんでした。

この山桜の存在を教えていただいた時、この祀られているのが「庚申さん」だと教えていただきました。

庚申猿」とか聞いたことはあるのですが、「庚申さん」についてあまり知りません、皆さ~ん、詳しくご存知ですか~?

久し振りに真面目にお勉強!

「庚申」とは「コウシン」とか「カノエザル」と呼ばれ、干支のひとつです

「干支(えと、かんし)」とは方位・時間・暦などに関する数値的なもので、「十干(じっかん)」と「十二支」の組み合わせで、60の組み合わせがあります。

現在、「干支」と言えば、「十二支」のことを指すものだと思われていますが、これは、「干支」の数値が使われなくなった現在でも、年賀状などで「十二支」の動物などが使われている為、「十干」は忘れ去られても、「十二支」だけが生き残っているからです。

 

エト

この表はインターネットから無断拝借したもの。

中国殷の時代、太陽が10個あると言われ、それぞれの太陽に名前を付けたのが「十干」だとか言われています。

その太陽は毎日交代で上がり、十日で一巡すると考えられていました。

十日で一巡することを「」といい、上旬・中旬・下旬はここから由来しています。

ある時、10個の太陽が一度に出、草木が燃えるほど熱くなった為、弓の巧者に命じ、九つの太陽を打ち落とし、現在の1個になったとか~!

この「十干」と「十二支」の組み合わせ60が一巡することを暦が還るといい、これが、60歳のことを「還暦」という所以です!

前置きが長くなりましたが、「庚申」が干支のひとつであるのと、干支とはどんなものか、何となく分かっていただけましたか?

 

次に疑問が湧いてくるのが、干支のひとつの「庚申」がなぜ祀られるのかということ!

60日に一度巡ってくる庚申の夜、人間の体の中に居るといわれる「三尺(さんし)の虫」が寝ている間に体から抜け出し、宇宙を支配すると言われる天帝に、その人間の行った愚行を告げ口に行くと言われています。

天帝は寿命を司る神であり、悪いことをした人に罰として、寿命を縮めるそうです。

この三尺の虫、実は、人間が寝ている間にしか抜け出せないので、この日は寝ないようにしようということが行われるようになりました

この寝ないようにすることを「守庚申(しゅこうしん)」と呼び、後に、「庚申待(こうしんまち)」と呼ぶようになりました。

「庚申祭」あるいは「庚申を守る」が訛って「待」になったとか言われています。

庚申の夜には、寝ないようにする為、お勤めをしたり、宴を開いたりして過ごすのですが、でも、絶対してはいけない事があります。

皆さんは既に卒業されているかもしれませんが、この夜、男女同床せぬとか、結婚を禁ずると言われています。

万が一、この日に結ばれて出来た子供は盗人の性格を持つとのこと。

 

庚申さんには何が祀られているのか?向庚申

上の写真の洞窟のようなところの奥に何があるのか、先日、覗いてきました。

右の写真がそれなんですが、あまり見掛けない像が彫られています。

このお姿こそが「庚申さん」といいますか、庚申の本尊で「青面金剛(しょうめんこんごう)」と呼ばれています。

名前の通り、本来はお顔が青い色で塗られていたようです。

一身四手のお姿をしているのが多く、三尺の虫を抑えていただける神さんです。

「申」の訓読みは「さる」。

猿は庚申の使いとされ、庚申塔には「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿(さんざる・さんえん)が彫られているのが多いそうです

 

青面金剛左の写真は、ネットで紹介されていた青面金剛。

足元には三猿が並んでいます。

向阪本の青面金剛の足元にも何か彫られたような感じがしますが、風化が進み、ハッキリ分かりません。

 

阪本には、この向阪本以外に「庚申さん」が祀られているところが、私の身近にありました。

阪本市場にある交番の前の岩本さんのお庭に祀られています。

元々は、現在の上谷の下の方の岩壁に祀られていたのを、水没を避け、家内安全の為、移設されました。

 

市場庚申

この庚申さんの足元をよく見ると、三猿が鎮座しているように見えてしまいます。

更にその下「中村」という字が見えますが、阪本で中村といえば政吉踊りの「中村政吉」さんなのか、詳細は不明。

以上、庚申さんの解説終わります。

分かっていただけましたか~?  春ちゃん講座終わり!







最終更新日  2011年05月11日 11時29分17秒
コメント(5) | コメントを書く
2010年06月08日
カテゴリ:歴史

本殿遠景

結構大きな杉に囲まれ、いい雰囲気の祠。

廃村になった小代村の取り残された小代弁財天堂です。

いつ頃からあったのか知る術はありませんが、祠の中に置かれた修理札を見ると江戸時代の「天保四歳」との記述、西暦でいえば1833年、約200年ほど前に修理されたことになります。

 

参拝道

 

上の写真は、拝殿から参拝道をみたもの。

杉葉に被われてますが、手前の方には石段があり、神秘的雰囲気に思わず心が奪われます。

弁財天は七福神の一つで、神社の祭神として祭られることがあるそうですが、小代の神社は阪本と共有の天神社ですので、弁天堂と呼ばれ、弁天さんとして親しまれたようです。

長老のお話では、野迫川今井、天川の弁財天とともに三大弁財天と呼ばれていたとのこと。 今井や天川は立派に残ってますが、西熊野街道沿いにあった小代村が、道の変遷とともに消えていったように、この弁天堂も移設されること無く、放置される運命になったようです。

この弁天堂のある地は、氏子代表として小代下の増谷さんの名前で登記されており、その増谷さんが、このまま放置していいのか悩まれ、どうしたものかと弘一長老に相談されたそうです。

弁財天と、それを収めている厨子がきちんと残っているのであれば、移設保存も考えようかと、今回、調べに行ったのですが、長い年月の放置でバラバラになっており、そのまま自然に任せることになりました。

 

弁財天場所

 

弁財天堂の場所は向阪本から続く西熊野街道(地図上の黒い破線)を進み、小代道全寺跡を通り、少し行くと斜め上に行く小さい道があります。

この斜め上に上がって行く道が西熊野街道の第一ルートと言われる一番古い道で、斜め上に行かず直進し小代トンネル手前の芝崎谷に出るのが、その次に古い第二ルートと言われてます。

弁財天堂は、一番古い第一ルート沿いにあります。このルートの先はまだ歩いたことはありませんので、詳しいことは分かりませんが、弁財天堂の横を直登し、30分ほどすると横道になり唐笠の方に向かうようです(途中、道は崩落しているようですが、後日、チャレンジします)

本殿

小代弁財天堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祠の中に残されている修理札には「十津川谷瀬」の文言があり、吊橋で有名な谷瀬の大工により修理されたようです。

この大工さん達は、「谷瀬(たんぜ)大工」と呼ばれ、かなり有名な存在で、宮大工的な仕事もしていたようです。

弁財天堂のいいショットの写真を紹介してきましたが、拝殿も含めた全景が下の写真。 長い間放置され、荒れた状態になっていることが分かります。

でも、昔は堂の前に立派な屋敷が建っており、かなりなものだったようです。

餅撒きなども盛大に行なわれ、阪本の子供達も駆けつけたとのこと!

 

弁財天全景

 

最後の写真は拝殿とその前横にある網目模様にからんだかずらです。

このような木が数本あり、からまれた木には気の毒ですが、美しい模様になってます。

これをうまく切りはがすと、いい置物になるのではないかと思いますが~!

 

かすらと拝殿

 

先日、猿谷隋道出たところにある唐笠女滝(とがさめだき)、通称「小姫滝」の上の方の唐笠谷を歩いてきました。

川沿いに木場道らしい、いい道続いており、この道が上述の第一ルートと交わるらしいので、いづれ、道の解明をしたいと思ってます。







最終更新日  2010年06月08日 23時13分19秒
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.