1864731 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

2021年07月25日
XML
カテゴリ:ひとり言

今年の土用の丑の日は7月28日とか。古くから日本にはこの日にウナギを食べる風習がありますが、栄養豊富なウナギを食べて暑い夏を乗り切ろうという昔の人の生活の知恵には、まったく頭の下がる思いがします。

さてこの土用の丑の日ですが、何も夏に限ってあるのではなく、今年2021年は1月17日、1月29日、4月23日、7月28日、10月20日、11月1日の6日もあるってこと、ご存じでしたか?ちょっと驚きですよね。

土用の丑の日はウナギにとっては厄日。1年に6回も食べられた日には、ウナギの方が大変でしょうから、まあ夏の土用だけにしておきましょうよ。(笑!


このウナギのかば焼きですが、私らが子どものころは文字通り高級料理で、めったに口にすることができなかった。それがこの国の高度経済成長期にアメリカからスーパーマーケットという小売業態が入って来て、特売商品として売られるようになって爆発的に消費されるようになった。

遡上してくるウナギの稚魚を河口で待ち受けて一網打尽にして獲り、養鰻業社に送る。人口の餌を与えて大きくしたら、加工業者の手に渡り、かば焼きにされ流通問屋へ。それがスーパーマーケットで1パック980円とか780円とかで売られるようになって、広く庶民の口を潤すことになった、いわば高度経済成長の申し子。それがウナギのかば焼きではなかったか。

しかし、あまりに安く売られて喜んで食べたつけは、遡上してくるウナギの稚魚が激減するに及んで、日本に世界中から非難の声という形で跳ね返って来た。

・・・そして、うな重は一折4000円も5000円もする高級料理に戻ってしまい、昼食時に気軽にウナギ屋に入るということは出来なくなってしまった。

幸いなことにウナギの稚魚の相場は2018年をピークに少しずつ下がって来ているようですから、今年こそ土用の丑の日ぐらいはウナギのかば焼きを口にしたいものだと思っていますが。


日本人の大好物マグロの完全養殖の事業化に成功した近畿大学が、ウナギ味のナマズの養殖技術を打ち出したのが、2015年のことでした。

ウナギ味のナマズとは、目からうろこですね。ウナギもナマズもうろこはありませんけれど・・・。(笑!

昔一度だけですが、釣り好きの友人に誘われてコイ釣りに挑戦したことがありました。友人の竿にはマゴイが次々にヒットするのに、なぜか私の竿には小ぶりなナマズ1匹しか掛らずひどく落胆したことを思い出します。

当地北陸富山では、川魚でもコイやフナ(もちろんウナギは当然として)を食べることはありますが、ナマズを食べる習慣はあまりないようです。私も子供の頃よりこの方、ナマズを口にした経験はありませんね。川魚では何といってもウナギとアユが双璧、それにイワナといったところでしょう。

ところがウナギ味のナマズということなら、これは食べてみたいという気になります。

しかし、いまだ当地にはウナギ味のナマズは流通されていませんから、チャレンジの機会もないままなのは残念なことです。






◆酒そば本舗トップページへ◆

酒そば本舗トップページへ


**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル







最終更新日  2021年07月25日 11時50分04秒
[ひとり言] カテゴリの最新記事


PR

X

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


酒そば本舗奮闘記 - にほんブログ村


FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル
PINGOO! ノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2015年08月7日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2009年08月26日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


© Rakuten Group, Inc.