1114718 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2017年04月27日
XML
カテゴリ:トピックス

この世に人ほど弱い存在はありませんから、人知を超えた絶対的な力にすがり信仰の道に救済を願ったとしても非難はできないでしょう。

その救いの手を差し伸べるはずの親鸞聖人を開祖とする浄土真宗大谷派の大本山で、僧侶に残業代が支払われていなかったというニュースに目を疑いました。

ウエブトピックスより、
東本願寺、残業代不払い=「時間外払わない」覚書-京都

問題となったのは、東本願寺の研修施設で働く男性僧侶2人に対する賃金の未払い。「時間外割増賃金は支給しない」との違法な文言を含む覚書を、労働者代表と交わしていたとも。


真宗大谷派の大本山にいったい何人の僧侶がいるのか知りませんが、その僧侶たちは労働者であるという厚生労働当局の判断は、その通りであるようにも思われますが・・・。

人知を超えた絶対的な力に頼ろうとする信者が、まず頼るのがお坊さん。そのお坊さんが労働者ということであれば、信仰の救済力が急に萎えて来るように思えるのは、一人私だけでしょうか?



ちなみに私も浄土真宗大谷派の門徒に名を連ねる者の一人ですが、浄土真宗の門徒は、生前であれ死後であれ必ず得度をさずかり、御仏の教えに帰依することで極楽往生が許されると教えられています。

私はできることであれば生前の内に本山にお参りして、お剃刀の儀を済まし、最後の最後に暗夜に迷うことのないようにお導きを乞いたいと願うものです。

・・・得度式では、労働者ではなくお坊さんにお世話になりたいものだと思ったことです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2017年04月27日 16時18分57秒
[トピックス] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.