1706966 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2005年09月16日
XML
カテゴリ:
そばが今のように細く切られて食べられるようになったのが、江戸時代の初めごろというお話は、この日記でも再三取り上げました。
やはりそばの歴史を語る時は、江戸時代のいわゆる「そば切り」から始めなくてはなりません。
それで、江戸時代の食事、生活、娯楽といった当時の人の暮らしぶりに興味を持つようになったのです。
図書館に結構通いますし、本も買います。(もちろん楽天ブックスから!)

今日は、「一日江戸人」杉浦日向子著(新潮文庫)の中から、話題を取り上げてみました。杉浦さんは、NHKのバラエティー「お江戸でござる」に出演しておられたので、皆さんよくご存知ですよね。
残念なことに今年7月にお亡くなりになられました。残念なことです。

当時の人はそばをどのくらい食べたのかを調べていたのですが、脱線してしまいました。杉浦さんが、なんと大食い大会について書いておられた。

今でも大食い大会はよくありますが、当時の江戸でも結構催されたそうです。
文化14年(1817年)両国柳橋の万八楼で催された記録が残っているのだというから驚いてしまいます。
それが、ナント! 酒一斗九升五合、せんべい二百枚、飯六十八杯・・・とんでもない記録なんです。

注目のそばは、新吉原の桐屋五左衛門(45歳)というお人が、もりそば六十三杯お食べになってチャンピョンになられたそうですよ。

ちょっと変っているのは、八丁堀のいすや清兵衛さん、御年65歳。
この方は、饅頭30個、鶯餅80個、松風(あんこの入った和菓子かな?)30枚お食べになった後に、ナント!たくあん丸ごと5本たいらげたっていうんですから、コメントのしようもありません。

ちなみに酒一斗九升五合を飲んだ方は、芝口の鯉屋利兵衛さん(38歳)、さすがに酔いつぶれてしまったそうです。目を覚ました時に、水を茶碗に17杯お飲みになられたそうですよ。よく目が覚めたものだと感心しますが、その後の水の飲みっぷりにも驚きですね。

酒そば本舗の酒そばは、一袋140gでこれをゆでると約230gになります。もりにするとちょうど一人前になるんです。親切でしょ。。。

酒そば本舗開店記念セール中です!!







最終更新日  2005年09月16日 12時01分24秒


PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


酒そば本舗奮闘記 - にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2015年08月7日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2009年08月26日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.