1707863 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2005年09月10日
XML
カテゴリ:

昨日よりの続き「モナ・リサは高脂血症だった」を取り上げます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モナ・リザは高脂血症だった [ 篠田達明 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2016/11/9時点)




高脂血症、必ず高血糖、高血圧とセットで使われる何となくやるせないあきらめモードが漂う言葉。私もごたぶんにもれず、医者からよく聞かされるおなじみの言葉ではあります。

感慨深いものがありますな。・・・ふぅ~む、モナ・リサも私と同類であったか!?

著者の篠田達明さんは、御年六十八歳、現役の整形外科医にして作家、ナント四十一歳から小説を書き始めたというから恐れ入ります。
医学を題材にしたユニークな歴史ものが得意なジャンル。「大御所の献上品」や「法王庁の避妊法」などが直木賞候補になっている。

世間には才能のある方がいらっしゃるものですね。うらやましい。私にももう少しものを書く才能があれば・・・と思ってしまいます。
(もう少しどころか、山ほど必要でしょ!同じもう少しでも、貴方の場合には、もう少し節制が必要というもの。そうすれば中性脂肪もコレステロールも下がるってもんですよ。・・・イタタッ!今日はツッコミがきついですな・・・笑!)


「もしクレオパトラの鼻がほんの少し低かったなら、世界の歴史は変っていただろう」とはよく聞く話ですよね。
「もし明智光秀がド近眼でなかったら、本能寺の変はなかったかも・・・」と考えてしまうのが、この本のおもしろさなのです。

光秀とよく対比して語られるのが、天下人秀吉、若き日の藤吉郎ですね。
藤吉郎は人の顔色を窺うに天性の才能を発揮し、信長が次に何を望んでいるのか、その顔を遠くから見ただけで直ぐに分かったといいます。
痒いところに手が届くようによく気がつく言いますが、信長の背中が痒くなる前に後ろに回ってはべっていたのが藤吉郎であったと言えましょう。

一方光秀は、幼少の頃より学問に長じ、よく本を読んだため必然として目が悪かった。それも強度の近視であったというではありませんか。
近視の方はご経験がおありでしょうが、遠くに焦点を合わせようとするあまりに、目を細めてあごをしゃくりあげるように上目使いの視線を発してしまう。これが、信長には人を小馬鹿にしているようでしゃくにさわったのではないかと、筆者は本の中で想像をめぐらしているのです。
おそらく光秀には、信長のかん高い声を耳にするだけで、その顔はぼやけて顔色を窺うどころではなっかたというのです。

ナルホド!!ひじょうにおもしろい!!
歴史を医学的見地から考察した本を著した人は、私の知る限り篠田達明先生(この先生はドクターという意味の先生です)が初めてだと思います。

信長の高血圧、藤原道長の糖尿病、平賀源内のニコチン中毒、藤原定家のマラリヤ、など驚きの内容です。これを残された肖像画から診断しちゃうんですからお医者様の面目躍如たるものがありますよね。

「モナ・リサは高脂血症だった」お奨めの一冊です。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ






最終更新日  2016年11月09日 07時19分52秒


PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


酒そば本舗奮闘記 - にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2015年08月7日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2009年08月26日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.