1592515 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2020年02月16日
XML
カテゴリ:

日経連載の伊集院 静氏による「ミチクサ先生」は、今日が第154回目。

若き日の漱石の日々を伊集院氏は「ミチクサ」と呼んでいますが、今日まで連載を読んできて、なるほどなと思います。

若き日の漱石が歩んだ「ミチクサ」については、これはやはりどうしても正岡子規との親交抜きでは語れないのは言うまでもありませんね。伊集院氏もこの二人の天才の若き日の交友に、これまで多く紙面を費やしています。

ところで俳句ということであれば、日本人なら松尾芭蕉を知らぬ人はいませんね。同じく与謝蕪村も同様でしょう。時代が新しくなって明治期ということであれば、どうしても正岡子規をあげぬわけにはいきません。

芭蕉といえば「古池や蛙飛び込む水の音」、蕪村なら「菜の花や月は東に日は西に」の句が名前と一緒に浮かんで来るように、子規であれば「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」ということになります。

今日の「ミチクサ先生」は、この子規の名を永遠たらしめた「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の発句の場面がみごとに描写されていました。

この時すでに子規は結核菌によって体の奥深くまで蝕まれていて、おそらく子規も自分には残された時間が限られていることがわかっていたのでしょう。東京でやらねばならぬことがあると、母親や妹、そして漱石の必死の説得にも応じず、帰郷し療養していた故郷松山(漱石は松山中学の教師としてこの地に赴任していた)を発っています。

その途中、神戸、大阪、奈良、京都と旅をしている子規。旅といってもこの当時は、どうしても道中歩くということになってしまう。腰の痛みのために旅を続けることが出来なくなった子規は、奈良で宿を取り数日逗留することにした。

伊集院氏は、子規が発句したのはその宿の一室で所望した御所柿を口にしたときのことであると、このように描写しています。


美味い、と子規が声をあげた時、釣鐘を打ったような音色が聞こえた。

「どこの鐘ぞな?」

「東大寺ですね」

「ふぅ~ん」


調べてみると、子規が故郷から奈良、京都を旅して東京へ向かったのは明治28年のこと。明治25年に日本新聞社に入社し、日清戦争の従軍記者として中国に赴いたのが前年の27年のこと。日本へ帰って来るときの船中で、激しい吐血をしたことは、おそらく子規の手記に残されていたからでしょう。「ミチクサ先生」でも書かれていましたし、「坂の上の雲」でも描写されていました。

すでにこの時子規の体を蝕む結核菌は肺はおろか脊髄にまで達していて、カリエスを発症していたために、歩くことも困難になりつつあったことが想像されます。

いわば、自分に残された生を見極めた時に発句したのが、かの句であったということになるのでしょう。


ところで「ミチクサ先生」の連載は2月20日で終了し、新連載が始まるということです。伊集院氏が突然の病で倒れられ、執筆が困難と報じられていますから、若き日の漱石の「ミチクサ」が途中のまま終了するのは残念の極みですが、子規の最後を見送ることになる「ミチクサ先生」を見ずにすむのは、なんとなくほっとした心持ちではあります。

伊集院静氏が健康を一日でも早く回復されることを心より祈念してやみません。




◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2020年02月16日 11時50分06秒
[本] カテゴリの最新記事


PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2009年08月26日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2015年08月07日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.