1420362 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2014年08月20日
XML
カテゴリ:トピックス

ものごとには頃合いというものがありますね。多ければよいかというとけっしてそういうものでもない。古人いわく「過ぎたるはなお及ばざるがが如し」と。

ピアスにしても然り。妙齢の婦人の耳にさり気なくつけられたピアスの輝きは、婦人の美しさをいっそう引立てもしましょうが、顔面ありとあらゆるところにピアスをつけた姿となると、ただただドン引きするだけだと思うのですが。


ウエブトピックスより
【こぼれ話】世界最多のピアスをつけた男性、ドバイで入国拒否

その人とは、ドイツ人のロルフ・ブッフホルツさん。同時に配信されている写真を見ると、ブッフホルツさんの面体はただただ異様としか言いようがありませんね。

しかし、何ゆえ入国が認められなかったのか?人は見た目で判断してはなりません。人権侵害ではないか?


それにしても私は思うのです。そもそもどうしてロルフ・ブッフホルツさんはドイツを出国できたのだろうかと。もっと具体的に言えば、どうして航空機に乗れたのか?

ヨーロッパ・中東間の航空便は、どの航空会社も保安・警備が大変厳しいと聞きます。ロルフ・ブッフホルツさんはどうやって搭乗ゲートの金属探知機を通過したのだろう?(笑!

463個のピアスを全部はずして、ピアス以外は金属を身につけていないことを証明するって時間がかかるだろうと要らぬ心配までする始末。

ちなみに私はピアスなどは一切つけていませんから、搭乗ゲートで身から外すのは、せいぜい時計と携帯電話ぐらいで済みます。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆


**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ







最終更新日  2014年11月23日 06時27分43秒
[トピックス] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2009年08月26日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2015年08月07日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.