422305 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

酒と○○の日々

PR

楽天プロフィール


らうどじゃずさん

■お酒と良き人との御縁に感謝■

フォローする

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

らうどじゃず@ Re[1]:ひと夏の恋は終わらない(11/03) 飲み過ぎ1号さん このお店は虎連坊ヒルト…
飲み過ぎ1号@ Re:ひと夏の恋は終わらない(11/03) おはようございます 大阪のお得意様 でき…
らうどじゃず@ Re[1]:またここを再開しようかと思った件(10/26) 飲み過ぎ1号さん、誠にありがとうござい…
飲み過ぎ1号@ Re:またここを再開しようかと思った件(10/26) 久しぶりにUPされていて、懐かしいやら、…

バックナンバー

お気に入りブログ

Tatsuya Nishiwaki I… infinite5さん
佐藤竹善のオフィシ… さとうくんですよさん
地酒浪漫。。。 U野さん
塩谷哲の「新・先に言… saltですさん
お酒と料理と音楽をこよなく愛しております。
特に、吟醸酒、純米酒、燗酒、ワイン、本格焼酎など日本の酒。
お酒の感想や居酒屋やレストラン、リストランテなど料飲店様訪問や、
日頃心に残った料理やお酒、音楽やその他のことを書きたいと思います。


地酒浪漫!甲府・銘酒を楽しむ会 会の様子はコチラ


銘酒を楽しむ会 銘酒を楽しむ会2 銘酒を楽しむ会1


★料理店『十四番目の月』のイベントや新メニューなどの情報もこちらに書かせていただきます
十四番目の月 十四番目バナー

★グルメ情報検索サイト「ぐるなび」
grunavilogo.gif

十四番目の月ページは⇒こちら からどうぞ。
日記やおすすめメニュー毎日更新中!

2017年09月21日
XML
カテゴリ:気楽な日記
落語を題材にした漫画「どうらく息子」の作者は「夏子の酒」で有名な尾瀬あきら先生。
その尾瀬あきら先生が開催している落語と純米酒とお料理を楽しむ会「どう楽寄席」に参加してまいりました。

実は毎年参加していて普段馴染みのなかった落語を楽しんでいます。さすがにプロは凄いと言わざるを得ません。何が凄いというと、声の大きさ、声質の通ること、話をちゃんと覚えて自分の細胞にまでしみこませている事、その上で自分らしい個性を加えて何度も同じ話を聞いたとしても楽しめるアレンジ能力、落語に対する愛情と真剣さ、などを素人の私でも強く感じられたからです。

春風亭一蔵さんは今回で二回目。前回と会場は変わりましたが弁舌は冴え、熱はこもり、大変楽しい落語を見ることが出来ました。台風のなか甲府から出かけて行った価値は、それは最初からあるとわかっていましたが、改めて参加して良かったと思いました。

蔵元もひとり出席します。今回は島根県益田市の「扶桑鶴」の蔵元、大畑朋彦さんです。
扶桑鶴のお酒には、お燗で美味しい純米酒がたくさんあります。冷たい温度帯が合う純米大吟醸も伝統的な協会9号系酵母を使い、流行のフルーティな香りをたくさん出す酵母は使用しません。したがっておだやかな、そして澄んだフルーツの香りがそっと味わいに溶け込んでいる、そんな純米大吟醸に仕上がっています。酵母の選択は造り手それぞれが表現したい酒質を考えて選択すれば良いのです。ジューシーでフルボディの甘さを持つお酒にはそれを表現するのに適した酵母がありますのでそれを使えばゴージャスな香りのあるフルボディのお酒を実現しやすくなります。

落語を聞いた後、一蔵さんと大畑さんを囲んでのお酒とお料理を囲む会に移ります。これがまたたまらない。そばにいて直接話せるのですから。にわか落語ファンで一蔵さんに魅了された私は一蔵さんのネタや話し方が移ってしまい、食べるのを忘れるほどすっかり楽しませて頂きました。

伝統芸能である落語。そして伝統の酒、日本酒。他にも長い歴史に育まれた、いやこれから伝統を作って行くであろうものであっても、機会があれば触れて学んでいけたらなと思う「どう楽寄席」でした。







rblog-20170921090825-00.jpg






最終更新日  2017年09月21日 09時36分05秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.